2005年09月29日

こちらでもうなずき系記事

はぁ、今日はもうテレビ見たくないな。
(いや、阪神は嫌いじゃないけど
 在阪テレビ局の阪神マンセーぶりは
 大嫌い、なんですよぉ!)
って事なので
ブログの更新、いっぱいしています。
(野球ブログ廻りもしたくないし。)

なんで、今日は陸上の話題でも。
(ま、もう少ししたら駅伝の話題で
 いっぱいになるんですけどねー!)

単に他のブログの面白い記事を紹介する
それだけの記事を
「うなずき系」って言うんですけども
私は本館では、結構、そういう記事も
更新してるんですよね。
わざわざ「うなずく」ってカテゴリまで
用意して・・・
(カテゴリまで用意するってのは
 他の方が始めた事だったんですけどね。)

でも、今日は、こちらでも
うなずき系、やります。
紹介するのは「魂のハードラー」
400mハードルの為末大選手のブログから。
世界陸上での銅メダルが記憶に新しいですよね。

早熟型(月刊陸上9月号掲載)

為末選手と言うと
「侍」って形容が付く事が多いんですが
この記事なんかを読むと
「IQハードラー」とでも呼んだ方が
相応しいんじゃないかってほど
知性を感じますよね。
「早熟」って事に対して
独特の分析を筋道立てて整然と語っています。
その理論の素晴らしさってのは
是非、読んで感じて頂きたいんですが。

で、ここでピックアップするのは
この部分です。
それは幸運な事に、私には故障やスランプが
多かった事に起因している。
好調の時期が故障によって遮られ、
あまりバブルというものが長く続かなかったから、
その都度冷静になることができ、
現実の自分の姿を見失わないで済んだ。

普通、「故障やスランプ」って
ネガティブな事と捉えられていますよね。
それを為末選手は、
ポジティブな意味を見出している。
ここに、彼の知性と意志の強さってのを
感じます。

いや
こういう話って、現在、怪我などに苦しんでる
多くの選手たちに勇気を与えるんじゃ
ないでしょうかねー。
例えば
同じく銅メダルを取った男子マラソンの尾方選手は
長くスランプが続き円形脱毛症になるほど
悩み抜いた経験があるんですが。
でも、そういう経験が
冷静なレース運びや終盤の粘りに活きている
という話ですよね。

まあ、そうは言っても
実際に怪我やスランプの渦中に居る選手に
そんな余裕なんてないでしょうけども。
でも
そこで何を見出すか、というのが
「知性」なんじゃないかなって思うんです。
為末選手だって、その時はそんな余裕なんてなくて
ただただ必死だったでしょうし。

(一応、本館の関連記事)
全ては「意志」が決める

##続きを読む
posted by めたか at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シダックス野球部(社会人野球)が廃部?

野村氏楽天行きならシダックス廃部も

なんだなかぁ。
結局、この人も「野村のタニマチ」に過ぎなかった
って事なんでしょうけども。

野球への愛情とか、チームへの愛着とか
なかったんでしょうねー。
こんな企業が「プロ参入の希望」とか
語ってたのは、なんだったんだろ・・・

選手とか、スタッフとか、色々な環境は
どうなるんでしょう?
posted by めたか at 01:18| Comment(2) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

元木、後藤に戦力外通告・・・

2人とも好きな選手だっただけに
ちょっとショックです・・・

巨人、元木らに戦力外通告

この2人の選手に、
巨人ファンは、どれだけの歓喜をもらったか・・・
主役と言える選手じゃなかったですけど
でも、それだけに、
守備位置は固定されず色々な所を守った
そういう意味でも「苦労の多かった選手」と言えるでしょうし
ファンとして、思い入れのある選手でしたよ。

まず、後藤。
何年のシーズンでしたっけね、
シーズンの当初から、代打の切り札として
起死回生の同点ホームランとか
試合の終盤に「試合を決める活躍」を
何度も魅せてくれました。
あのシーズンの後藤はホントに神がかっていて
ファンからしても頼りに思える選手でした。

元々、チームの中軸を打つ長距離砲として
期待されて入ってきた選手で
2軍でも順調に育ち、将来を嘱望されていました。
でも結局、レギュラーの壁を破れず
控えや代打、守備固めといった
「脇役選手」に甘んずる事になりました。
だけど
あなたの気迫を全面に出すプレースタイル
大好きだったよ。
引退を表明してしまったけど
もう少し、やれたんじゃないかって思うのは
ファンのひいき目でしょうか?


