2005年08月29日

北海道マラソン、男子は渡辺、女子は千葉が優勝

家に帰ってきて、
「結果が分からないように」
ネットやテレビのニュースを見ないように気を配って
北海道マラソンのビデオを見ました。
今、見終わったんですが・・・

(結果バレがあるので、追記部分に書きます。)

・・続きを読む
posted by めたか at 07:05| Comment(0) | TrackBack(4) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

北海道マラソンは今日

明日(って、もう日付が変わって今日)は
朝から出かけますので
ビデオを忘れないようにしないと。
千葉、嶋原、藤川、堀江、疋田らが
どんな走りを見せるか?
楽しみです。
posted by めたか at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

最近は「悪役マスコット」が流行り?

体調も悪いので、
楽しい話題でいきましょう。

ロッテに新しいマスコットが登場したようですね。
詳細な話は、
(カラスコ・ヲチ・ブログの)narukoさんと
やなっちさんの記事を読んで下さい。

8/24、ロッテ第4のマスコットがついにベールを脱いだ!
Mr.ペンギンの謎…明かされる

まだ登場したばかりで
そのキャラクターは不明ですけども、
同じく、今年に登場した楽天のカラスコに続く
「悪役キャラ」の雰囲気を漂わせていますね。

こういう「悪役のマスコット」ってのが
今後、プロ野球マスコット界を席巻していくのかなぁ。

でも、
男の子は、確かに
「可愛い系」のマスコットよりも
喜ぶかもしれないですね。


もっとも
一番「悪役キャラ」が必要な球団は
ウミウシじゃないのかなぁ。
あ、あそこはオーナーや球団社長が出てくれば
それで「悪役」になるのか・・・
って、私のファンの球団だって
「球団会長」という最凶の悪役が居ますけど・・・
posted by めたか at 22:02| Comment(4) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

駒大苫小牧の暴力事件の件について少し考えてみる

なんか、
今年の甲子園はこーゆーのもあった事で
例年以上に楽しんだので
楽しむだけ楽しんでおいて
こういう不祥事はスルーかよっ!
って自分内ツッコミが入ったので
少し考えてみたんですよぉ。
それで
ちょっと、記事にしよっかなって事を思ったので
書いてみる事に、します。

色々な報道はありますが
毎日とスポニチの記事を貼っておきます。
高校野球:甲子園連覇の駒苫部長、部員殴る 謹慎処分に−−6月と夏大会中
駒大苫小牧・野球部長が部員に暴力

それで、報道された範囲で
思った事なんですけど・・・
(なんで、ひょっとすると頓珍漢な事
 書いてるかもしれません。)

まず
私の基本的な態度として
生徒の不祥事に対しては甘いんです。
だって
沢山の生徒をあずかっていれば、
色々な子が居ますからね、
中にはヤンチャな子も居るでしょう。
それはもう、しょうがないって思うんです。
もっとも
悪い事をした生徒に対して「処分」するのは
当然の事ですけど
その事で、他の生徒が処分されるのは
理不尽だと感じますし
学校の責任を問うってのも、厳し過ぎるなって
思っています。

だけど、これは教師の側の暴力ですからね。
それはやっぱり「学校の責任」でしょう。

でも
生徒の責任では全くないので
生徒たちがやった偉業の価値が
削がれるものではないと思う。
だから
件の教師や、「隠蔽」しようとした校長らの
責任を問うのは当然ですけども
「優勝取り消し」とかは、しなくて良いと思う。


###
で、私は「体罰完全反対」って訳じゃないんですよ。
だけど、
ひっかかるのは、「被害者」の生徒が
ベンチ入りメンバーでない、3年生の生徒だ
って事なんですね。
そういう生徒に、酷い暴力をする必要が
あったのかなって事は、思うんです。

それに
「夏バテ防止の為にご飯3杯食べる」って
ベンチ入りメンバーじゃない
(応援に来てるだけの)生徒にまで
「強要」する必要のある事じゃ、ないですよね。
要するに、この子らは「付き合わされた」訳でしょ。
それを食べなかった生徒に鉄拳制裁って
それは果たして「教育」なんでしょうか?

