2006年04月13日

桑田、600日ぶりの勝利

本当なら、一週間前に
神宮で目撃したかったんですけどね・・・

桑田600日ぶりの白星 復活勝利に「長かった」

実は、今日は桑田のピッチングは
観ていないんですよ。
あとで、ニュースでチラッと観ただけで。
前回の神宮では、
明らかに調子悪いなぁって中で
なんとか辛抱強く投げてるって印象で。
でも、エラーとかあって
(数字に出ないものも、
 小久保はファールフライをポロッとこぼしたり
 あったんですよ)
5回途中、4失点で降板。
味方が7回に集中打で逆転してくれて
負けはつかなかったですが
シーズンのスタートとしては
あまり良くないものでした。

今日は、とにかくチーム全体が
桑田に勝ち星を付けてあげよう
という試合でしたね。
だから、
久保も林も緊張していたし
野手陣も、点差が空いても全く手を抜かなかった。
そういう意味で
今日は、桑田が勝った試合というより
桑田が勝たせてもらった試合というべき
なんでしょうね。

それを返していくには
良いピッシングをしていくしかない
んでしょうね。
桑田自身、若いピッチャーに範となるような
練習も手を抜かずにちゃんとやる
そういう選手だからこそ
「桑田に勝たせてやりたい」
となる訳で、
そういう選手が、ちゃんと戦い続ける事こそが
チームに力になるんでしょうから。


###
まぁ、今年の巨人は強いですね。
少なくとも、今の巨人はホントに強い。
きょうろぐにも書くつもりですが
今日の6回の矢野に、今年の強さが現れてるでしょう。

1アウト1塁から、タイムリー2塁打。
その後、ピッチャー久保の打席で
3塁に盗塁、悪送球を誘ってホームイン。

ホントに
攻めて攻めて、仕掛けて仕掛けて、
という野球。
特に、矢野! 良いですねぇ。
去年も良かったんですけどね。
気迫の塊のようなプレーしますよねぇ。
観ていて嬉しくなっちゃいますよ。

初戦も、ホントに素晴らしい出来だった黒田を、
あっという間の集中打で攻略。
2戦目も、出先で7回だけ観たんですが
1アウトから送って
2アウト2塁でちゃんとタイムリーが出る。
結果的に、この1点が決勝点になるんですから
「取れる時に取れる点は取る」
という今年の野球の重要さが良く分かりますね。

とにかく
出る選手、出る選手が
必死に戦っているのが伝わってくるし
こういう野球を1年間やってくれれば
もう私は充分満足です。
たとえ結果が悪かったとしても。
(まぁ、こういう野球をやっていれば
 結果は後からついてくるハズですけども)
posted by めたか at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。