2005年10月22日

プレーオフについて(ロッテ優勝オメ!)

さて、プレーオフの感想を
相変わらず2周遅れくらいで書くんですが(苦笑)
(もう日本シリーズも始まるのに・・・)

あ、球界の問題についても一家言はあるんですが
時間がないので・・・
さいんさんの球界再編問題ブログを推薦しておきます。
私が重要と思う問題をほぼ、網羅しておられますので。


プレーオフ、まともに観たのは
第4戦、第5戦くらいでしたが、
面白かったです。

ロッテが2勝したってニュースを聞いたとき
「このまま3連勝しないと
 逆にロッテは厳しいかもしれないなぁ」
と思いました。
こういう、第一ステージから勢いに乗って
勝ち進んできた場合って
そのまま押し切らないと、勢いが止まっちゃうと
逆に相手に勢いを与えてしまいかねない
そう思ったんですが・・・

第3戦の結末は、それ以上で
完全にホークスに「流れ」をやっちゃいましたね。

ただし
第4戦の小林(宏)は見事だったと思います。
負け投手にこそなりましたが
ホークスの「流れ」を止めたんじゃないでしょうか。
下手すると
ホークス打線が爆発しかねない「流れ」の中で
ホームラン2発以外は完全に抑えこんだ。
それで
完全に相手に流れをやらずに接戦の流れにした事が
第5戦、ちょっとした事で「流れ」を取り戻す事になった。
ホークス側からしたら
「流れ」はこっちにあると思っていても
大して打てていないって事で
完全に自分たちのペースだってふうには思えなかったでしょう。
そういう「ペース」を作ったのはコバヒロのナイスピッチでした。
おまけに完投して救援陣に頭を冷やす時間も作ったし。
そういう意味で
私の思う「裏MVP」はコバヒロかなぁ。
(「表MVP」は里崎って思いますけど。)

でも
第4戦のホークスの継投は見事でした。
和田をさっさと諦め、
「キーマン」と期待された高橋秀を投入。
これが不幸なデットボールで裏目に出そうになると
すぐに吉武を投入。
この吉武が、この試合のMVP的働きをしてしまいます。
KBCのネット中継では
この中継を「吉武はバンド処理が名人で併殺を狙ったもの」
と言っていたんですが
(さすが地元中継、チーム事情に詳しいですね)
その「狙い」通りに3封に成功。
これでマリーンズの流れを止めました。
吉武がこのピンチを抑えると
その後、三瀬、馬原を早め早めに投入、
「攻め」の継投で逃げ切りました。
これで、ホークスの側も
「接戦でも中盤から後ろでは簡単には点をやらないぞ」
という圧力を相手に与える事もできた訳で
かなりホークスが有利な状況になったなぁ・・・
と思っていたんですけども。

そして、第5戦。
私が観た時点では、すでに2−0でホークスが勝っていて
やっぱり「流れ」の差が出たなぁ
と感じたんですが・・・
マリーンズは諦めませんでしたね。
逆に
中盤以降は、マリーンズが押し気味って感じました。

そして、
実は福浦の1点差に詰め寄るタイムリーは
地味に大きかったんじゃないかって思います。
1点差なら、ちょっとした事でひっくり返りますからね。
それが、現に起こったんですけども。
色々な人が指摘している、早坂の7回のファインプレー!
これ、本当なら抜けていましたよね。
抜けていれば1点。川崎MVPだったでしょう。
初芝の「神の内野安打」もポイントでしたけど、
それ以上に大きかったのは、福浦のヒットの時の走塁ですね。
あそこ、非常に難しい場面で、
足の速くない初芝がよくセーフになったと思います。
ライナーで2塁手の近くに飛んで
「飛び出す訳にはいかない」つまり
ハーフウェイで抜けたのを確認してからスタートし
ライトが前進してきて矢のような送球をセカンドに送ってくる中
(これも好プレー!)
なんとか滑り込みました。
ここ、アウトになったら完全に流れを失っていたでしょうしね。

でも、次のサブローが強行して内野フライ。
サブローは、この第二ステージ、完全にどツボでした。
ここ、日本シリーズでは手を入れる必要がありそうです。
しかし
このシリーズ当たっていた里崎が、あわやホームランの当りで・・・

でも、
続くピンチを馬原が踏ん張り、試合を決めさせません。
この辺はさすがに、第4戦で力を見せつけたホークス抑え。
それで
8回裏の薮田は、ピレッシャーでガタガタでしたね。
ここ、よく0で抑えられたと思います。
逆に9回のコバマサは、セカンドにランナーを送られるものの
ピンチには慣れた選手(笑)
ピッチング自体はまずまず、安定していました。
最後、このシリーズ絶好調の川崎をフライに抑えてゲームセット。


結局、このシリーズは
ロッテの投手陣がホークス打線をほぼ抑え込んだ
そういうシリーズだったなって思います。
先発の4人は、誰もが高いレベルで安定し、
中継ぎ、抑えも、駒は揃っています。
コバマサの劇場以外、大きく崩れなかった。
ホークスの投手陣も、かなり健闘したんですが
マリーンズ投手陣がその上を行った、
攻守を連発した守備陣と併せ
マリーンズの守りの勝利って言えるでしょう。

