2005年10月22日

プレーオフ初戦の感想を、事前の予想と絡めて・・・

試合が始まる前に
予想記事を上げたかったんですが、
お昼間ちょっと寝てしまって
買い物に行かないといけなかったので
・・・無理でした。

ルパートジョーンズさんトコの予想大会
こういう予想をしていたんですね。
ロッテ、ロッテ、阪神、阪神、ロッテ、ロッテで
4勝2敗でロッテ。
MVPは清水(2勝)

ま、私の予想なんて当たらないんですけども。
(ちなみに今シーズンの予想。
 セリーグパリーグ
 かすりもしてない・・・)
なんで、阪神ファンの皆さんにはご安心頂いて・・・
(ただ、この予想はしけたろうさんともかぶっていて、
 しけたろうさんの事前予想記事
 なるほどぉって思ったんですけども。)

で、
私が事前予想記事で書こうと思っていたのは
次のような事ですね。

両チームの強み、弱みを列挙しましょう。
<ロッテ>
強み
・プレーオフ勝ち抜きの勢い
・短期決戦の戦いに合っていそう
・鉄壁の先発陣(4人ともエース級)
・アウェイに慣れている
・マリンスタジアムの環境(ホームが1試合多い事も)
弱み(不安)
・打線の軸不在(特にサブロー不振は痛いか)
・コバマサ劇場(笑)
(中継ぎ・抑えは阪神よりやや不安か)
<阪神>
強み
・鉄壁の抑え陣
・中軸の勝負強さ、打線のバランスの良さ
・控え/代打陣の層の厚さ
弱み(不安)
・試合感覚が開いている
・マリンスタジアムで始まる
 (ホームが1試合少ない事も)
・井川を始め先発がやや不安定
(ロッテに比べて、の話ですが・・・)

って感じで。
特に、プレーオフの有無で
試合勘とか勢いとかに差がある
なおかつ、ロッテホームで始まる
って所にポイントがあるかな
って事で、
こういう予想になったんですが・・・

で、初戦観て
かなり、そういう部分が当てはまっちゃってるな
って感じなんですが・・・
(いや、事前予想以上で、
 ひょっとするとロッテ4連勝もあるか
 って流れですよ!
 まぁ、今年の阪神は強いんで
 そう簡単にはいかないでしょうけど。)


この日の先発は、清水と井川
清水は、たまに変化球が高めに浮く
危ないボールが散見しましたが
ストレートのキレとコントロールは素晴らしかったです。
一方
井川は、「今シーズンの井川だな」って出来(苦笑)
タマ自体は悪くないように見えたんですが
去年までの力強さが見れませんでした。

打線の方では
ロッテのポイントは2番、今江!
いきなり先制ホームランで勢いに乗り
4安打。勝ち越しの2塁打も放ち
今日のヒーロー。
でも、それ以上にポイントになったのは
5回の西岡のプッシュバンド。
前の回に清水が、変化球が高めに浮いて痛打され
同点にされたばかりだっただけに
ここで流れがぐっとロッテに来ましたね。
あと、
この回、サブローにタイムリーが出たのも
今後のシリーズを考えると、非常に大きい。
プレーオフ第2ステージ、絶不調で
今日もチャンスで凡退していただけに
ここできっかけを掴んだ事は
「これはロッテ4連勝もあるかも」
って思わされましたよ。

一方、阪神の打線では
金本が初回のチャンスにゲッツー。
金本・今岡がノーヒットと
キーマンが完全に封じられました。
シーツは好調みたいですけどねぇ。


結末は、珍しく濃霧でコールドゲーム。
ロッテは実質、清水完投って事で
最高のスタートと言えるでしょう。
抑え投手陣の具合も観てみたかったんですが
それは、プレーオフでチェック済みなんで
オッケーて事かな。
一方、阪神は橋本がボコボコに。
でも、とりあえず大舞台を経験させておこう
って事なら、まぁオーケーかも。
大勢には既に影響はなかったですし・・・


で、
明日以降ですが・・・
今日見る限りでは
ロッテが投打とも、優勢ですね。
中継ぎ・抑え勝負になる以前に
先発の差で先に勝負が決まってしまいそう。
ホークスの強力打線を封じたロッテ投手陣が
自信を持って阪神を抑えていきそう。
一方、ロッテ打線は
サブローがきっかけを掴んで
穴がなくなりましたね。
中継ぎ・抑えまで行けばともかく
先発は、それなりに点を取られそう。
って意味で
ロッテに部があるって感じますね。
もっとも
明日、何かあると流れが変わっちゃいますけど
安定感一番の渡辺俊ですからねぇ。
しかも
先発、下柳じゃなくて安藤なんだ。
寝違えの影響、大きかったんだなぁ。
この辺も、間隔が空いた影響かも。

ま、甲子園に来ると
また流れが変わるんでしょうけど
そこで1つ勝てれば、結局ロッテが押し切るでしょう。
posted by めたか at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレーオフについて(ロッテ優勝オメ!)

