2006年01月03日

箱根駅伝・感想

いやはや、
亜細亜がそれなりに強いのは知ってましたけどねぇ、
優勝とは思わなかったです。
ただ、それだけ他が誤算が多かったって事ですね。
順大・難波(8区)、駒沢・糟谷(10区)が脱水状態になってしまったり、
日大、中央も力を出しきれなかったですね。
日大は6区でおかしくなって、
ズルズル順位を落とす展開、
中央は7区までは予定通りだったでしょうが
アンカーまで踏みとどまれなかった
アンカー加藤もおかしかったです。
東海は中井が走れず、
伊達もおかしくて
完全に後手を踏んで力を出しきれなかった。
駒沢は、復路は8区の堺だけでした。
それでもアンカー糟谷が万全なら
勝ってたでしょうけど。
順大は、あの脱水状態がなければ
でしょう。

その中でミスがなかったのが亜細亜
って事ですね。
実力差が小さいだけに
いかにブレーキを起こさないか
なんでしょうね。
posted by めたか at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。