2005年10月25日

日本シリーズ第二戦

なんか、まじめに感想を書く気がなくなるような
試合でしたね・・・

「試合勘が鈍っていた」以前に
そもそも、決戦という緊張感が感じられない
そういうプレーが阪神側に目立ってた
と思います。
これはもう、実力差うんぬん以前の問題。
だって
今日の試合のポイントとなったのは
先制点を与えた今岡のエラーだったり
(シーツのエラーという話もありますけど)
3回の藤本のバント失敗だったり・・・
あと
今後のシリーズに向けて、少しでも良い材料・流れを
作って終わりたかったところで
江草の3連続暴投とか・・・ねぇ。

「打線の試合勘」って事よりも
守備とか細かなプレーでの緊張感の方で
「緩んでしまったもの」を感じるんですよね。

まぁ、さすがに危機感を感じてるでしょうから
甲子園に戻れば、そういうのはなくなるでしょうけど・・・
だけど
そうこうしている間に
色々なアドバンテージを相手に与えてしまってんのよね。
そういう事、分かってんのかなぁ・・・
って、阪神側の姿勢をみていると思っちゃう。
なんか、色々、甘い、というか、舐めてる、というか。
(や、前回も書いたけど
 下手すると4連敗ですよ、この流れ/内容じゃ。
 そういう危機感、感じないんだよなぁ。)

まず
阪神の攻撃陣が、今後
ロッテから大量点を取るのは
難しいだろうなぁって思います。
ロッテ投手陣、守備陣は、
阪神の攻撃を抑える事に自信を持ってしまってる。
実際に、ロッテのピッチャーも守備も良いですし。
だから
仮に阪神が「自分」を取り戻しても
またプレーオフの「ロースコアの我慢比べ」に戻るだけ
そう思ってるでしょうね。
(そして、それならロッテペース
 と言えるでしょう。
 すでに2勝したロッテの方は
 あと2つ勝てば良いんですし・・・)
プラス
ロッテ投手陣が、阪神の中軸を抑え込むことに
成功していますね。
さすがに、このままでは終わらないでしょうけど
少なくとも「出鼻をくじく」事には成功してしまった。
今後、完全にリズムを取り戻すには
時間がかかる事でしょう。
と言って、他のバッターが当たってる訳でもない。
ですから
阪神の打線が爆発するってのは、難しいなぁって。

ロッテの攻撃の方でも
第一戦の感想
「この回、サブローにタイムリーが出たのも
 今後のシリーズを考えると、非常に大きい。」
と書いた事が、ズバリ当てはまっちゃいましたね。
昨日の試合を「決めた」のは
サブローのホームランでしたから。
実は、地味に西岡は抑えてきているんですが
でも先制のホームを踏んだりしている事で
そんなに「イヤな感じ」は、多分してないでしょう。
つまり
攻撃の側でも、ロッテの方に不安材料が
今のところ、ないって事になっちゃっています。
(というか、解消させてあげちゃったんだよね・・・
 実はロッテの野手陣には故障者が結構出てて
 ベストな布陣ではないんですけども。)

という事で
阪神側にとっては
「自分たちのリズムを取り戻す事」

「相手を攻略していく糸口を作る事」
を、今から1つ1つ、やっていかないといけない
そういう状況にも、追い込まれてる訳です。

これはね、かなーりヤバい状況なんですよね。
「色々なアドバンテージを相手に与えてしまってる」
というのは、こういう意味なんすけど・・・


ロッテが日本シリーズに勝ち進んで来た事で
「今年はロッテで良いかなぁ」
って思っていたのと
(ホークスや西武なら阪神を応援するつもりだった)
関西のテレビのあまりの阪神びいきな電波っぷりに
ロッテ贔屓で見ていたシリーズでしたが・・・
ここまで一方的じゃぁ、面白くもなんともない。

野球界最大のイベントが盛り上がらない
って事もあるし
今年、全く歯が立たなかったチームが
こんな不甲斐なく負けるって
Gファンとしても悔しいし
あと
「敵」に戦う以前に自滅してしまってる
ってのが今年のウチと重なって
観てて辛いんすよねぇ。
(って、おひらさんも、そう書いてますね。)
「4勝2敗でロッテ」と予想した私の立場もあるし。

なので
ここから、あと2勝分は
阪神を応援しよっかなって思っています。
次戦(もう今日だ・・・)
下柳ーJFKでなんとか「0」に抑えるくらいの気持ちで。
そうそう点は取れないでしょうから
「我慢比べ」に持ち込みましょう。

(阪神が失敗したのは、
 今シーズンの予想でも書いたけど
 阪神の投手陣って若いんですよねぇ。
 それだけに悪い流れを切り替えられる
 ベテランって下柳しか居ない。
 それだけにもっと早く下柳を使うべき
 だったと思うんだけど・・・)


・・・じゃぁ追記部分に
簡単に第二戦のポイントを書いておきましょう。
(誰もが指摘してる事ばっかですよ)

やっぱり初回のエラー。
あれだけ余裕が合ってワンバン投げちゃイカンし
名手シーツなら掬い上げて欲しかったですね。
どっちにせよ考えられないエラー。
初戦に負けて
しかも相手は渡辺俊介で先取点はタブーな展開。
そこで相手にまず主導権をあげてしまう。

次が3回の攻撃。
ノーアウト1、2塁で
よりによって
「バントができなくて2番打者失格」になった
ポップ王・藤本に回ってくるあたりに
ツキのなさもあるなぁって。
ランナーが2人ともベテランで
盗塁する訳にもいかんし(苦笑)

あとは
中盤は安藤が良いピッチングをして
阪神側に良い守備も出て
阪神が押し気味、だったんですけどね。
サブローのホームランは見事でした。
でも
そこで安藤がキレちゃったのがなぁ。
確かに
この試合は「敗色濃厚」にはなったけど
初戦、大敗してる訳で
ここでキレちゃう事の意味を
考えて欲しかったかなぁ。

江草はまぁ
気の毒だったとしか言いようがない
んですけども・・・
チームに喝を入れるって意味で
藤川を投げさせても良かったのでは。
「負けゲームでわざわざ相手に見せる必要ない」
なんて言ってる間に
短期決戦、終わっちゃいますって。
単に抑えるってだけじゃなく
「攻撃に勢いを与えて」抑えるってのが出来るのは
藤川しか居ないんですから・・・
負けは負けでも、
渡辺をマウンドから引きずり降ろす事をすりゃ
次以降に繋がっていくんですから・・・

ロッテは
こういう展開でも相手に隙を見せない
ってあたり
「短期決戦が分かってる」なぁって。
(プレーオフ第3戦で懲りたんでしょうけど)


って事で、
今日はもう、下柳次第です。
シーズン中も、悪い流れを何度も断ち切った
下柳ですから
やってくれる事でしょう。
相手はコバヒロ・・・強敵だなぁ。
posted by めたか at 05:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8532663

この記事へのトラックバック

【2005試合短信ファイナルラウンド】日本シリーズ第2戦(10/23)
Excerpt:  自分たちの野球ができるチームが試合を制する、そんな当たり前のことを再認識した試合でした。ただ個人的にはどちらのチームがボロ負けするのも、またそれを肴に騒ぐ連中も見たくないので、阪神には奮起してもらい..
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2005-10-25 07:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。