2007年06月20日

ランニング・スクールという道

今、日本で最も栄えているスポーツは何でしょう?

野球って答える人は、最も多いでしょう。
確かに、ある意味では、そうです。
でも、サッカーの浸透具合ってのも、なかなか侮れない。

だけど、私はまた、別の事を思ってる。
実は日本で一番盛んなスポーツって・・

ゴルフ

なんじゃないかなって。


というのも。
多くの人が
「レッスンプロ」として食えている
という現実があるんです。
競技をするプロとしては「食える」人は
他の競技と比べて特別多くはない、でしょう。
でも
人に教える事を専門にしているプロが
結構、居るんですよね。
(何人居るか、ググって調べてみたけど
 分からなかった。
 でも、普通にあちこちで聞くから
 かなり居るハズでしょう。)
他のスポーツでは、そういう存在は
珍しいと思うんです。
(サッカーでは、少し増えてきたのかな?)
他のスポーツでは「教える人」は
学校の先生になって、やっていると思うんです。

だけど
「現役選手のセカンドキャリア」を考える上で
「教えるプロ」が沢山居る、という現実は
かなりプラスだと思うんですよね。
これは
特に大人の「ゴルフ競技人口」が際立って多い
というのが、支えているんだと思う。


という話を枕にして
(えらい長いなぁ)
本題に入ります。

かなり前の話で、ずっと紹介したいと思っていたんですが
ランニングクラブのイベントに参加して
ランニングの指導を受けてきたんです。

リスタートランニングクラブ
第2回RESTARTランニングクリニック
(随分と前の話ですねぇ。
 ちなみにこの写真のどこかに私が映ってます。)

寺田さんのHPで紹介されていて知ったのですが
元1万m日本記録保持者・片岡純子さんご夫妻が主催している
ランニング教室です。

実は最近、市民ランナー向けに
ランニングの指導をするという「教室」は
ちょこちょこと出来てきているんです。
小出道場は、私も昔、紹介していますし
シューズメーカーが主催しているものも
いくつかあります。
銀座にランニング専門店まで作ったアシックスとか
ミズノやナイキなどもやっているそうです。

ただ、このリスタートランニングクラブが
異色なのは、
元ランナーが主導してやっている教室だ
という事でしょう。
シューズメーカーのようなスポンサーの教室じゃなく
という意味で。
(だから、指導スタッフは
 陸上ファンならミーハー心をくすぐられる面々ですよ。
 陸上ファンじゃないと知らない人ばかり
 でしょうけども(苦笑))


こういう取り組みは、応援していきたいな
と思います。
きっと大変だと思うんですよ、
こういう「アマチュアへの指導で食っていく」
という文化は、まだ日本の陸上では出来てない中
自分たちで畑を耕して種をまく所から始めないとイケナイ訳で。
でも、それだけに是非とも成功してもらいたい。
幸いな事に、
今は空前のランニングブームらしくって
そういう意味では「追い風」は吹いています。


でも
陸上に限らず、「アマチュアへの指導」というのが
お金を稼げる「新しい価値」として
社会に定着していけたら、と思うんですよね。
それは
経済という観点から言っても
「新しい産業を創った」って事になると思いますし。

(参考)
収益を得る新しい方法を考える必要性
経済で必要な事は?(クルーグマン教授の経済入門)



えっと、最後にひと言。
この件については
「消費者の立場」からの記事を
また別に書こうと思っています。
posted by めたか at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。