2006年09月24日

桑田のG最終戦?を観てきました

私は馬鹿です。
なので、
今プライベートが火を噴いてる状況なんですが
全てを放ったらかして
ジャイアンツ球場、行ってきました。

やっぱり、桑田というのは
私にとっては特別な選手なんです。
それが、もしかすると最後かもしれない登板
(少なくとも巨人での登板は最後という話)
これは、行くしかないでしょう!

と言っても、球場には入れなかったんですけどね。
なので
なんとか球場上の丘から(ここも人だかり)
人の波の間から何とかマウンドが観れる場所で
「最後の登板」を見守って来ました。

結果は(どうせ報道されるでしょうが)・・
7回 8安打1四球、5失点。
2回、タイムリーを打たれて1失点、
3回から6回までパーフェクト
7回にバテて5安打を集中され、この回で降板。
でも
桑田の日記によると「短いイニング」との事だったので
これほど投げる予定じゃなかったんでしょう。
なので内容は悪くなかったと思う。
まぁ、球場の雰囲気からして
降板させれる雰囲気じゃなかったんですけどね。
そういう意味でも
巨人は桑田に冷たかったとか言うつもりはない。
納得できるだけ、投げさせてくれた、と思う。

桑田に対して色々言う人も居るでしょう。
今回の件についても
「勝手にHPに退団を表明して迷惑かけた」
みたいなニュアンスで報道している新聞も
いくつもありましたし。
でも、
もう良いじゃないかって思う。
確かに、筋は通した方が良かったと思う、
でももう、そんな問題じゃ、ないんだよ。
他にも
桑田に晩節を汚すなみたいに言うファンも居るけど
桑田なんだから、
好きにさせてあげれば良いじゃないか
(というか
 例えばドミニカに行ってまでも現役にこだわる
 野茂に対して
 同じ台詞を言うのでしょうか?)
そんなふうに思う。


ただ・・・

私が帰った(試合後20分くらい)後に
ひょっとしたら挨拶みたいな事が
あったのかもしれないけど
もし、そういうのが無かったのなら
ホントに残念です。
試合が終わっても多くのファンが球場を後にせず
ずっと待っていた。
桑田がグラウンドに出てくるのを・・・

それは
今日、来ていた人たちは
桑田の最後を見に来ていたってだけじゃなく
桑田にお別れをしに来ていた
そういう気持ちだっただろうから。
だから
別にマイクを持てとまでは言わない
手を振るだけでも良かった。
たとえ5分でも、1分でも
グラウンドに出て来て、スタンドのファンに
(また球場の外にも入りきれなかったファンが
 たくさん居た。
 私もその中の1人だったんですが)
さよならの意味を込めて、手を振って欲しかった。

それだけが、残念でした。


まぁ
どこか拾ってくれる所があるのなら
これで最後じゃないって事でしょうけどね。
何処に行こうと、頑張ってもらいたいと思う。
(ただ・・・オリックスというのは、ヤだなぁ。
 ホントに客寄せパンダだもん。
 それはオリックスどうこうというより
 清原が居るって意味でね。)


えっと
無駄に写真だけはたくさん撮って来たので
余裕があればアップします。
(でも、期待はしないで下さい。
 今週はとんでもなく忙しいので。
 また、写真も、
 遠くから人の間を縫ってやっと撮ったもので
 点くらいにしか桑田が映ってないので。)
posted by めたか at 18:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書き込み有難うございました。

めたか様はジャイアンツ球場に足を運ばれたんですね。御疲れ様でした。

自分も昨日のニュースを見聞し、ジャイアンツのユニフォームを着た最後の姿を見に行きたいと思ったのですが、どうしても外せない用が在り、泣く泣く断念致しました。万難を排して見に行かれためたか様に、桑田選手のファンの一人として御礼申し上げます。

以前にもプロ野球選手の引き際に付いて記事にしましたが、余力を残してスパッと辞めるも、又、ボロボロになる迄続けた上で辞めるも、それは選手個々人の美学に任せるべきだとは思っていますし、それはファンの側も同じだとは思っています。ですので、桑田選手がボロボロになる迄現役を続けたいという決意をしたので在れば、それはおかしいと断言するつもりは在りません。唯、少なくとも高校時代から彼と共に思い出を共有して来た一人として、あくまでも自分の美学としては桑田選手にスパッと辞めて貰いたかった。それも、数年前に辞めて貰いたかったというのが嘘偽りの無い気持ちです。これは御理解戴けているとは思うのですが、彼が憎いからとか嫌いだからとかという思いからでは無く、寧ろ大好きな選手だからこそ、これ以上ボロボロになった姿は見たくないという気持ちからです。「晩節を汚した」という表現を自分も使っていますが、それもあくまでも私見で在り、そういった思いの発露と理解して戴けると幸いです。