いや、分かるんですよ。
そういう「控え」のメンバーまで、同じようにするって
「一緒に闘う」って雰囲気があると
チームとしての強さ、になる。
だけど
それを「暴力で強要」するって、さ・・・

それは、軍隊だよ。


つまり
この生徒は、「教育のため」に体罰を受けた
という事よりも
「組織の論理」のために暴力を受けた
と言うべきじゃないかなって思いました。

同じ生徒が何度も暴力を受けてるって事で
ひょっとすると問題児だったのかもしれません。
でも
もし、そうだったとしても
もうメンバー落ちして引退を待つだけの「問題児」を
鉄拳制裁するってのは
「雰囲気引き締め」って意味合いが強いでしょう。

それはね
その生徒も納得できるものではない、と
私は思います。


###
あと、
親に対して「馬鹿親」って批判もあるでしょうね。
ただ
自分の子供が暴力受けて
「馬鹿」にならない親の方が、私は信用できないです。

ただ、
3、40発ってのはなぁ。多すぎと思った。
だって、それだけ殴るって、大変だよぉ。
そんなに殴れないものですよ。
この辺は、話してるうちに
話がどんどん大げさになったんじゃないかって
思うんですけど。


###
最後に、
「隠蔽」は確かに褒められたものじゃない
けど
やっぱねぇ、そのタイミングで公表したら
大会への影響が大きすぎますよ。
それに
「報告したら大変な事になる」って
そういう恐怖感もあったんだと思う。

つまり
こういう事で「出場停止」とかになるって事が
あるから、隠そうって事にもなるって思いました。
そんな事は無いって思っていれば
報告できるんじゃないかって思うんですよ。
それと
高野連には報告しても
「大会への影響」を考慮して
高野連の方で、公表を控えるって、
そういう判断は、あってしかるべきでしょう。

でも
一番の問題は「高校野球が神聖視されすぎている」
って事かなぁ。
だから、不祥事に敏感になるし
学校も、宣伝に使えるって部分が大きいため
色々と過剰にもなる。
「隠蔽」も起こるんじゃないかなって。

そういう意味では
「野球部への影響」が最も少ないタイミングで
しかも
「学校のイメージにはダメージのある」タイミング
という意味で「ベストタイミング」で
表に出たんじゃないかなって思いました。


あとは
「高野連の裁定(「最低」って変換された(笑))」
に注目しましょう。
難しい裁定だ」って話もありますね。
ただ
「罪の無い生徒たち」が傷つかない裁定を
望みたいと思います。
posted by めたか at 07:06| Comment(6) | TrackBack(4) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋尚子、東京国債女子マラソン出場を表明

一応、陸上をメインの1つにしてるブログなんで
これは記事にしておきましょう。

Qちゃん 2年ぶり復帰決定!!
「強い高橋」復活なるか 北京占う東京マラソン
(どちらもスポナビの記事)

そうですね。
私の意見としては
「とりあえず、まずは
 ちゃんとマラソンを走る事が重要」
だと思います。
そんな、超ハイペースとかの必要はない。
それよりも
前回の東京のような、大きな失速とかをせずに
ちゃんと、ある程度で走り切る事ができるか・・・
まずは、それを見たいと思います。

東京は難しいコースですので
それほどの記録は望まない方が良いでしょう。
でも
ちゃんと仕上げる事ができたなら
コースレコードの更新は、期待したいですね。
posted by めたか at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

世界陸上、終了

なんか、女子マラソン、
惨敗だったので、
独立で記事を立てる気がなくなってしまいました。
なので、
全体の総括記事を。

まず、女子マラソンは
原を除けば「志の低いレースをしてしまった」
と言うべきでしょうね。
ラドクリフに付かないのは良いんですが、
「第三集団」は、ないやろっ
もう1つ前の集団に付かないとダメでしょ
って、テレビの前で突っ込んでいました。
しかも、
第二集団からこぼれてきた「集団」を吸収後は
前を追わないとイケナイ集団なのを
まるで忘れたかのように、
「その集団だけのレース」を始めてしまう
(要するに、牽制し合って
 ペースを落ち着かせてしまったんですよね)
おいおい、その集団、11位集団だぜ?
始めからメダル争いも放棄ですかい、
それで、こぼれてきた選手を拾って
なんとか入賞圏内に滑り込めばオッケー、ですか?
なので、原も遅れ出した段階で
観戦のモチベーションがすっかり薄れてしまいました。
その上、
その「志の低い集団」からも、
江田は遅れてしまう始末・・・
事前番組によると
なんでも会社の方が舞い上がってしまったらしく
あちこちに引っ張りだこにされてしまったそう。
あのなぁ、
これから世界陸上を戦うっていう段階なのに。
しっかりと準備させてやれよっ!
これだからヤマダ電機は・・・
(ちょっと酷いと思ったので名前出します!
 とりあえず、大事な日本代表を
 レース前に客寄せパンダにする
 ヤマダ電機で私が買い物をすることは
 当分はない事でしょう!)

