2006年05月16日

為末大は現状でも一番の陸上解説者

今日は陸上ネタも更新します。
(日本選手権は少し先ですし・・・)
こちらの記事を。

ハードルを跳ばない理由(前編)
ハードルを跳ばない理由(後編)

400mハードルの第一人者
(去年の世界陸上銅メダリスト)
為末選手は今年、ハードルを一切飛ばず
400mのレースを中心に
走る事を重点的に取り組むと宣言しています。

その理由を自ら解説したのが上記記事なんですが・・・

もの凄い、分かり易いでしょ?

最近たまたま、為末選手が出演している
テレビをいくつか観たんですが
その解説の明解さという点では
群を抜いていますね。

陸上界で、ここまでの「言葉」を持っている人って
これまで居たでしょうか?
多分
現状でも既に、陸上の解説者としては
一番と言って良いと思いますよ。

というか
スポーツ界全体を見渡しても
ここまで分析的な事を、普通の人にも分かる言葉で
端的に語れる「解説者」が居るだろうか?
と考えると
スポーツ界全体でも、屈指の解説者と言っても
大丈夫だろう、と思います。

競技者としても一流ですが
こういう面でも、彼は日本陸上界の宝、ですねー。
posted by めたか at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。