2005年08月14日

尾方、銅メダル!

明日も朝、早く出ないといけないので
手短かに、これだけアップしておきます。

尾方、やりましたね!
終止、集団の後ろに付ける落ち着いた走りで
前半、先頭のペースが乱高下していた時は
無理に付けずに、少し遅れた場面さえありましたが
慌てず騒がず、力を貯め続けました。
それが、終盤で活きたようです。

29キロの仕掛けには反応できませんでしたが、
それがかえって功を奏したようです。
優勝したガリフ以外では
スパートに反応した選手は落ちていきましたからね。

尾方と言えば、
円形脱毛症になるほど落込んだ所から
這い上がってきた選手として有名ですが
そこから培った精神力が身を結んだ
って事で、現役の多くの選手にも
勇気を与えた事でしょう!
(今、怪我などで低迷している選手もね。)
代表権を獲得した福岡の内容が良かったので
期待していましたけど、
やりましたね!

高岡は、また4番ですね。
(前回の東京で初優勝だったんですが、
 それまで全てのマラソンで4位だった。)
ガリフの無茶なスパートに付いて行って
(これはしょうがないでしょう、
 優勝を狙うなら付くしかない!)
スタミナを消耗してしまいました。
でも、
それで一度落ちながら、
最後粘って4位まで持ってきたのは見事!
さすが、日本のエース格だけの事はあります。

個人的に見直したのは奥谷。
10キロ手前で遅れながら、良く粘りましたね。
びわ湖でも気迫あるレースで
代表に食い込んだ奥谷。
持ち味は出し切りましたし、
団体の金メダルには大きく貢献しました!
胸を張って良い結果ですね。
入船は、課題の終盤に粘れませんでした。
うーん、なかなか、殻が破れないなぁ。
細川は、怪我をしていたそうで・・・
それで走れるほどマラソンは甘くないですね。


優勝したガリフは、強かったですね。
あんなレースされたら、どうしようもない。
気温も上がった悪条件で、
30キロ手前であれだけ無茶なスパートをして
それで最後までもつってのがスゴい!
世界陸上、2連覇ですか。
すごいですねー。
最後、タンザニアのイゼグエに
追い上げられましたけど。
(コレ見ると、マラソンって
 最後まで諦めちゃイケナイんですね。)


女子の方も、ヌデレバの連覇かな。
ラドクリフは、夏のマラソン、難コースで
最後までハイペースが持つかな?
日本勢は、原が怪我って情報がありますけど
大丈夫かな?
潜在能力では一番期待出来たんですけどねー。
あとは、
小崎が体調不良で充分な練習ができなかった
(でも、それはいつも通り、らしい)
という話が伝わってきていますね。
小崎、一度、万全に準備したレースを見たいな。
駅伝の時に見せる鬼神のような強さをマラソンでも。
一番、安定していそうなのは大島ですけど
なんとなく、入賞どまりって感じる。
(ヌデレバとかに勝てるって格を
 感じないんで・・・)


追記
間違っていましたね。
高岡の戦績。それまでずっと3位だったんですね。
どーもスミマセン。
posted by めたか at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。