そんな中で
原のチャレンジャーぶりは好感度高いですね。
ラドクリフにすっぽんのように付く
(怪我で事前準備が万全でなかった
 にも関わらず。
 ハーフのタイムから考えても
 もう少し、付けたハズですからね。)
それで、遅れてしまってからも
ちゃんと粘って
日本人最高位は確保しましたし
自己記録更新のオマケも付きました。
(まぁ、まだ2回目のレースですからね)
まだ若いし、
世界(というか、ラドクリフですけど)のスゴさも
ちゃんと体感した事でしょう。
きっと、この経験を糧としてくれるでしょう。
ま、京セラは、「選手をサポートする事」の意味は
分かっている企業ですからね。
(だけど、藤田監督を下らないスキャンダルで追いやって
 グローバリーなんぞに囲われる事態にした
 その罪は消えませんけどね。)


(後日追記
 藤田監督が昔、監督をしていて追われたのは
 ワコールでした。
 京セラさん、申し訳ありません。
 ワコールが・・・なんだな)


いつになく毒吐きモードですが、
それは、観るのも苦痛な中継を
3時間近く見せられたから。
マラソン中継、下手過ぎ!
全然、レースの状況が分かんないじゃん!
増田さんは、相変わらず調子の良い事ばっか言って
客観的な様相は全く分からないし。
もっと、金さんに喋らせろよっ!
(金さんは、嘘は言わないからなぁ)

ホントなら、最終日はマイルリレーの決勝があるんですが
日本は、予選で「失格」してしまったらしいです。
金丸君は健闘したらしいんですけどね。

4x100mリレーは、
今回、日本選手権を制した新星・佐分が
怪我で断念した事で
メンバー構成に苦労したようです。
スタートダッシュの得意な佐分が使えれば
1走が決まるので
ちゃんと決まった順番で戦えたでしょうに。
(結局、バトンミスで決勝8位)

女子5000mの福士は、
まぁ、力は出し切ったのかな。
今の日本で、14分台を出してるのは福士だけだし。
世界がそれだけ、先に行ってる
って事ですね。
とにかく、女子も、これからは
「長距離王国」とは言えない時代が来てしまいそうです。

そんな中で、
為末と尾方の頑張りは特筆ものでしたね。
この2人のおかげで
盛り上がりに欠けた日本勢も
なんとか格好はついた形です。
それ以外で、入賞したのは
男子マラソンの高岡(4位)
女子マラソンの原(6位)、弘山(8位)
男子棒高跳びの澤野(8位)
男子50キロ競歩の山崎(8位)
男子4x400リレー

これだけか。競歩の山崎は予想外の健闘ですね。
だけど、後は、
もっと上を期待されていた選手たち。

うーん、これは
陸連の強化部は総辞職もの、とまでは言わないけど
ちょっと考え直さないとイケナイ結果
でしょうね!


TBSの中継ですが、
変なキャッチフレーズは、評判はどうなんだろう?
陸上をポップに扱うってのを
何か勘違いしているように思うんですけど。
はっきり言って
アナウンサーが台詞に詰まった時に
何言えば良いか困らない
って以外の効用が思いつかないんですけど。
身内のアナウンサーが楽する為に
こういう恥ずかしい事するのはなぁ。
(アナウンサーはもっと勉強しなさい!)


次回は日本(大阪)だそうなので、
陸連は真剣に強化策を考えて欲しいですね。
特に、女子長距離陣へのてこ入れ策は
まだ世界が見えているうちに考えないと。
(女子短距離のような状況になる前に、ね)
posted by めたか at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

尾方、銅メダル!