そして、元木・・・
私自身、きょうろぐの自己紹介企画で
自分自身を元木選手に準えて紹介したように
好きな選手でしたよ。
入団の経緯もあって
(この件は元木を庇うつもりはありません。
 褒められた事じゃ、ないでしょ)
他球団のファンには嫌われがちな選手でしたが
元木が嫌いだって声を聞く度に
ほくそ笑んでいた私でした。
だって
それだけ他の球団から嫌がられるって事は
巨人にとっては良い事なんですからね。
長嶋監督が与えた「曲者」ってキャッチフレーズは
そんな元木の特性を良くとらえたものでしたね。
選手の特性としては
「決め打ち」の得意な選手でした。
松井が打てなかったピッチャーを上手く打ったり
かと思うと、あっさり凡退したり
ホント、掴めない選手でしたけど。

確かに、お調子者で
ムラッ気の多い選手でしたけどね。
でも、みんながみんな、真面目で求道者じゃなくても
良いって思うんですよね。
色んな選手が居て、良いと思うんです。
それで私たちをグランドで、
プレーで喜ばせてくれるなら・・・
やっぱりプロは結果で評価すべき、ですよ。

でも「脇役的な選手」って扱いですけど
クリーンアップを打ったりとかもありましたよね。
江藤から実力で開幕スタメンを奪い取ったシーズンも
あったと記憶しています。
ただ、2年前の、仁志との激突事故以降
どうも精彩を欠いていたように思う。
影響、あったんかなぁ。

だけど、まだまだ、これで終わる選手じゃない
って思うので
現役は続けて欲しいですね。
そして、私たちを悔しがらせて欲しいです。


##続きを読む
posted by めたか at 23:08| Comment(2) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

スポーツを盛んにするには?

ホントは、この週末って
「近鉄バファローズ」が消滅する事が
決まってしまって、ちょうど1年だったんですが
「振り返る記事」については
素晴らしい記事を書いておられる方が
たくさん居ますので
(とりあえずさいんさんのブログ
 なにわっちさんのブログを貼っておきます)
私は、未来に向けての記事を
書こうと思います。

そして
あえて「野球」に限らず
「スポーツ一般」についての話を、したいと思う。


###
スポーツを盛んにするために
重要な事の1つは
「競技人口を増やす」って事でしょう。
特に
「子供の競技人口を増やす」事は
将来的に、素晴らしい選手となってくれる人を
少しでも増やす事になる訳で
だからこそ、どこのスポーツも
「子供」を大事にする、んでしょう。

だけど、ですね。
実は大切なんだけど、案外、見過ごされがちな事が
1つあるって、思うんですよ。

それは
「大人の、アマチュアで競技できる環境が
 どれだけあるか?」
って事なんですよ。

たくさんの子供たちが
「プロ」を目指して、その競技をする事になる。
だけど
全ての「子供」が、将来プロになれる訳じゃ
ないですよね?
ほとんどの人が、プロにはなれずに大人になる。

そういう人たちが
大人になっても、その競技をできる機会が
どれだけあるかって事が

元「子供」たちに
「その競技をやっていて良かったな」
って思わせてくれる事に
繋がるんじゃないかって、思うんです。

そう考えた時に
陸上って、その環境とか機会とかに
あまり恵まれてないかもしれないですね。
割と長距離系は、レースとかありますけど
短距離系は、まぁないですよねぇ。

野球は、まだある方かな。
だけど
大人で野球をやってる人って
まだ「特殊な人」って感じは、ある。
サッカーは、サッカーそのものだと敷居が高い
ので
「フットサル」を普及させようとしてる
んでしょうねー。

野球でもサッカーでも、陸上でもそうですが
大人にとって「色々なレベル」で
競技を楽しめる環境や機会が、欲しいですね。
そういう場所とか、大会とか・・・

また、
そんな「アマチュアの競技」が普及したなら
その競技をやる人に対して
ノウハウを売る、指導する、という「商売」も
成り立つって思うんですよね。
それは
「プロ選手」のセカンドキャリアとしても
成立できるって思う。


野球界の「改革」でも
あと、他のスポーツについても
こういう事も視点に入れて、考えるべきじゃないの?
って思うんですよね・・・
(つまり、
 一般人を単に「競技を観る人」だけにする
 ってのは、しんどいんじゃないかな
 って事なんですけども・・・)
posted by めたか at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

野口、女子マラソン日本記録更新!

