2006年01月13日

週末には都道府県対抗女子駅伝

今週末は、
都道府県対抗女子駅伝です。
京都新聞のサイトに、非常に丁寧な記事が
たくさん載っています。
電車での追っかけ案内まである)
これらを参考に、簡単な展望を書いておきましょう。

優勝候補は、どう考えても京都でしょう。
去年も独走で優勝したんですが、
去年の独走劇の原動力となった
1区・小崎、2区・早狩の「世界選手権組」が居て
去年のアンカー・名門京セラでエース区間を任されてる
阿蘇品が、今年も出場する上に
5000m日本記録保持者・福士まで呼んで
「日本トップクラス」を大人げなく集めた陣容。
中学生も、
「今季中学生1500メートルランク1、2位」だそうで
高校生が、今年は立命館宇治がイマイチなんで
ちょっと落ちるって思っていたら、
他校のエースに良い選手が居るらしく、
要するに「どの区間でも区間賞が狙える」という陣容。
普通にやれば、圧勝でしょうね。

同じく、実業団のトップクラスを集めまくったのが
埼玉です。
千葉駅伝・日本唯一の区間賞の石井、
800m日本記録保持者・杉森、
マラソン日本代表の大島めぐみ、と
こちらも「日本代表クラス」を3人揃えてきました。
でも、
杉森は2区で早狩が相手となるとやや厳しいし、
大島も、福士相手だと劣ってしまう
(というか、福士相手に互角近くで走れるランナーなんて
 日本には渋井しか居ないよ)
と、京都相手だと苦しいかなって。
(それだけ京都のメンバーがスゴ過ぎるんですが。)
埼玉栄勢で揃えた高校生区間で京都を上回れるか?
がポイントのように思います。

そういう意味では
岡山が面白いかもしれないですね。
高校生は、高校駅伝優勝の興譲館の3人、
実業団では「実業団駅伝2位」の天満屋のメンバー。
注目は、1区の新谷選手でしょう。
去年はさすがに実業団選手相手で
勝てなかったですが、
今シーズンはさらに成長しています。
ここで区間賞でも取ると、
岡山に勢いがつくでしょうね。
何と言っても1区に新谷が走る事で
他の「高校生区間」に実業団選手が走る事ができる。
アンカー勝負になると厳しいですが、
先手を取って、
高校生相手に実業団選手が差を開けると
いかに京都でも焦るかもしれないです。
(でも福士なら1分差なら逆転してしまいそう)

それ以外では
実業団選手に良い選手を集めた神奈川
(杉原,吉川、高山、尾崎の4人は強いです)
須磨高校勢で揃えた兵庫、
諫早高勢+扇まどかの長崎、
・・・あたりが有力かなぁ。

公開したつもりになっていました。
posted by めたか at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11652239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。