明日も朝、早く出ないといけないので
手短かに、これだけアップしておきます。

尾方、やりましたね!
終止、集団の後ろに付ける落ち着いた走りで
前半、先頭のペースが乱高下していた時は
無理に付けずに、少し遅れた場面さえありましたが
慌てず騒がず、力を貯め続けました。
それが、終盤で活きたようです。

29キロの仕掛けには反応できませんでしたが、
それがかえって功を奏したようです。
優勝したガリフ以外では
スパートに反応した選手は落ちていきましたからね。

尾方と言えば、
円形脱毛症になるほど落込んだ所から
這い上がってきた選手として有名ですが
そこから培った精神力が身を結んだ
って事で、現役の多くの選手にも
勇気を与えた事でしょう!
(今、怪我などで低迷している選手もね。)
代表権を獲得した福岡の内容が良かったので
期待していましたけど、
やりましたね!

高岡は、また4番ですね。
(前回の東京で初優勝だったんですが、
 それまで全てのマラソンで4位だった。)
ガリフの無茶なスパートに付いて行って
(これはしょうがないでしょう、
 優勝を狙うなら付くしかない!)
スタミナを消耗してしまいました。
でも、
それで一度落ちながら、
最後粘って4位まで持ってきたのは見事!
さすが、日本のエース格だけの事はあります。

個人的に見直したのは奥谷。
10キロ手前で遅れながら、良く粘りましたね。
びわ湖でも気迫あるレースで
代表に食い込んだ奥谷。
持ち味は出し切りましたし、
団体の金メダルには大きく貢献しました!
胸を張って良い結果ですね。
入船は、課題の終盤に粘れませんでした。
うーん、なかなか、殻が破れないなぁ。
細川は、怪我をしていたそうで・・・
それで走れるほどマラソンは甘くないですね。


優勝したガリフは、強かったですね。
あんなレースされたら、どうしようもない。
気温も上がった悪条件で、
30キロ手前であれだけ無茶なスパートをして
それで最後までもつってのがスゴい!
世界陸上、2連覇ですか。
すごいですねー。
最後、タンザニアのイゼグエに
追い上げられましたけど。
(コレ見ると、マラソンって
 最後まで諦めちゃイケナイんですね。)


女子の方も、ヌデレバの連覇かな。
ラドクリフは、夏のマラソン、難コースで
最後までハイペースが持つかな?
日本勢は、原が怪我って情報がありますけど
大丈夫かな?
潜在能力では一番期待出来たんですけどねー。
あとは、
小崎が体調不良で充分な練習ができなかった
(でも、それはいつも通り、らしい)
という話が伝わってきていますね。
小崎、一度、万全に準備したレースを見たいな。
駅伝の時に見せる鬼神のような強さをマラソンでも。
一番、安定していそうなのは大島ですけど
なんとなく、入賞どまりって感じる。
(ヌデレバとかに勝てるって格を
 感じないんで・・・)


追記
間違っていましたね。
高岡の戦績。それまでずっと3位だったんですね。
どーもスミマセン。
posted by めたか at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

為末 ありがとう!

やりましたね! 為末!
やっとレースの映像が見れました。

記事では見ていたんですけど
ホントにスゴい雨だったんですね。
そういう悪い状況を味方につけて
心理戦を繰り広げたり
知力の限りを尽くしての銅メダルだったようです。

戦略に魂結実の銅メダル 嵐呼んだ「侍」為末
陸上:世界選手権 為末大、銅メダル−−男子四百メートル障害

このニュースを聞いて一日
なんか嬉しかったですよ。
特に嬉しかったのは
この記事に出ていたんですが

次の世界選手権は07年8月に大阪で開かれる。
「自分の分を、
 もっといい色(のメダル)を取りたい。
 日本の陸上界がメジャーになる
 ためにも勝負をかける」


もう、この台詞だけでも
陸上ファンには感涙ものでしょう!

室伏が出れない、
末續も怪我明けで本調子ではない、
もっとも、為末も完調ではないんですが
やっと、ここまで戻ってきてくれました。
成迫も、この偉大な先輩の背中を見て
何か感じてくれるでしょう。

あとは、
福士が5000mで決勝に残ったので
日本新で締めて欲しいですね。
それと、
マラソンかー。
高岡を除けば、やや小粒な顔ぶれですけど
高岡は期待したいですね。
女子では、原と小崎の仕上がり次第ですが
原に過大な期待をかけるのは酷な気がするし・・・
(あと、大島は、そこそこは走るでしょうけど、
 メダルには遠そう・・・)
posted by めたか at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

