2005年06月14日

巨人がダメになった元凶は渡辺恒雄氏と長嶋茂雄氏だ

実は、ネタとしては封印していた話だったんですが、
渡辺氏が球界復帰をごり押しし、
長嶋氏を担ぎ出そうとしている事で、
改めて、この話を書いておこうと思いました。

でも、
私は長嶋氏の事は、嫌いではありません。
(渡辺氏の事は嫌いですけどね)
ですが、
「長嶋幻想」には、いい加減うんざりしている
そういう距離感の「巨人ファン」であります。
その前提で、お読みください。


###
ここ10年くらい巨人を見てきた人には
自明の事だと思うのですが、
巨人がこんなチーム
(金で選手をかき集め、しかしチームとしては動けない
 魅力の欠けたチームに成り下がってきている事)
になってしまったのは
渡辺氏と長嶋監督(当時)が原因だったと言えます。

渡辺氏については、
多くの人が了解している事項だと思うんです。
でも、
実は、長嶋監督(当時)の責任も大きいという事は
分かってらっしゃらない方が多いのではないでしょうか?

そう、
忘れてはいけないと思う、
巨人がFA市場などでかき集めた
「各チームのエース・4番たち」は、
長嶋監督(当時)自体が「欲しがったもの」である
という事を。


良く言われているように
巨人のオーナーになった頃の渡辺氏は
野球のルールすら知らない人間だった訳です。
だから
「どうすればチームが強くなるか」
なんて、考えられるハズは、ない。

しかし、そんな渡辺氏でも、
長嶋茂雄という人間が野球界にとって特別な存在なのだ
という事は、理解できたでしょう。
そういう「特別な存在」である長嶋監督が
「必要だ」と言って、他のチームの主力選手を欲しがったなら
野球を知らない渡辺氏は
「そんなものかな」って、思うんじゃないかって。

つまり、
渡辺氏が、今のような「野球観」
(他チームの4番をどんどん金で引き抜いて
 良しとする価値観)
を持ったのは
長嶋氏のせいだ、という側面も
考えられるんですよ。
(もちろん、
 元々の渡辺氏の価値観と合致したから、
 というのも大きいでしょうけどね・・・)


だいたい、
元々、巨人は育成のチームだったハズなんです。
もちろん、
アマチュアの目玉選手を無理矢理に取っていく事は
江川事件を例にあげるまでもなく、
幾度もあった事でしょう。
(長嶋茂雄氏だって、
 そもそもは、そういう例だった訳で。)
でも、
多くの名選手を自前で育ててきたチームでも
あったんです。
長嶋氏と並んで、巨人の歴史を代表する選手である
王貞治選手は、その代表例でしょう。

それを無茶苦茶にしてしまったのが
渡辺氏と長嶋氏だって、
私は思っている。
長嶋氏は、監督としては、
はっきり言って無能だったと思う。
その無能ぶりを補う(ごまかす)ために
渡辺氏を利用して
(ええ、利用だったと思います)
無理やりに戦力をかき集め続けたのが
ここ10年の巨人の歴史だった。

そういう流れの中で
巨人というチームは、少しづつ、その魅力を失っていきました。

でも
原監督時代の巨人は
今まで頑張ってきた選手たちを抜擢し
巨人らしい野球というのを
そして
巨人の魅力というのを、取り戻そうとしていました。
なのに、
それをぶっ潰したのが、渡辺氏なんです。


###
にも書いたように
今まで巨人ファンを辞めようと思った事は
何度もありますけど
結局、辞めれなかった。
なんかね、もう物心ついた時から
ずっとファンだったから、
体に染み付いちゃってるんですよ。
どうしても、巨人が勝つと嬉しいと思っちゃうし
生理的に、辞めれなかったんですよね。
なんで、
もう辞めるのを諦めました。

でも、
その分、野球自体を好きになろうと思った。
野球という楽しいスポーツの中の
1つのチーム、巨人が好きなんだって。

だから、
読売自体のおかしい事は、
ちゃんとおかしいと言おうと思うし
巨人だけが良ければ良いって考えを
否定しようと思った。
野球自体を楽しむ中で、巨人を応援できれば良いなって
そういうスタンスで居ようと思った。

だから、
そういう私にとって
渡辺氏の考え方ややり口は許容できないし
長嶋氏のおかしい点も、
ちゃんと指摘しようと思うんです。
(そして、他にもちょっと、
 考えている事があります。
 次の記事に書きますが、
 どうぞ、ご協力お願いします。)
posted by めたか at 22:58| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鯉チローと申します。
記事を読ませていただきました。
ナベツネはともかく、長嶋氏への責任を追及する姿勢がマスコミに皆無なことに常々疑問に思っていただけに、記事に概ね賛同しています。

リンクを張らせていただきました。
Posted by 鯉チロー at 2005年06月29日 01:03
コメントありがとうございます。

一種の「タブー」になってる面もあるんでしょうね、
長嶋さん批判は。
私も、敬愛する松井秀喜選手の師匠という事で
あまり悪くは言いたくはないってのはあるんですが
やっぱり、言っておかないとイケナイかなって。
Posted by めたか at 2005年06月30日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4349837

この記事へのトラックバック

ナベツネ祭り継続中・・復帰の真の理由とは!?
Excerpt: ナベツネ復帰の理由は、アメリカ主導の野球W杯の不平等条約を解消するどころか、ごり押しするための復帰だったという情報が・・NO!
Weblog: シボンヌの館
Tracked: 2005-06-15 12:56

【巨人ファン限定参加企画】アンチナベツネ巨人ファン宣言!がはじまるよ
Excerpt: 多忙で明日インボイスドームに行けるかどうかわからない身分とはいえ、これだけは記事にしておこうと思いました。 めたか選手の「スポーツが好きです@SeesaaBLOG」にて、こんなジャイアンツファンに..
Weblog: カネシゲタカシの野球と漫画☆夢日記
Tracked: 2005-06-16 02:33

間違いない!
Excerpt: 長嶋さんが本当に帰ってくる 7月3日だそうだ。 この日は鯉戦である。 考えてみれば 清原の500号HRとか 古田の2000本安打とか 敵に花を向けるのが得意なチームだけに 「ミスタープロ..
Weblog: Baseball Junky!
Tracked: 2005-06-29 00:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。