2005年12月25日

高校駅伝、見所(女子中心)

もう今日なんですが、
高校駅伝の見所です。


女子は、オーダ−が発表になったんですが、
3強のうち、
諫早と須磨学園がベストメンバーを組めませんでした。
って事で、興譲館が有利かなって。

まず、各区間の距離構成を。
1区:6キロ、2区:約4.1キロ
3区:3キロ、4区:3キロ、5区:5キロ

そして、その3校のメンバー

○諫早(前年優勝校)
1区:太田
2区:桐谷
3区:高田
4区:吉川
5区:松永

去年の両エース、1区:太田とアンカー高田が残り
今年も優勝候補筆頭と見られていましたが、
アンカー高田の調子が上がらず
負担の少ない3区へ。
代わりにアンカーに起用された松永も強いですが
高田の勝負強さが頼りだっただけに・・・


○須磨学園(層の厚さは群を抜く)
1区:高吉
2区:小林
3区:村岡
4区:宮下
5区:永田

ここも、1区予定のエース脇田の調子が上がらず
メンバーからも外れました。
と言っても、ここは層が厚いし、
実はこのチームのミソは2区小林ですので。
1500mの日本選手権優勝者!
3000mでも一人だけ8分台と、
スピードでは群を抜いています。
さすがに長距離区間の1区は走らせないようですが
2区では別格の早さでしょう。
ここで一気に差を詰めると、
後は「つなぎの区間」でも他校のエース並み
という布陣で圧倒してしまうでしょう。
(だって、3000mを9:20を切ってる選手が
 4人居る高校ですからねぇ。
 他は一人居れば良いトコなんで。)


○興譲館(不動のエースで先手を!)
1区:新谷
2区:重友
3区:片岡
4区:福永
5区:高島

ここはとにかく、新谷に注目。
高校駅伝で前人未到の「3年連続1区区間賞」がかかります。
これを、
留学生が優勢の今の高校駅伝で
日本人がやってしまう、というスゴさ。
去年も、実業団駅伝で1区をぶっちぎったフィレスと
堂々と競り合い、競り勝ってしまった、という強さ。
今年も国体、高校総体を制し、
5000mも高校歴代2位の記録を出して
好調を持続しています。
ちょっと格が違うって感じ。
しかし、去年は新谷一人のチームでしたが、
今年は重友、高島が成長、
なんと2人とも5000mを15分台のタイムを出しました。
これは高校女子では一流のタイム!
また、片岡、福永も3000mで9:30以内に入り、
それらが全員、ちゃんとメンバーに入ってきた。
つまり、万全の状況で戦う事もできる。
精神的にも優位じゃないかと思います。


レースのポイントは
1区で、新谷が須磨学園、諫早と
どれだけ差を開けるか、でしょう。
去年はここで須磨学園が大きく遅れ、
一方、諫早はある程度の差で踏みとどまった。
これで、
須磨学園は、3区・4区での強さを活かせなかった。
(ここで差を詰めて追いつくに留まった)
今年は、興譲館の3、4区もまぁまぁ強いので
2区終了時で前に居られると
須磨学園としても、焦って追いつけない
となってしまう程度の実力差しかありません。
なんとしても
2区・小林の射程範囲内の差に留める必要があります。

ただ
去年の大差は、フィレスの存在が大きくて
フィレスに付いていけたのが新谷だけで
その競り合いの効果で出た区間新記録だったので。
さすがの新谷も、一人でこの記録を出せる
程だとは思えないので。

もっとも、
興譲館は他の区間も自信を持ってきていて。
2区・重友は、5000mを15:48を出したばかり。
単純計算なら2区を12:57で走れるって事。
13分は切ってもおかしくはないって事です。
となると
いかに小林でも、30秒差をひっくり返すのは
難しいんじゃないかって。
という事で、
1区での興譲館・須磨学園との差が30秒、
というのが1つのポイントと見ます。
(それだけに脇田不在は痛い
 と見てるんですが・・・)

諫早は、とにかく太田がなんとか新谷に食い下がって
10秒差までで繋ぎたい。
2区も、興譲館より落ちるでしょうが、
なるべく離されずに、
3区高田に賭けるしかない、でしょう。
そこでトップに立って
なんとかアンカー勝負に持ち込む、しかない。

アンカー勝負となると、
興譲館・高島
須磨学園・永田
諫早・松永
誰が勝つかは分からない。
5000m・15:49を出し好調の高島、
高校総体3000m11位と実績のある永田、
国体1500m5位とスピードのある松永、
須磨学園の監督は永田のラストのキレに
自信を持ってるようですけども・・・


それ以外の注目は、
1区、新谷の対抗馬でしょう。
一番手は常磐・鈴木。
国体、高校総体で共に新谷に続く2位。
また、今年唯一の留学生、
仙台育英のゲシュールも1年ながらエース、
怖いもの知らずで走って大化けする可能性もあります。
また
実力者である、筑紫女学園・野原、立命館宇治・小島も
虎視眈々と狙っているでしょう。

参考: 女子3強監督の前日コメント


###
男子は・・・
1区が楽しみですね。
今年は、留学生では世羅のギタウ、仙台育英のジェル
山梨学院付のコスマス、青森山田のワウエル
と揃っていますが、
去年までほどの「絶対的な強さ」ではなくて
日本人選手にも付け入る隙はありそうです。
国体で留学生を抑えて優勝した森(鹿児島実業)を中心に
深津(東農大二)、松本(佐久長聖 )高林(上野工)
らの「5000メートル13分台」の選手、
去年、好走した河野(佐野日大)らが、
どこまで食い下がれるか?

ま、優勝は仙台育英でしょう。
そこに、報徳、豊川工が2位争い、
佐久長聖、大牟田、世羅あたりまでが優勝圏
って事みたいです。
posted by めたか at 06:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。