一応「陸上ブログ」ですので(笑)
このネタも上げておきます。

野口が2時間19分12秒 ベルリンMで日本新
狙い通りの日本新記録 野口、会心の笑み
野口みずきの女子マラソン日本新記録について

まぁ、普通に走れば「日本記録更新」は
できそうかなって思っていましたので
驚きはしませんでしたが、
条件がかなり、悪かったそうで
条件が良ければ、少なくとも18分台
いや、ヌデレバの世界2位の記録も
更新できたんじゃないかって話ですね。
(金さんは「17分台も」って書いてますけど
 さすがにそれは、少し難しかったかなぁ。
 ハーフで69:40だったんですよね?
 だったら単純倍で2:18:20ですし。)

世界陸上の惨敗で、
「日本の女子マラソンは大丈夫か?」
って感じさせられただけに
エースのこの「一発回答」にはすっきりですね。
渋井や坂本も、頑張れ!
posted by めたか at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

スーパー陸上で好記録続出!

一応、このブログは「陸上ブログ」でもあるので(笑)
いや、真面目な話
私はどっちかと言うと陸上がメインな方なので
こっちの話も記事にしておきましょう!

私が野球三昧な旅とか
カラスコオフとかに、うつつを抜かしていた頃
陸上界では「スーパー陸上」が
行われていたのでした。

ま、花試合なんですけどね、
でも
日本の選手にとっては
世界の一流選手たちと「戦える」
数少ない機会ですので
ここで頑張って、良い経験を積んで欲しい
そういう試合です。
(あと、陸上を広める役割も
 果たしてる試合ですね。
 世界陸上で織田裕二に紹介された
 あんな選手、こんな選手が
 日本選手と戦う姿をお見せしよう
 って事です。)

で、その結果の記事を
いくつか紹介しましょう!

2005/9/19 スーパー陸上
セイコースーパー陸上2005ヨコハマ
最も若いチャンピオン・金丸の「有言実行」
金丸、高校新で初優勝/スーパー陸上
女子10代コンビ新記録連発/スーパー陸上

まず、何より素晴らしかったのは
金丸でしょう!
日本選手権も制した期待の選手。
世界陸上は(高校総体優先で)リレーのみの出場
でしたけども
花試合とは言え、世界の強豪に勝つ! とは。
既に、スケールの大きな活躍を見せていますね。

確か、法政大学に進学なので
高野門下に入るって事になるでしょうから
大きく育てて欲しいです。


女子の10代コンビも素晴らしい。
丹野は、自己の日本記録をさらに更新!
世界で戦うには、まだ1秒以上ありますので
来年は50秒台を目指して欲しいですね。

あまり取り上げられませんが
今年の小林の活躍も素晴らしい。
まだ高校2年生なんですよね!
でも、
日本選手権のチャンピオンですし
高校記録だけでなく、ジュニア記録
(18才以下の記録)も更新!
日本歴代5位にまで記録を伸ばしてきました。

ま、この種目でも世界との差は大きいんですが
古くは瀬古、その後も、高岡、弘山と
中距離からマラソンの一流ランナーに成長した人も多く
特に瀬古は、中距離で鍛えたスピードで
無敵のラストスパートを誇りました。
今のアフリカ勢のラストスパートを見ると
こういう選手でないと世界と戦えないかも
なので、頑張って欲しいですね!


この3人以外でも、好記録が出ていますね。
寺田さんの記事によると
中大の上野は内容も良かったようで
彼も、マラソンランナーとして大成して欲しいです。
posted by めたか at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩谷伝説は終わっていなかった!

