2007年01月16日

ノリを擁護する

全く更新できなくなってから
こちらの再開一発目は
巨人の不可解な「補強」批判と決めていたんですが
(特に門倉取って工藤放出という事態には
 「ギャグで球団経営してるのか?
  それとも損得勘定すら出来なくなったか?」
 と小1時間ばかし・・・)
気が変わりました。

中村ノリの今回の件については
あまり良く分からないながらも
去年の成績が振るわなかったという時点で
ノリにワガママを言う資格はないと思ってて
なので
ノリの方が悪い、くらいの感じ方をしていました。
(そもそも、
 去年、合併球団に入った時点で
 もうノリを応援する事はないと思ってたし。)

ただ、遅ればせながら選手会が抗議している
というニュースを聞き
その主張を整理しているルパートさんの記事を読んで
気が変わりました。

私の考えは、ほぼH5さんと同じです。
ただ、1つ付け加えるとすれば・・・

ノリ本人が否定しているように
当初は「退団」はノリの方から申し入れたとなっていて
それをノリは否定している訳ですよね。
それに対し、球団側は何も言ってない・・・

でも、ノリ側がそういう事を言ってないなら
「退団申し入れ」の話は
オリックス側から流れたものでしょ?

はっきり言って
ノリに好感を持ってる私ですら
「ノリのワガママ」って印象を植え付けたのは
こういう報道の経緯が大きいと思う訳ですよ。
もし
こういう報道が根も葉もない事書かれたってなら
情報管理の点からも即座に否定すべきでしょ?
そうせずに
ノリを悪者にして話を済ますのに
利用していたように思う。
(というか、悪質なリークである可能性も高いよ。)

それでなくても
ノリに対しては、異常に厳しい事を言う人が
例のFA騒動以来、多い訳です。
(それを仕向けたのは星野氏だと言うのに
 何故か嫌星野氏な人がノリに厳しかったりする。
 これ私は不思議なんだけどなぁ。)

だから
せめて私は、ノリを擁護しないとって思いました。


参考
中村選手契約問題で選手会の質問状と偏狭なたわしの考え
やっぱり中村紀洋を応援し続けたい

かなり初期の段階から
ノリを擁護されているお二方の記事です。
(過去記事も)

あと。
中村紀洋バッシング
事は野球界だけの話じゃないかも
という話であります。
posted by めたか at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。以前、少し意見交換させていただきました。駅伝をやってらっしゃるのですか、がんばってください。

さて、ノリの件、どうにも残念な展開になってしまいましたね。まさに「ボタンの掛け違い」というか、こうならない選択もあったとは思うのですが。
一応、ノリ側が先に「自由契約にしてくれ」と言い出した説のソースです↓。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061226-00000010-dal-base
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20061228045.html
茂木立氏が「自由契約にして欲しいことを示唆」したことは確かのようです。その「示唆」を「申し入れ」と解釈するかどうかですね…。

ただ、この件でノリがバッシングされている本質的な問題は、世間の多くのファンは「ノリに対して大幅な減額提示は(仮に協約限度を超えても)妥当だ」と思っていることにあるでしょう。私自身は、ここまで世間が冷たい(大幅減額に寛容)なのは意外でしたが。
Posted by kazu-ct at 2007年01月16日 23:51
どうも情報ありがとうございます。
うーん、どうもこの代理人さんに問題はあったみたい、ですね。
それと
大幅減額に寛容なのは、多分、球団合併騒動以降、
球団経営が苦しいんだって話になって以来
ノリの件に限らず見られる現象だとは思います。
ただ世間が「大幅減額を制限する協約の意義」
(税金の問題が大きかったと思うんですけど)
まで理解しているとは思えないんですけどもね。
Posted by めたか at 2007年01月17日 07:48
はじめまして。たわしと申します。
弊ブログの紹介ありがとうございます。
元々、近鉄ファンで中村選手のファンということで中村選手の擁護してきました。
最近は若干、風向きが変わりましたが、ここまで中村選手のバッシングが起こるとは正直、今持って不思議なのが正直な感想です。

また。代理人がもう少し野球界に精通した人であればと思うと残念です。
加えて、今の日本プロ野球界の代理人制度が弁護士しか資格が無く、しかも一代理人につき一選手のみの契約という、代理人制度の発展を否定した前近代的な制度です。(Jリーグも含む)サッカー界やアメリカ野球界と同様の代理人制度が確立されない限り、今回の様な悲劇は繰り返し、プロ野球が前近代的な興業の域からは脱することが出来ないでしょう。またメジャーリーグへ有力選手の流出も納得させるものがあります。
今回の問題は想像以上に色々と示唆に満ちているなと言うのが感想です。
(長々とすみません)
Posted by たわし at 2007年01月18日 23:41
コメントありがとうございます。
いえ、長くないですよ。色々と示唆に富む内容
どうもありがとうございます。
代理人の件については正しくその通りですよね。
それ以外にも
色々と「前近代的」な事が多いなぁ
というのは、野球界はありますね。
(まぁ、一番の問題点はコミッショナ−の事だと
 思っているんですけども・・・)
Posted by めたか at 2007年01月23日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31483796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。