2005年09月28日

元木、後藤に戦力外通告・・・

2人とも好きな選手だっただけに
ちょっとショックです・・・

巨人、元木らに戦力外通告

この2人の選手に、
巨人ファンは、どれだけの歓喜をもらったか・・・
主役と言える選手じゃなかったですけど
でも、それだけに、
守備位置は固定されず色々な所を守った
そういう意味でも「苦労の多かった選手」と言えるでしょうし
ファンとして、思い入れのある選手でしたよ。

まず、後藤。
何年のシーズンでしたっけね、
シーズンの当初から、代打の切り札として
起死回生の同点ホームランとか
試合の終盤に「試合を決める活躍」を
何度も魅せてくれました。
あのシーズンの後藤はホントに神がかっていて
ファンからしても頼りに思える選手でした。

元々、チームの中軸を打つ長距離砲として
期待されて入ってきた選手で
2軍でも順調に育ち、将来を嘱望されていました。
でも結局、レギュラーの壁を破れず
控えや代打、守備固めといった
「脇役選手」に甘んずる事になりました。
だけど
あなたの気迫を全面に出すプレースタイル
大好きだったよ。
引退を表明してしまったけど
もう少し、やれたんじゃないかって思うのは
ファンのひいき目でしょうか?


そして、元木・・・
私自身、きょうろぐの自己紹介企画で
自分自身を元木選手に準えて紹介したように
好きな選手でしたよ。
入団の経緯もあって
(この件は元木を庇うつもりはありません。
 褒められた事じゃ、ないでしょ)
他球団のファンには嫌われがちな選手でしたが
元木が嫌いだって声を聞く度に
ほくそ笑んでいた私でした。
だって
それだけ他の球団から嫌がられるって事は
巨人にとっては良い事なんですからね。
長嶋監督が与えた「曲者」ってキャッチフレーズは
そんな元木の特性を良くとらえたものでしたね。
選手の特性としては
「決め打ち」の得意な選手でした。
松井が打てなかったピッチャーを上手く打ったり
かと思うと、あっさり凡退したり
ホント、掴めない選手でしたけど。

確かに、お調子者で
ムラッ気の多い選手でしたけどね。
でも、みんながみんな、真面目で求道者じゃなくても
良いって思うんですよね。
色んな選手が居て、良いと思うんです。
それで私たちをグランドで、
プレーで喜ばせてくれるなら・・・
やっぱりプロは結果で評価すべき、ですよ。

でも「脇役的な選手」って扱いですけど
クリーンアップを打ったりとかもありましたよね。
江藤から実力で開幕スタメンを奪い取ったシーズンも
あったと記憶しています。
ただ、2年前の、仁志との激突事故以降
どうも精彩を欠いていたように思う。
影響、あったんかなぁ。

だけど、まだまだ、これで終わる選手じゃない
って思うので
現役は続けて欲しいですね。
そして、私たちを悔しがらせて欲しいです。


##続きを読む
posted by めたか at 23:08| Comment(2) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。