カラスコオフで出た話で
早速、記事にしている方もおられるので
便乗して・・・

塩谷伝説って、知っていますか?
上の「檻のうた」さんでの記事では
「トラブルメーカーな言動」が中心に
フィーチャーされていますが
それ以上に、野球ファンに有名なのは
所属する球団の結果が常に悪い、という
その「疫病神」っぷり。
特に、ここ7年間、ずっと最下位が続き
その「疫病神」っぷりに磨きがかかっていた
訳です。

でも、
今年は、新規参入球団の楽天が
早々と最下位に決定し
一方(塩谷所属球団の)檻の方は
現在も熾烈なプレーオフ争いを繰り広げており
「さすがに塩谷伝説も、今年までか」
と思われていた、ですよね。


しかし!
思い出して頂きたい。
今年、塩谷は、あまり一軍には居なかった
という事を。
そう!
今年の「塩谷の所属球団」は
オリックスではなく、サーパス神戸だった

と言えるのです。

で、そのサーパスの現在の成績を
はまぞ。さんが記事にされています。
期待待。

ちなみに、
この記事のあと、日刊のファーム情報を見ると
20、21の広島・サーパス戦で広島が連勝し
19日終了時で同率最下位だった為
ついに! サーパスが「単独最下位」に!

伝説は、終わってはいなかったのです!


ま、まだ試合は結構、残っていますので
結果はどうなるかは分かりませんが、
やっぱり塩谷には
この運命を全うして頂きたいですね(笑)
posted by めたか at 21:26| Comment(10) | TrackBack(5) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

オリックスvs楽天戦・最終戦

携帯からです。
今日は、narusukoさん主催のカラスコ祭に参加していました。
そこでの出来事です。

パ・リーグでは
最終戦はホームのチームの応援団から対戦相手の応援団に、エールを送るそうなんですね。
「戦う相手」ですけど、相手が居てこそ、試合が出来る
という事で
その相手を尊重しようという、パ・リーグの素敵な伝統だと思うんですが。
(ここまでは今日ご一緒した方々に教えて頂いた事です。)

で、今日、オリックスのホームでの対・楽天 最終戦
オリックスの応援団は
楽天にエールを送る事はしませんでした。

ま、この事は記しておきます。


もうちょっと「この件」を書きましょう。
イーグルスの応援ですが
選手専用の「応援歌」があるのは
関川、山崎、飯田だけ
(昨日出てきた選手では)だったんですよ。
つまり
「元、近鉄/檻選手じゃない選手」だけ
応援歌があった、んです。
これらの選手の応援歌は
昔、所属していたチームで使われていたもの
だったそうなんですが、
「元、近鉄/檻選手」の旧チームでの応援歌が
使えないらしいんですよねー。

なんで使えないのか・・・
私も聞いた話なので、
どこまで書いて良いか分からないので
ここには書きません。
だけど
「元、近鉄/檻選手」の応援歌が
今は使われていないって「事実」と
それは、おかしい事だなぁって事は
記しておこうって思います。


(いや、だからさぁ、色々あるとは思うけどさぁ
 それでなくても孤立しがちな事情のある
 球団なんだからさぁ、
 せめてファンは、「孤立しないように」って
 もっと努力しても良いんじゃない?)


##続きを読む
posted by めたか at 22:51| Comment(8) | TrackBack(6) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

一年前の9月8日・・・

昨日は、
本館の方で、とにかく書き上げてしまいたい記事が
何本もあったので
ブログの巡回はほとんどせずに
記事を書くほうに集中していて
ちょっと忘れてしまっていました・・・

今日は何の日? - 広島カープを除く11球団が球団合併を決定した日
去年の今日って……
そういえば、今日は「あの日」だったのですね…
あれから1年も経ったのか…

そうだったんだ・・・と思って
去年の今頃の記事を読み返してみました。

オーナー会議どうなるか?
ああ・・・

そう、この日までは、私は希望を持っていました。
絶対に、諦めない、そう思っていました。
だけど・・・

これ以上は、ちょっとこの短い時間で
気持ちを整理する事はできません。
ただ、
去年の今頃、こういう時期だったんだ、って事は
こうやって、事あるたびに振り返ろうと思います。
(その為に、過去ログ整理記事を作ったんだし・・・)
posted by めたか at 12:55| Comment(0) | TrackBack(7) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

「きょうろぐ」でチャット大会をするそうです

直前になってしまいましたが、
とりあえず、告知。
きょうろぐでチャット大会をするそうです。
チャット大会のお知らせ

7日、夜、中日−阪神の試合開始頃から
夜、かなり遅くまで。

私も、これに参加するために
なるべく早く帰ってきます。
(なので、明日の更新は、多分なし)
posted by めたか at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

清原は「巨人再建」のスケープゴートにされたのではないか?

