2006年04月06日

セリーグ順位予想

きょうろぐ企画の順位予想、
セリーグは、きょうろぐのコメント欄
順位だけは書いておいたんですが
一応、どう考えたか、を記しておきます。

順位は
1.中日
2.ヤクルト
3.巨人
4.阪神
5.横浜
6.広島

今年は、普通に考えると
去年、優勝を争った阪神と中日が抜けている
それに
積極的な補強をした巨人とヤクルトが
どこまでやれるか?
だと思うんですけども・・・

各球団について簡単に。

1.中日

投手陣の層が、他とは違います。
中田、遠藤ら、去年の新人が順調に成長、
オープン戦の防御率も群を抜いています。
今年も優勝候補の筆頭でしょう。
打線も、立浪の衰えを打線の組み替えで補えそう。


2.ヤクルト

古田PMに注目が集まりますが、
それ以上に戦力補強が大きいでしょう。
石井一、高津は普通に考えても大きいでしょう、
前と後ろの軸になれるピッチャーですから。
(元々、チームメートですから
 チームにもすぐに馴染めるでしょうし。)
元々、ピッチャーはそれなりには居た訳で、
そこに「軸」が加わったら、
かなり良い投手陣になったと思うんですけど。
打線もラロッカ加入で厚みを増しましたし。
あと
球団の補強姿勢にも現れてるように
チーム全体で「古田さんに勝たせよう」
という空気を感じるのも大きいかなって。


3.巨人

ホントは「優勝」と言いたい所ですが、
現実的にはAクラス確保が適当かなって。
でも
「層が薄くて怪我人が出ると終わり」
って予想を結構見かけたんですが、
それはないでしょう!
ここは、層だけは厚いと思います。


でも、
「戦力的」には良いんですが
「戦い方」は、まだまだ稚拙ですね。
開幕カードを観る限りでは
横浜の方が「良いゲーム」は出来ていた。
なので、優勝はちょっと厳しいかもって。
でも
抑えが安定する事で、大崩れはしないと思います。


4.阪神

投打のバランスは一番なんですが・・・
去年の予想で
「来年が楽しみ」と書いた投手陣が
去年、揃ってブレークした結果だったので。
つまり
充実してるように見える投手陣ですが
実績という点では、不安定な所も大きい、とも
言えるんですよね。
中継ぎが不安と良く言われますけど
先発も、井川と下柳以外は若いんで・・・
その辺りの不安から、
思い切ってここに置きました。

野手陣は、理想的な状況ですね。
今年は打線がどこまで補えるか?
という戦いになりそうです。


5.横浜

去年は、ベテラン投手の頑張りで
Aクラスに飛び込みましたけど
優勝争いをした訳じゃないんですよね。
そういう意味で
去年は、ちょっと出来過ぎだった、って感じで
ここに置いたんですが・・・

でも、
開幕カードを観た限りでは
「失敗したかも」と思っています。
かなりキチッとした野球が出来ています。
チームの意識改革が浸透できていますね。
左の居ない中継ぎなど
不安はありますが、もっと上に行きそう。


6.広島

やっぱり、他と比べると、
どうしても見劣りはすると思うんで・・・
戦力の層が薄すぎでしょう。

ただ
それ以上に、ここは「戦い方」がね。
守備とか、ヤバすぎでしょう。
この辺、一度ちゃんとゲームを観てみて
ブラウン改革の成否を占いたいなって思います。


こんな所なんですが、
まぁ、私の予想は当らないので・・・
悪く予想しちゃった球団のファンも
悪く思わんで下さい。
(というか、喜ぶべきかもしれない・・・
 なーんて!)
posted by めたか at 07:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。