2005年09月27日

スポーツを盛んにするには?

ホントは、この週末って
「近鉄バファローズ」が消滅する事が
決まってしまって、ちょうど1年だったんですが
「振り返る記事」については
素晴らしい記事を書いておられる方が
たくさん居ますので
(とりあえずさいんさんのブログ
 なにわっちさんのブログを貼っておきます)
私は、未来に向けての記事を
書こうと思います。

そして
あえて「野球」に限らず
「スポーツ一般」についての話を、したいと思う。


###
スポーツを盛んにするために
重要な事の1つは
「競技人口を増やす」って事でしょう。
特に
「子供の競技人口を増やす」事は
将来的に、素晴らしい選手となってくれる人を
少しでも増やす事になる訳で
だからこそ、どこのスポーツも
「子供」を大事にする、んでしょう。

だけど、ですね。
実は大切なんだけど、案外、見過ごされがちな事が
1つあるって、思うんですよ。

それは
「大人の、アマチュアで競技できる環境が
 どれだけあるか?」
って事なんですよ。

たくさんの子供たちが
「プロ」を目指して、その競技をする事になる。
だけど
全ての「子供」が、将来プロになれる訳じゃ
ないですよね?
ほとんどの人が、プロにはなれずに大人になる。

そういう人たちが
大人になっても、その競技をできる機会が
どれだけあるかって事が

元「子供」たちに
「その競技をやっていて良かったな」
って思わせてくれる事に
繋がるんじゃないかって、思うんです。

そう考えた時に
陸上って、その環境とか機会とかに
あまり恵まれてないかもしれないですね。
割と長距離系は、レースとかありますけど
短距離系は、まぁないですよねぇ。

野球は、まだある方かな。
だけど
大人で野球をやってる人って
まだ「特殊な人」って感じは、ある。
サッカーは、サッカーそのものだと敷居が高い
ので
「フットサル」を普及させようとしてる
んでしょうねー。

野球でもサッカーでも、陸上でもそうですが
大人にとって「色々なレベル」で
競技を楽しめる環境や機会が、欲しいですね。
そういう場所とか、大会とか・・・

また、
そんな「アマチュアの競技」が普及したなら
その競技をやる人に対して
ノウハウを売る、指導する、という「商売」も
成り立つって思うんですよね。
それは
「プロ選手」のセカンドキャリアとしても
成立できるって思う。


野球界の「改革」でも
あと、他のスポーツについても
こういう事も視点に入れて、考えるべきじゃないの?
って思うんですよね・・・
(つまり、
 一般人を単に「競技を観る人」だけにする
 ってのは、しんどいんじゃないかな
 って事なんですけども・・・)
posted by めたか at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。