ドラ1ルーキー(去年のですけど)西村
初勝利、オメ!
(しかし、久保の劇場はなぁ・・・)
めたかです。


清原が巨人を自由契約になる
という報道がされています。
清原退団、巨人すでに戦力外通告
とりあえず、日刊スポーツの記事を貼りましたが
他のメディアでも報道されています。
これらの報道に対して、巨人サイドは
「否定も肯定もしない」という態度、ですね。
巨人代表、清原の処遇「もう少し先」

まず、清原自身の事を思うなら
巨人を出る事は、悪いことじゃないと思う。
清原という偉大な選手が
再生して、もう一花咲かせるためには
「移籍」という刺激は
良い方向に働くのではないか、と思いますし。
また
足の怪我の事もありますから
DH制のあるパリーグの方が、より長く働けるでしょう。
(清原自身、元々パの選手でしたから
 パでのプレーについて、
 戸惑いなどは少ないでしょうし。)

ただし
「巨人の再建」という観点からすれば
今回の事って、どうなのかって事を
考察したいと思います。


まず
確かに「戦力バランス」という点でいけば
清原のような「長距離砲タイプ」の選手
(かつ、中堅・ベテランの選手)ばかりを揃えている
今の戦力はいびつであり、是正していった方が良い
ってのは、あると思います。
また
「ネームバリューばかり凄くて、
 おいそれと外せない選手」
がスタメンに揃っている事で
若手選手に「頑張ってスタメンを奪おう」という
気力を損ねているのではないか、という面も
あるとは思います。

しかし、ね・・・
清原(とローズ)を首にしたからって
それで巨人が強くなるって
そんな簡単なものなんでしょうかね?
なんというか
スゴい、安易な考えじゃないかって
私は、思うんです。


ん? 意味が分からない?
では、順に説明していきましょう。

まず、
この時期に、そんな報道が出るってのが
ヤですよね。
(しかも、真っ先に報道したのが報知
 というのがねー。)
チームの編成を考える上で
「戦力外」となってしまう事は
あるとは思うんですよ。
だけど、「チームの功労者」としているのなら
それなりの処遇ってのが、あるでしょう。
まだシーズンも佳境の、この時期に
そんな情報を出すっていうのがイヤですね。
(また、情報が出たとしても
 否定すれば良いでしょうよー。
 「まだ、そんな話なんてしてない」ってさー。)
それは、監督人事の話が
この時期に出るって事も含めて、ね。

原監督の辞任劇でムカついたのも
そういう話だった訳でしょう。

要するに、ですねー。
「今の巨人の問題点」って
人間を大切にしないって事じゃないの?
って私は思うんです。

単に「お金をいっぱい使う」って事じゃなく
そこに「人間を大切にしない」って所が
感じられるのが
最大の問題点じゃ、ないですか?
だから
「金にモノを言わせて」良い選手をかき集め
その選手が上手く働かなかったら
ポイって捨てる。
もしくは、飼い殺しにする・・・

元々の球団のファンに対する感情って事も含め
「人間」に対する視点ってものが
根本的に欠けている
って思うんです。

そして!
こういう「人間を大切にしない」球団の体質は
若い選手にも、悪い影響があるって
思うんです。
確かに
「他所の球団から良い選手を集めれば良い」
って事になっていると
若い選手の「モチベーション」に
悪影響ですよねー。
「自分たちが育たなくてもかまわない」
「頑張ってもチャンスすら与えられない」
ってメッセージを受け取ってしまいますから。
でも
「球団の功労者」たるベテラン選手に
冷たい処遇をしてみせる事も
「この球団で頑張っても、
 末はあんな扱いを受けるんだ」
ってメッセージを、
与える事になってしまうと思うんです。


###
つまり、私の考えでは
「人を大切にしない」今の巨人のあり方
(そして、それは、今の読売本社のあり方だと
 思っていますけど・・・)
が、今の低迷の遠因となっている
と思うんです。
なのに
今の「若返り策」も、言ってみれば
「人を大切にしない」やり方で行われている
って感じます。
そもそも、自分たちが進めてきた
「戦力補強」への反省もなしに、
巨人低迷の「戦犯」に
清原やローズを仕立て上げて
原因を押し付けて、外に追いやる・・・

清原は単に
「巨人再建」のスケープゴートにされただけ
って、私には感じるんです。


##続きを読む
posted by めたか at 23:55| Comment(6) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。