2005年10月31日

星野さん見損なった

ご本家にリンクしてもすぐ消えるんで
りきさんトコをリンクして紹介。

仙様世論誘導きたー!

これはイカンやろ。

村上問題については、
色々と言いたい事はあるけども・・・
でも
これは単なる「八つ当たり」であり
村上に責任を押し付ける事によって
村上問題を自分の有利な方に誘導しよう
って考えだと断定します。


はぁ。
星野さんにも色々と欠点はあるけど
とりあえず、球界を「変える」為には
星野さんをコミッショナーに、ってのは
アリだなって思ってたんですけども・・・

今回の村上絡み
加えて、巨人との騒動とかで
かなり、その気持ちは無くなりました、私は。
この人も「旧体制」の人、ですわ。


・・続きを読む
posted by めたか at 22:11| Comment(8) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出雲駅伝の感想と大学駅伝シーズンへの展望

もう随分と経ってしまいましたが
とりあえず、出雲駅伝の感想を。
また、前の記事
「冬スポーツのススメ」と書いたので
予備知識のない人にも分かるように
という意識でも、書いてみようと思います。

えっと、まず
「駅伝の魅力」自体については
昔、ほぼ日で書かせてもらった文章を
1月2日は箱根駅伝の日!
こちらで
「ファン以外に贈る「駅伝の面白さ」について」
と言うのを書いていますので、
興味のある方はご覧下さい。

んで。
まず、大学駅伝ってのが
どんな「仕組み」になってるか、を
説明しておきましょうか。

大学の陸上の世界では
春・夏が「トラックシーズン」となっています。
トラック、つまり競技場で
他の陸上競技の種目と同時に色々な大会が行われます。
大学の世界での大きな大会は
「インカレ」という大会。
まず、各地区のインカレが5月頃、
そして、日本インカレという最大の大会が
本当は9月、でも
最近は7月に行われます。
(それは、世界陸上やオリンピックなどを外して
 という意味ですね。)

そのトラックシーズンが終わると
陸上の他の種目はオフシーズンになるんですが
長距離は、これからロードレースの季節になるんです。
長い距離は、寒い方が適していますからね。
社会人ならマラソンがメインなんですが
さすがに学生からマラソンを走る選手は珍しいので
駅伝がメインになるんです。

男子大学生の駅伝では
3大駅伝と呼ばれる3つの大会があります。
10月の出雲駅伝、11月の全日本、
そして正月の箱根駅伝の3つです。
この中で最大の大会が、箱根駅伝なんですが
実はこの大会、関東の大学のみ参加できるローカルの大会
なんですよねー。
この辺、歪んだ構造ってのがあるんですが・・・
(こういう事なんかも
 広く周知されるべきだと思ってます。
 やっぱり、改革すべき事は
 色々な所にあるんですよね・・・)

出雲駅伝は
最初に行われる駅伝で、
距離も短く区間も少ないので、
最も規模の小さい大会です。
でも、最初の大会なので
今年の駅伝シーズンの流れを展望する
という意味で興味深い戦いでもあるんですね。
でも
「小さい大会だ」という事で
経験の少ない新入生を試したり
「小手調べ」的に捉えられている
可哀想な大会でもあります(笑)

一応、
各駅伝の特徴を簡単に箇条書きにしますね。

○出雲駅伝
6区間(6人で走る)44キロ
1区間 5−10キロ

○全日本
8区間 106.8キロ
1区間 10ー20キロ

○箱根駅伝
10区間 217.9キロ
1区間 20キロ前後

一応、この辺りの事を踏まえた上で
あと、事前に書いていた展望記事も参照頂いて
以下の感想をお読み下さい。


##続きを読む
posted by めたか at 00:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。