2005年07月31日

【巨人ファン限定参加企画】アンチナベツネ巨人ファン宣言!

正直、私は、
集団を取り仕切って何かやるのは性に合わない
(一人でゲリラで動くか、
 集団なら参謀タイプですね、私は)
んですけど、
でも、この動きは誰かがやらないと
イケナイ事だと思いますので
他にやる人・やってる人が居れば、
そこに乗っかろうと思いますが、
とりあえず、提言しようと思います。

それは、ですね。
「アンチ・ナベツネ」の巨人ファンの声を
集めよう、というものです。
巨人ファンでも、ナベツネに否定的な人、
もっと言えばナベツネが嫌いって人は
たくさん居るって思う。
でも、
「たくさん居るだろう」じゃぁ、ダメなんです。
ホントにそういう声をたくさんぶつけてやらないと
あいつら、分かんねーんです。

という訳で、
この企画は、巨人ファン限定と言う事に
させて頂きたい。

それで、
巨人ファンの方に
アンチ・ナベツネの記事をTBして頂くか
アンチナベツネのコメントをして頂きたいと思います。
内容は、基本的には自由ですが、
テーマがあった方が書きやすい、という方のために
2つ、テーマを設定しましょう。

1)ナベツネのどこが嫌いか?
  ナベツネのどこがダメか?

2)アフター・ナベツネのビジョンは?

こういう記事なんで、
巨人ファン以外の人もオーケーとすると
とても盛り上がるでしょうけど、
それじゃぁ意味はないんです。
なんで、
繰り返しになりますが、
巨人ファン以外の方は、ご遠慮下さい。
(でも、巨人ファンの方に呼びかけて下さるのは
 大歓迎です。
 というか「お願いします」です。
 図々しいお願いで申し訳ありませんm(_._)m)

一応、
私の「アンチ・ナベツネの記事」を
ここに挙げておきます。

読売新聞および報知新聞には今後一切反応しません!
そんなリーダーシップなんて前時代の遺物だ!
 (以上、本館より)
もうイヤだ・・・
巨人がダメになった元凶は渡辺恒雄氏と長嶋茂雄氏だ

時間が出来れば
「アンチ・ナベツネのビジョン」も
書いてみたいと思います。


・・・もっとも・・・(続きを読む)
posted by めたか at 23:30| Comment(18) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

お絵描き甲子園・また「アレ」で参加

前にも似顔絵甲子園に参加したんですが、
またまた、
野球ブログ界で、こんな企画が持ち上がりました。

ハム研ゼミナール・7月特別編「お絵かき甲子園」〜貴方の記憶と技術に挑戦!〜【応募要項など】

で、
また、同じような絵しか描けないので
それでやるんですが・・・

今回の課題は
「実物や写真を見ずに書く」
つまり
「記憶に従って書く」
という事なんですね。

まいったなぁ・・・
だって、普段、マスコットなんて
全然、見てないんですよねぇ。
5回とか7回の「見せ場」の時は
私は買い物とかお手洗いに忙しいし・・・

って事で、かなーり適当に描いてみました。
続きを読む
posted by めたか at 00:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

祝! NOMOベースボールクラブ、都市対抗本大会出場!

おめでとうございます!

野茂のチーム、都市対抗出場=設立2年、初めて全国大会へ−社会人野球
都市対抗野球:NOMOクラブ、ドーム初出場決める

設立2年で、ここまでたどり着きましたね。
まぁ、元々、社会人野球の名門
「新日鉄堺」を母体としたチームではあるんですけど。

野茂という、野球史に残る名選手の
偉大な志を背中に挑戦ができる
NOMOベースボールクラブの選手たちは
ホント、幸せ者だと思う。
頑張ってください。

参考リンク:NOMOベースボールクラブ
posted by めたか at 20:55| Comment(2) | TrackBack(67) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

渡辺氏を謝罪させよう!(これも巨人ファン限定企画)

渡辺氏に対しては
反応したら負けかなって思っていましたが、
これには我慢できなかった!

渡辺会長 逆転優勝「信じたらバカ」(スポニチ)
渡辺会長「V信じたらバカ」(デイリー)

巨人ファンとして、正直
「今年は厳しいかもな」って事は感じては、いました。
(それは、差がついたって事以上に、
 うちが、ちゃんとした内容の戦いができていない
 って事の方が大きいんですけど。)
だけど、
まだ7月初旬、諦めるには全然早いし、
何より、優勝を信じて応援しているファンに
これほど失礼な言葉はないと思う。
それが、アンチ巨人の人から発せられた言葉ならともかく、
仮にも巨人の責任ある立場の人間の発言だとは・・・

とにかく、ムカついた!
ホント、ムカついたぞ!
正直「今年はもう良いかな」とか
「今年V逸したら堀内監督、辞めるだろうし」
とか、ちょっと思っていたけども、
そんなん、全て撤回する!

