2005年12月21日

清原選手に思う事

清原がオリックスに入団表明しましたね。
なんで、
こっちの記事を先に上げます。
この件は、
前のオフ会で喋った内容なので、
書く内容は決まっていますし。
(ちょっと、仰木さんの死で、
 入団の意味合いが違ってきてる部分も
 少々、ありますけど
 でも「本質」は、そんなに変わってない
 とは思いますので。)


まず、
今年、清原が戦力外になった時に
私はこんな事を書いたんですけども
でも、こういう意見は巨人ファンの中では
相当に浮いていた、という事は
指摘しておきます。
つまりね、同情論は少なかった、と。
私も
今シーズンの清原に関しては、
同情する部分はあまりないなぁ、と思う。
ある意味
今シーズンの巨人は清原と心中したんだと思うし
その「賭け」に負けた訳でしょう。
(他にも原因はいっぱいあったと思うけど
 でも「打線の中心」が全く機能しなかった
 って事も大きな一因でしたよ)
今シーズンの巨人の低迷の戦犯として
清原は責められるべきだし
清原はそれだけの選手なんだ、とも思う。
実際、
成績も悪かったし。
数字も酷いんですけども、それ以上に
実際に試合を見ていた人間としては
清原で打線がプツンと切れてしまった、って事が
ずっとあった訳で
(まぁ、ローズ、そして序盤の小久保も
 打線を切っていた、んですけど。
 今年の小久保は帳尻しただけですよ。)
印象としても「清原でダメだったシーズン」と
感じています。

元々、昨シーズンの清原が
まともにチャンスを貰えなかった、という事で
「清原にチャンスを与えてやって欲しい」
というファンの雰囲気があった訳で。
その通り、今シーズンは十二分にチャンスが与えられて
それでダメだったんですから
「もうダメだよ」というのは
しょうがないでしょう。
加えて
清原が打てない事で、チームの雰囲気自体が
悪くなってしまっていた側面も
無視出来ません。
(そういう意味でも「心中」だったです)
これは、清原自身の「我がまま」って面も
あったのかもしれないですが
同時に、清原という選手の存在感の大きさも
あったんだろうと思います。

だから
巨人が「清原は要らない」となったなら
他でチャンスをくれる球団に行くしかない
んですけども
でも
そういう選手だけに、使いづらいですよね。
だから
清原にラブコールを送る球団って
なかなか、ないですよね。
1球団を除いては・・・

その球団が、オリックス合併球団だった訳で。
清原が自由契約になった時からずっと
ラブコールを送り続けていましたし
(他に取りそうな球団もなかったのに)
随分と下手に出た交渉をしていました。
でも
こういう「使いづらい」選手でもある清原、
オリックスが、純粋に戦力の評価として
ここまで熱烈に歓迎していたか、というと
疑問だと思います。

これは
仰木さんの死の際に出てきた話でも
浮き彫りになっていたと思いますけど
「球場に客を呼びたい」という話がある訳ですよね。
合併で求心力が無くなった
不人気球団・オリックス。
只券を配ってでも球場を埋めようとしてるくらい
集客に苦戦しています。
ここに「国民的な人気のある」清原を呼ぶ事で
なんとか球場に人を集めよう
(というか、もっと正直に言えば
 「マスコミを集めよう」だと思う。
 それで「宣伝効果を高めよう」という狙いですね)
・・・ぶっちゃけて言いましょう
要するに「客寄せパンダ」にされたって事です。

だからこそ
オリックスだけが、これだけ熱心に
清原を誘っていた証左だと思う。
でないなら
「戦力として」評価されるのなら
他でも欲しがる球団があってもオカシクないでしょ
でも
マスコミが「あっちの球団か」と報道される度
その球団が否定する
という動きがいくつかありましたもんね。

つまり
今のNPBでは、清原は
欲しい戦力としては見なされていない
という事なんでしょう。


清原たるもの、随分と見下されたものだなぁ
と思いますね。
だけども
今年の巨人での状態を見ると
それも妥当な評価かもしれない、とも思う。
(今年が特別悪かった訳じゃない、ですからね、
 その前もずっと、フルシーズンでは
 戦えてなかった訳ですしね・・・)

見返すしかないんじゃないですか?
見返そうとしないと、男が廃るでしょ?

でも、
そんな「評価」でも
たとえ「客寄せパンダ」だとしても
三顧の礼で迎えてくれて、チャンスをくれる
そういう場がある。

多くの選手は
「見返す場」すら与えられずに
去っていく事になってしまうのに

清原には、その場が与えられる。
来年がある。

それはとても、幸せな事じゃないでしょうか。


そして。
個人的な思いを言うならば
清原には「もうダメだ」という評価を覆して
もう一花、咲かしてもらいたいと思う。
高校の時から
すごい選手として「伝説」を見てきた人間ですからね。
その「伝説」が
こんな形で幕引きされて欲しくない、と思う。
「そら見ろ!
 清原はやっぱりスゴい選手なんだぞ」
って言いたい、と思う。

そして
きっと、それは私だけじゃないんじゃないか、
と思うんです。
清原の「伝説」を見てきた人なら
あのスゴかった清原をもう一度見たい、
「そら見ろ!」と言いたい
って、心のどこかで思ってる人
いっぱい居るだろうと思うんです。

それだけ多くの人に
「復活」を期待されてる選手だと思う。
そんな選手、あまり居ないですよ。

そういう意味で
清原は、幸せな選手だと、思うんです。


##追記部分はオリックスファンへのお願い
posted by めたか at 01:05| Comment(5) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。