さて、プレーオフの感想を
相変わらず2周遅れくらいで書くんですが(苦笑)
(もう日本シリーズも始まるのに・・・)

あ、球界の問題についても一家言はあるんですが
時間がないので・・・
さいんさんの球界再編問題ブログを推薦しておきます。
私が重要と思う問題をほぼ、網羅しておられますので。


プレーオフ、まともに観たのは
第4戦、第5戦くらいでしたが、
面白かったです。

ロッテが2勝したってニュースを聞いたとき
「このまま3連勝しないと
 逆にロッテは厳しいかもしれないなぁ」
と思いました。
こういう、第一ステージから勢いに乗って
勝ち進んできた場合って
そのまま押し切らないと、勢いが止まっちゃうと
逆に相手に勢いを与えてしまいかねない
そう思ったんですが・・・

第3戦の結末は、それ以上で
完全にホークスに「流れ」をやっちゃいましたね。

ただし
第4戦の小林(宏)は見事だったと思います。
負け投手にこそなりましたが
ホークスの「流れ」を止めたんじゃないでしょうか。
下手すると
ホークス打線が爆発しかねない「流れ」の中で
ホームラン2発以外は完全に抑えこんだ。
それで
完全に相手に流れをやらずに接戦の流れにした事が
第5戦、ちょっとした事で「流れ」を取り戻す事になった。
ホークス側からしたら
「流れ」はこっちにあると思っていても
大して打てていないって事で
完全に自分たちのペースだってふうには思えなかったでしょう。
そういう「ペース」を作ったのはコバヒロのナイスピッチでした。
おまけに完投して救援陣に頭を冷やす時間も作ったし。
そういう意味で
私の思う「裏MVP」はコバヒロかなぁ。
(「表MVP」は里崎って思いますけど。)

でも
第4戦のホークスの継投は見事でした。
和田をさっさと諦め、
「キーマン」と期待された高橋秀を投入。
これが不幸なデットボールで裏目に出そうになると
すぐに吉武を投入。
この吉武が、この試合のMVP的働きをしてしまいます。
KBCのネット中継では
この中継を「吉武はバンド処理が名人で併殺を狙ったもの」
と言っていたんですが
(さすが地元中継、チーム事情に詳しいですね)
その「狙い」通りに3封に成功。
これでマリーンズの流れを止めました。
吉武がこのピンチを抑えると
その後、三瀬、馬原を早め早めに投入、
「攻め」の継投で逃げ切りました。
これで、ホークスの側も
「接戦でも中盤から後ろでは簡単には点をやらないぞ」
という圧力を相手に与える事もできた訳で
かなりホークスが有利な状況になったなぁ・・・
と思っていたんですけども。

そして、第5戦。
私が観た時点では、すでに2−0でホークスが勝っていて
やっぱり「流れ」の差が出たなぁ
と感じたんですが・・・
マリーンズは諦めませんでしたね。
逆に
中盤以降は、マリーンズが押し気味って感じました。

そして、
実は福浦の1点差に詰め寄るタイムリーは
地味に大きかったんじゃないかって思います。
1点差なら、ちょっとした事でひっくり返りますからね。
それが、現に起こったんですけども。
色々な人が指摘している、早坂の7回のファインプレー!
これ、本当なら抜けていましたよね。
抜けていれば1点。川崎MVPだったでしょう。
初芝の「神の内野安打」もポイントでしたけど、
それ以上に大きかったのは、福浦のヒットの時の走塁ですね。
あそこ、非常に難しい場面で、
足の速くない初芝がよくセーフになったと思います。
ライナーで2塁手の近くに飛んで
「飛び出す訳にはいかない」つまり
ハーフウェイで抜けたのを確認してからスタートし
ライトが前進してきて矢のような送球をセカンドに送ってくる中
(これも好プレー!)
なんとか滑り込みました。
ここ、アウトになったら完全に流れを失っていたでしょうしね。

でも、次のサブローが強行して内野フライ。
サブローは、この第二ステージ、完全にどツボでした。
ここ、日本シリーズでは手を入れる必要がありそうです。
しかし
このシリーズ当たっていた里崎が、あわやホームランの当りで・・・

でも、
続くピンチを馬原が踏ん張り、試合を決めさせません。
この辺はさすがに、第4戦で力を見せつけたホークス抑え。
それで
8回裏の薮田は、ピレッシャーでガタガタでしたね。
ここ、よく0で抑えられたと思います。
逆に9回のコバマサは、セカンドにランナーを送られるものの
ピンチには慣れた選手(笑)
ピッチング自体はまずまず、安定していました。
最後、このシリーズ絶好調の川崎をフライに抑えてゲームセット。


結局、このシリーズは
ロッテの投手陣がホークス打線をほぼ抑え込んだ
そういうシリーズだったなって思います。
先発の4人は、誰もが高いレベルで安定し、
中継ぎ、抑えも、駒は揃っています。
コバマサの劇場以外、大きく崩れなかった。
ホークスの投手陣も、かなり健闘したんですが
マリーンズ投手陣がその上を行った、
攻守を連発した守備陣と併せ
マリーンズの守りの勝利って言えるでしょう。

でも、
どの試合も手に汗握る展開で
非常に密度の濃い、面白い試合だったと思います。
(って第3戦までは生で観てませんが。
 あとで活字情報で知っただけですけども。)
やっぱり、短期決戦って面白いですね。


・・続きを読む
posted by めたか at 11:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。