サヨナラ大魔神

大した事は書かないので、
期待しないで欲しいんですが・・・

佐々木、今日、最後の登板でしたね。
生では観れませんでしたけど、
ニュースなどで何度もその投球は観ました。
最後のフォークは、
さすがに良く落ちていましたね。

最後の方は、ホントに見る影もなかったですが
全盛期の佐々木は、
本当に打てそうもないピッチャーでした。
試合が終盤に近づいてくると
「リードされたら大魔神が出てくる」
って事が相手チームのプレッシャーになる
それくらいのピッチャーでした。

そう言えば、松井もほとんど打てなかったな。
どんな苦手なピッチャーも
少しずつ克服していった松井も
佐々木だけは打てなかったように思う。

まぁ、それだけ特別なピッチャーだった
って事です。
寂しいですけど、ここまでお疲れさまでした。
posted by めたか at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界陸上が始まっちゃった

この記事は元々
「始まる前に、個人的な見所をアップ」
ってハズだったんですよ。
だけど、
色々と忙しくって書けずじまいのまま
世界陸上、始まっちゃいました。

土曜日、家に帰ってきたら
既に「1つ目の楽しみ種目」の女子3000障害の
予選が終わっていました。
まぁ、勝ち残ったので楽しみは続きますけどね。

女子10000mは、録画して日曜の夜に観ました。
福士選手は、一時期の不調は脱したようで
ようやく世界陸上で「自分らしい走り」が出来ましたね。
でも、
それでも「世界との差」は、まだまだ大きいですけど。
今回は7000mまででしたけど
次は、ラストスパート前までは付けるように
って期待したいです。
宮井選手は、こんなものなんでしょうね。
って、小出さんがそう書いてますけど。
少しペースもレベルも速すぎたかな。
自己新が出なかったのは残念ですけど
自己記録に近いタイムでは走ってますもんね。
事前に小出さんが「31分20秒くらいで走れる」
って言ってたんですが
大風呂敷を広げる小出さんにすれば随分謙虚だな
って思っていたんですけど
まだ1万mが3回目のレースだって言うんですから。
大南選手は、最初転倒してリズムを崩しましたね。
まぁ、今後はマラソンで頑張るでしょう。
しかし
エチオピア勢、強すぎです。
日本人では、男子でもあれだけのラストを出せる人
どれくらい居るだろ?

2日目は、ビデオセットを忘れました。
女子400mの丹野選手は、
始めての大舞台、力を出し切れなかったようです。
51秒台はともかく、52秒台前半くらいは
期待していたんですけどね。
為末選手はかろうじて決勝進出。
成迫選手は残念。まぁまぁではあったんですけど。

今、男子1万mをやっています。
だけど、さすがに眠たいので、ここでビデオにして寝ます。
では。
posted by めたか at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

高校野球・組み合わせ決まる

すっかり放置気味のこちらです。
だって、巨人の調子は最悪だし・・・

だけど、
甲子園の高校野球も始まるし
そしてそして!
もうすく世界陸上なんですよね。

なんで、
始まる前に、個人的な見所をアップしておこうと思います。

まずは高校野球から。
今日、組み合わせが決定しましたね。
サンスポの組み合わせ表


まず、真っ先に目に入るのが
「明徳義塾 vs 日大三」の優勝候補対決!
それが一番目立つ場所にあるので
「おぉっ!」と思ってしまいますね。

それ以外では、
・去年優勝の駒大苫小牧の相手は
 変わった名前で注目を引いていた聖心ウルスラ学園
・青森山田 vs 智弁和歌山 も面白そう
・その下には春にも活躍した天理に
 東東京を勝ち抜いた国士舘が挑みます
 この勝者と、青森山田・智弁和歌山の勝者の対決も注目
 このブロックには、東北、秋田商と
 東北の有力校が固まっています。
 (もっとも秋田商の相手は遊学館。
  一筋縄ではいかない相手)
・ブロックで注目なのは
 大阪桐蔭、愛工大名電、済美のブロック。
 春日部共栄や柳川も強そうなので、激戦区でしょう。
・あとは、近江 vs 桐光学園、宇部商 vs 新潟明訓
 あたりが面白そう

もっとも、
一番、面白かったのは
選手宣誓がよりによって日本航空って事。
こちら参照)
抽選って面白いね。


ってところが
抽選表を見た私の第一観ですが
愛読しているH5さん
この組み合わせを踏まえて何を書くか
楽しみにしています。
posted by めたか at 23:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。