2006年09月06日

シダックス廃部・・・

久しぶりの更新がこんなネタで腹立たしいですが。

シダックスが活動停止 社会人野球の強豪

要するに
「ノムさんが居なくなって
 宣伝効果が薄れたから辞める」
って事なんでしょうね。
元々、野球に愛情なんて無かったんでしょうね。
「ある程度、名前も売れたから、
 もう良いや」
って事なんでしょうね。

社会人野球については、
もうちょっと、考えないとイケナイ時代になったのかもしれないですね。
ただ・・・

私が今後、シダックスのカラオケを利用する事はないでしょう。
サヨウナラ。
ラベル:これは酷い
posted by めたか at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨オフに野村監督がシダ辞めて鷲監督に就任するって話の時に、「野村監督でなくなるなら野球部やめる」とか言ってましたよね。
なんじゃそりゃ、脅しかよ?!
ってすごく憤ったことを覚えてます。
これじゃ、野村監督も気分が悪かろう。
社会人野球は見てない人なので全く偉そうなことは言えませんが、企業の運動部とは一体なんなのかなぁ…と考えちゃいますね。
Posted by さいん at 2006年09月07日 12:26
ども。
そんな事を言っていましたね。
志田氏にすれば、それを実行に移したってだけなんでしょう。

>企業の運動部とは一体なんなのかなぁ…と考えちゃいますね。

社会人チームを応援してるファンも居るんですけどね(ため息)
残った選手たちやコーチ・スタッフ達を
どうするつもりなんでしょう?
ちゃんと責任もって考えてるんでしょうかね?

私としては、
シダックスが「野球部は自分の持ち物だから好きに処分する」
と言ってドライにするなら
こっちの「野球部を捨てるなら商品は買わない」
とドライに付き合うだけ
って思うんですけどね。はい。
Posted by めたか at 2006年09月08日 00:06
夫の会社は伝統のある運動部を持っておりまして、普通にプロ宣言する間際の部下がいたりします。

運動部員は午前中だけの勤務で会社的にどうなのか聞いてみたら「30代後半には貴重な人材として会社に貢献してくれるから大丈夫」なんだそうです。
つまり、ちゃんと長く運動部を持つと、そういう良いおつりが来るのですが、ちょっと飽きたからと言って簡単に捨ててちゃあ、その有難みは一生わからないわけです。

シダックスと言う企業は要するにそこまでの企業と言うことですね。
ほっといてもなるようになるでしょう。
Posted by りさふぇるなんです at 2006年09月11日 23:29
コメントありがとうございます。
なるほど、企業の運動部には、そういう意味もあるんですね。
そういう意味では
最近の日本の企業が、スポーツから撤退しているのは
日本がダメになってる事を象徴してる、とも言えるでしょうね。
・・・なんか、暗くなる話ですけど
個々の企業(シダックスとか近鉄とか)に対しては
ドライに対応するので良いんだと思います。
そっちがそうなら、こっちもそうしますよって。
Posted by めたか at 2006年09月18日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。