2005年09月21日

スーパー陸上で好記録続出!

一応、このブログは「陸上ブログ」でもあるので(笑)
いや、真面目な話
私はどっちかと言うと陸上がメインな方なので
こっちの話も記事にしておきましょう!

私が野球三昧な旅とか
カラスコオフとかに、うつつを抜かしていた頃
陸上界では「スーパー陸上」が
行われていたのでした。

ま、花試合なんですけどね、
でも
日本の選手にとっては
世界の一流選手たちと「戦える」
数少ない機会ですので
ここで頑張って、良い経験を積んで欲しい
そういう試合です。
(あと、陸上を広める役割も
 果たしてる試合ですね。
 世界陸上で織田裕二に紹介された
 あんな選手、こんな選手が
 日本選手と戦う姿をお見せしよう
 って事です。)

で、その結果の記事を
いくつか紹介しましょう!

2005/9/19 スーパー陸上
セイコースーパー陸上2005ヨコハマ
最も若いチャンピオン・金丸の「有言実行」
金丸、高校新で初優勝/スーパー陸上
女子10代コンビ新記録連発/スーパー陸上

まず、何より素晴らしかったのは
金丸でしょう!
日本選手権も制した期待の選手。
世界陸上は(高校総体優先で)リレーのみの出場
でしたけども
花試合とは言え、世界の強豪に勝つ! とは。
既に、スケールの大きな活躍を見せていますね。

確か、法政大学に進学なので
高野門下に入るって事になるでしょうから
大きく育てて欲しいです。


女子の10代コンビも素晴らしい。
丹野は、自己の日本記録をさらに更新!
世界で戦うには、まだ1秒以上ありますので
来年は50秒台を目指して欲しいですね。

あまり取り上げられませんが
今年の小林の活躍も素晴らしい。
まだ高校2年生なんですよね!
でも、
日本選手権のチャンピオンですし
高校記録だけでなく、ジュニア記録
(18才以下の記録)も更新!
日本歴代5位にまで記録を伸ばしてきました。

ま、この種目でも世界との差は大きいんですが
古くは瀬古、その後も、高岡、弘山と
中距離からマラソンの一流ランナーに成長した人も多く
特に瀬古は、中距離で鍛えたスピードで
無敵のラストスパートを誇りました。
今のアフリカ勢のラストスパートを見ると
こういう選手でないと世界と戦えないかも
なので、頑張って欲しいですね!


この3人以外でも、好記録が出ていますね。
寺田さんの記事によると
中大の上野は内容も良かったようで
彼も、マラソンランナーとして大成して欲しいです。
posted by めたか at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7168571

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。