2006年04月20日

新庄は何故、このタイミングで引退を表明したのか

少なくとも私の観た範囲では
誰も指摘していなかったので
書いておこうと思います。

新庄自体、今年で終わりって覚悟は
元々していたんだと思いますし
「客寄せパンダ」という意味で
シーズン中に発表というプランは
きっと持っていたんだ、と思います。

でも
何故、四月のこのタイミングになったのか
という事について・・

「開幕で満員になって決心したから」
というのなら
もっと早くても良かった訳で。
このタイミングになった理由として
私が思ったのは・・・

ズレータ暴行の事が、あったからじゃ、ないかなって。

ズレータの復帰は
ちょうど日ハム戦になるそうですね。
そのままじゃ
きっと、もの凄いブーイングの嵐だろうな
って思っていたんですが・・・

そんな中での新庄の引退宣言。
これで
日ハムファンの中で、ズレータの件は
かなり薄れたんじゃないかって思うんです。

もちろん
復帰したズレータを観れば
ブーイングとかは起こるだろうとは
思いますけども
でも、そんなしつこい酷いものには
ならないんじゃないかって
今の流れでは思います。
というのは
ズレータとの事なんかより
今の日ハムファンにとっては
新庄との最後のシーズンをどう過ごすかって事の方が
はるかに大事な事だろうと思うので。

新庄はひょっとすると
そういう事も、考えたんじゃないかって。
そうやって
ズレータが復帰しやすくなるように
してあげたんじゃないかって。


「このタイミング」で引退表明したのは
彼一流のやさしさなんじゃないかなって
私は思っています。
posted by めたか at 23:22| Comment(3) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハムファンなので多少の偏りはあるかも知れませんが、それはちょっと違うんじゃないかな、という気がします。
開幕戦以来SHINJOはどの打席でもブンブン振り回していました。球場で見てもテレビで見ても、スタンドインしか狙っていないのが露骨に見て取れたわけです。
おそらく彼はお立ち台に立つ前にホームランの打法で引退を表明するというシナリオを考えていたのでしょう。
これには正負両面の影響があるでしょうが、少なくともお立ち台でいきなり言ったらパニックになるでしょうし、打法を前振りにすることでワンクッション置くことができる、とは言えると思います。
それにズレータの件を考えるなら、もう少し後に延ばして復帰直前にした方が効果的なですよね。
そう考えると、めたかさんがお考えのことがあった可能性はゼロとは言い切れないまでも、決定的な要素とはまず考えられないと思います。

あと蛇足ながら、SHINJOの件はSHINJOの件でショックですが、これでズレータの件を放ったらかしにするファイターズファンはまずいないと思いますよ。
金村が登録抹消を強いられたという事実があるわけですし、それはそれ、これはこれということで。
これはめたかさんの意図とは異なるかも知れませんが、アザラシやレッサーパンダのせいで政治家の不祥事や凶悪事件を忘れるのと同じような書かれ方をするのは、いかがなものかと(苦笑)
Posted by ルパート・ジョーンズ at 2006年04月21日 06:16
でも、週末の情報番組であのシーンが流れて、子供が見てしまうリスクは減りました。
まあ、偶然かも知れないけど(笑)、そういう偶然をもいい方向に引き寄せられる新庄って凄いな・・と思います。
Posted by りさふぇるなんです at 2006年04月22日 08:40
コメントありがとうございます。

ルパート・ジョーンズ さん>
あー、そういうふうに受け取られてしまいましたか。
自分としては、結構「良い話」って思ったんですけども(苦笑)

りさふぇるなんです さん>
フォローありがとうございます。
でも確かにテレビであのシーンが取り上げられる事は
少なくなりましたよねー。
あとは
「珍プレー好プレー」なんかでああいうい暴行・乱闘シーンを
面白おかしく取り上げないで欲しい
という意見をテレビ局に皆で出す
って企画でもやってみますか?
Posted by めたか at 2006年04月23日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16827713

この記事へのトラックバック

SHINJO引退表明について
Excerpt:  今の時期に引退発表は正直ショック……でも、SHINJO最後の1年がファイターズ最高の年になるよう応援しないと、と思うのです。
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2006-04-21 05:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。