でも、
どの試合も手に汗握る展開で
非常に密度の濃い、面白い試合だったと思います。
(って第3戦までは生で観てませんが。
 あとで活字情報で知っただけですけども。)
やっぱり、短期決戦って面白いですね。


・・・んで
未だにプレーオフ制度に対し
「フェアじゃない」なんて言う人が結構居るんですよね。
それに対し、反論をしたいって思います。

まず、さぁ・・・
「1位のチームではなく2位のチームが
 進出する事になった」
って事を理由に「フェアじゃない」って言うのって
馬鹿じゃないかって思う。
(あえて過激に言いますわ。)
だって
1位のチームがそのまま進出すべきだって言うなら
そもそもプレーオフの必要ないじゃん!

こういう事もあるのが
「プレーオフ」って制度な訳で
だからこそ、下位のチームも優勝の可能性がある
って事でしょ?

もっとも
もっと上位チームに有利になるように
制度改革するってのは賛成ですよ。
(特に王さんの
 「1位の方が試合感覚が空いて不利」
 って指摘は考慮の余地があるでしょう!)
だけど
「そもそもプレーオフは」ってのは、なぁ。
それでパリーグがかなり活性化しているのは事実なんですし。
(特に、
 セリーグのファンが反対しているのは
 筋違いだろって思う。)

あと
こういう「リーグ戦やって上位チームで決勝トーナメント」
って形式は
オリンピックを始め、多くの国際大会で採用されてる方式
なんですよね。
(日本でもバレーやバスケのリーグで採用されています。)
それも「不公平だ」って中畑みたいな事を言うんですかね?

「1年間戦ってきた結果が反映されない」
って言うなら
オリンピックとかって、
その時たまたま調子良かった人間が勝って
その時たまたま調子悪かった人間が可哀想だ
だから、この1年間の結果を反映させるべきだ
みたいな「オリンピック自体を否定する事」も
言わないとイケナイんじゃないかって
思いますけども(笑)


って事で
「プレーオフの改革をしよう」って意見には賛成。
だけど
「プレーオフ自体に反対」って意見には
大いに反対したいって思います。
だって、面白かったですからね、去年、今年って。
(また終盤のプレーオフ進出争いも、ね。)
posted by めたか at 11:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もプレーオフは賛成です。

何をやるにしてもまずはやっていかないと

良いものは作れませんからね。

それにプレーオフによって消化試合を削減でき、

無駄な試合を作らなくて済みます。

若手や控えの選手育成にも時間を使える。

ですので、選手を終盤まで無理して使う必要もなく

なり、怪我防止にもつながります。

かつ、プレーオフに出れば、あれだけ緊迫感がある

試合になりますので、

結果選手にはレベルアップも出来、

かつ疲れたら休めるメリットがある。

これはかなり選手には大きなメリット。

これを実践して層を厚くしたロッテのバレンタイン

監督は非常にすばらしい。

プレーオフ制度をよく理解しています。

反対にソフトバンクは選手育成をせず、主力で

固定し、控えや若手は育っていません。

これは現セリーグの選手起用法です。

ここが2年続けて負けた敗因でもあると思います。

100%ルールに納得がいくスポーツは

この世におそらくないでしょう。

なので不満が出るのは当然だと思います。

いくら改善をしていっても解消される日は

来ないと私は思います。

新しいプロ野球の

プレーオフというものをよく理解して

新しい違った見方をしていかないと

楽しめないでしょうね。

人間はいい加減な生き物なので

いずれプレーオフ制度に慣れてしまえば、

文句言うのも忘れて楽しむ人が

増えてくると私は思っています。

毎日することと同じように習慣づくまでは

時間はかかるでしょうけどね。

白熱したプレーオフ制度を07年度から導入

予定のセリーグですが、以前反対の中日。

しかし未来のプロ野球を背負っていける

すばらしいプレーオフという制度を

もっと理解し、2年後に

ぜひ導入してもらいたいですね。













Posted by イサコニ at 2005年10月23日 18:24
コメントありがとうございます。

ソフトバンクの下り当りには
ちょっと賛同しかねる所はありますが
(ちゃんと説明できる体調ではないので
 こちらのブログでも↓)
http://blog.goo.ne.jp/hot_soul0803
ボビーはさすがにメジャーで知ってる分
プレーオフ制度の戦い方は上手かったですね。

やっぱり
リーグが活性化するという利点は
スゴく大きいって思うんです。
なんで、
少しでも良い制度に改良するって考えで
上手くやっていって欲しいですね。
Posted by めたか at 2005年10月23日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プロ野球界の動向
Excerpt: いつも拝見させてもらってる野球ブログって 多くないんだけど、そのなかのひとつめたかさんの 「スポーツが好きです@SeesaaBLOG」を見てて こういう風にプロ野球を観戦したいなーって思ったのと..
Weblog: †プロ野球界を救え!ファンとしての新規参入 ?? 巽のブロ...
Tracked: 2005-10-22 16:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。