その選手の余力に付いては、人によって判断が異なる部分が在ると思います。野茂選手も全盛期からすると格段に力が落ちたのは言う迄も無いのですが、唯桑田投手と比べると未だ「もしかしたら”それなりの”活躍をしてくれるのではないか。」という期待が自分の中には少し在ります。これはあくまでも根拠の在る話では勿論無く、感情&感覚的なものに過ぎないのですが・・・。

そして腹蔵無く本音を吐露させて貰えば、やはり桑田投手がジャイアンツ一筋に頑張ってくれた選手だからこそ、最後は出来得る限り綺麗に終えさせて上げたいという気持ちが在ります。誤解しないで戴きたいのですが、これはジャイアンツ至上主義とかそういう話では全く在りません。自分が愛したチームの選手には、出来る限り綺麗な形で終えさせて上げたいという気持ちは、何処のチームのファンでも多かれ少なかれ在ると思いますし、自分の場合も正にそれなんです。又、ジャイアンツ以外のチームに行く事が上だor下だ等というくだらない考えからでも無い事を付け加えさせて戴きます。

おっしゃる通り、選手の力は年齢だけからは判断出来ないと自分も思っています。ノーラン・ライアン投手や工藤投手、山本(昌)投手等、年齢を感じさせない投球をする(した)投手は居ますし、又、逆に若くても力の無い投手もこれ又居ます。あくまでも”自分が”桑田投手に限界を感じているのは、ここ数年の投球内容に在ります。もし他チームに彼が移籍し、不死鳥の如く蘇ってくれれば、それは嬉しい期待外れです。彼が現役続行の道を選び、そして移籍するならば、その期待外れを願いたいです^^。
Posted by giants-55 at 2006年09月24日 21:23
桑田投手のG最後の登板、遠くからでも見ることができてよかったですね。
私の思い違いでなければ、ニュースでは試合後1時間くらいかけてファンの方たちと握手している桑田投手の様子が報じられていたと思います。

私はジャイアンツファンでもなければ桑田ファンでもないのですが、彼が納得の行くまで、ボロボロになるまで、どこか必要としてくれる場所があるならその場所を求めて投げ続けて欲しいと思います。
私の応援しているイーグルスは、そういう選手たちが沢山いる場所です。そして、もといた球団ではもう「終わった」と判断された選手たちが、活きる場所を得て活躍しています。
山崎選手、飯田選手、小倉投手…他にもたくさん。
彼らは「晩節を汚した」とは思いません。プレーできる喜びを噛み締めながら最後の舞台を懸命に戦っているし、それは観ている私たちにも感動を与えてくれます。
桑田投手にも、そんな場所がきっとある…と私はそう思います。
そしてその野球に対する姿勢を、背中で後輩たちに伝えていける人。そんな彼を必要とする場所はきっとあると信じたいです。
(川相さんや奈良原さんを獲得した中日のように)

彼の選手人生の最後に悔いが残らぬよう、思った通りに進んで欲しいですね。
Posted by さいん at 2006年09月26日 01:06
コメントありがとうございます。
(返事遅れてスミマセン。)

>giants-55さん
丁寧な書き込み、どうもありがとうございました。
giants-55さんの桑田への思い、しかと感じ取りました。

私の場合、桑田の復活を今でも信じているのは
2002年の復活劇を観たから、ですね。
その前の数年もパッとしなくて
「もう桑田もダメなのかもしれない」
と思わされていましたから。
でも、それを覆す活躍をあの年はしてくれました。
だから
桑田がまだやれる、と言うのなら
私はそれを信じたいし、信じられるんですね。


さいんさん>
>握手している桑田投手の様子
どうもお知らせありがとうございます。
後で聞くに、どうやら試合1時間後、
球場に入場して残っていたファンに対して
桑田の意志でやってくれたそうですね。
私自身は外だったので、そこに加わる事は
どちらにせよ出来なかったんですが
気持ちは修まりました^^;

そうですね。
最後まで、自分の納得できるまで戦おう
という姿勢は
また別の感動を与えてくれますね。
川相の動向は今でも気になりますし。

2軍戦の戦歴を詳しく観てみると
桑田は今でも、ちゃんと試合を作る事は
出来るんですよ。
腰に違和感を感じた「原監督御前試合」以外では
ちゃんと試合を作っていますし。
少なくともグローバーよりはやれると思います(笑)
生で観て改めて思ったのは
球威こそ落ちたものの、
総合力は今でも高いものがあるなぁ、と。
フィールディング、牽制、クイックなど
全てを高いレベルでこなす事が出来る。
もっとも
パリーグに行っちゃうと
「自分で打って援護する」事が出来なくなりますけど。
(桑田って監督に「自分に盗塁のサインを出せ」
 と言う選手ですからね・・・)
Posted by めたか at 2006年09月29日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。