とにかく、選手、監督スタッフの方々には
発奮する事を期待します。
私も、最後まで優勝信じて応援します。
そして、
巨人を優勝させて

渡辺氏に謝罪させようじゃありませんか!

とにかく、
コレも、「アンチナベツネ巨人ファン宣言!」との
連動企画です。
広く、巨人ファンの賛同を求めます。
というか、
この発言に、巨人ファンは怒るべきって思う。
だって「バカ」って言われたんだぜ!

渡辺氏は、これまでも散々
巨人のチームや選手、そしてファンをバカにする発言を
繰り返してきました。
この発言は、その彼の体質が全く改まっていない事を
如実に示すものでしょう。

そんな人間を、「巨人の会長」に据えている事は
ファンとして許容できない。
なんで、
ここでも改めて、渡辺氏に対し
巨人、並びに野球界から手を引く事を要求します。


なんか、脊髄反射的で恥ずかしいエントリですが、
これくらい怒って、当然でしょう。
posted by めたか at 12:45| Comment(2) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

札幌ハーフマラソン

札幌ハーフマラソンのテレビ中継を
録画していたので
少し遅くなりましたが、
感想をアップしますね。

このレース、事前に注目されたのは女子。
マラソン金メダリスト・野口の久々の「長い距離レース」
しかも、
アテネで銀だったヌデレバも参戦。
他にも、大島や弘山ら「世陸マラソン代表組」や
千葉、大南、大山ら国内の強豪もたくさん参加していまして、
なかなか、アツイレースが期待できます。
男子の方は、あのリマ選手が参戦。
ただ、ハーフでは、日本に居るケニア勢の方が強いかな?

ってくらいの事前情報で、録画しておりました。
(あと、SACで岩本選手が出るって事で
 事前記事が出ていたのも、録画する動機になりました。)

まず、コンディションですが、
非常に暑かったようです。
この暑さと湿度では、記録を望むのは酷、でしたね。
野口は68分台を狙うと言っていましたが。
一部報道では、野口の68:23が日本記録とありましたが、
 日本記録は確か、千葉が66分台の
 もの凄い記録を持っているハズです。)
さすがに、そんな記録の出るコンディションではなかったです。

はじめ、男子は、
ケニア人選手が先頭集団を作ります。
日本人で一人、井端のみが果敢に付いていきますが
他は、リマやワイナイナを中心に集団を作ります。

女子は、当然、野口が先頭。
大南や大島、当然、ヌデレバも同じ集団です。
千葉も付いています。
一方、大山、大平といった所は、その後ろの集団に。
(坂本はさらに後ろ、でした。
 ま、完走が目標ってコンディションらしいし・・・)
「若手」が頑張るというより、
ビックネーム同士の争いって感じのレースになりました。

しかし、
その中で、中盤、積極的にレースを引っ張ったのが
岩本(@SAC)!
野口よりも前に出て、果敢にレースを引っ張ります。
この集団から、千葉を始め、少しずつ人数が減ってきて
最終的には、岩本、野口、ヌデレバの3人まで絞られます。

男子の方は、
大学に進学したばかりのモグス(山梨学院大学)が
途中から集団を、ぐいぐい引っ張り
一人一人、振り切っていきます。
折り返し過ぎには独走態勢に。
しかも、このコンディションで、大会記録を上回るペース。
すげえ!

男子は、日本人選手の様子は全く放送されなくなります。
モグス選手は、さすがに最後はバテてペースが落ち
大会記録には及ばなかったものの
実業団の主力級を抑えて61:28の好記録で優勝!
・・・ちょっと、こんな選手が箱根を走るって
反則じゃない?

女子は、
15キロ過ぎから、ヌデレバがペースアップ
じわじわ、差を広げて、貫禄の優勝!
2位争いは、野口と岩本が熾烈な争いでしたが
野口が少しずつ差を広げて、
「岩本選手は、大健闘」って感じかなぁ
・・・と思っていたら、
競技場に入る所では、差を詰めてきて
ほとんど追いついていました!
そして、
ラスト勝負で野口選手を抜いて、日本人トップ!
4位に大島が、
さすがに後半強い所を見せ、小差でゴール。
ここまでが69分台。
今日のコンディションで69分台は上出来でしょう!
5位に、早川選手が食い込みました。
大南選手にも先着。今後、楽しみな選手ですね。
千葉ちゃんは8位。
体調不良が響いたようです。
まぁ、このレースが「目標」ではなく
秋のマラソンへの一貫ですしね。
そちらでは、ちゃんと体調も整えて
万全で出て欲しいですね。

男子の日本人トップは藤田でした。
びわ湖では走り込みが足りなくて
「勝負」の前に後退してしまったのですが、
少しは復調してきているようです。
ワイナイナには負けちゃいましたけど・・・


こんな所です。


続きを読む
posted by めたか at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。