2005年10月27日

日本シリーズの総括(ロッテおめ!)

1日遅れましたが、とりあえず
日本シリーズの総括をしましょう。

まず、精神的な事を書きましょう。
ロッテの方から。
「プレーオフを勝ち上がる」というのは
単に勢いを付けるって事だけではなく
倒してきた相手の「想い」というのも引き受けていく
そういう意味合いもあるのかなって思いました。
つまり
西武、ソフトバンクの分も戦わないとイケナイぞ
みたいな感じで。
(特にホークスに対しては
 「無様な戦いをしては申し訳ない」って思いはあったでしょう。)
これはきっと
ホークスの方が勝ち上がったとしても
そういう想いを背負って戦っただろうなって思うし。
そりゅあ、そんな想いを背負ってる分
阪神より、強いよなって・・・
(これは、去年の西武についても
 なんとなく感じていた事でもあるんですが)

プレーオフ制度について
不公平だ、みたいな事を言う人が多いけど
でも、これって
単にこういう精神的な部分の効果の方が
大きいんじゃないかって気がしています。
だって
「データ分析」という点で言うなら
短期決戦を勝ち抜くのを見られている分
パリーグの方が手の内を見せている訳で、不利でしょう。
(そういう意味合いもある
 って話です。
 それを、どう活かすかってのが、
 そのチームの腕の見せ所って事で。)
そういう意味で
「不公平」というのは、ちょっと違うように感じます。


一方
阪神の側について言うなら
(2年前に負けた)「ホークス」に
こだわりすぎたんじゃないかって思う。
それで
ホークスが負けて出てこないってなった時点で
モチベーションが下がってしまった
みたいな空気を、すごく感じてしまいました。
この辺が、
「ロッテを舐めていた」みたいに取られた
(そう取られても仕方ない戦い方だった
 と思いますよ。
 ロッテファン、怒っていましたし。)
あと、対策も充分でなかった原因じゃないでしょうか。

また
「ホークスじゃなかった」事で
パリーグのプレーオフを批判する輩まで
たくさん現れたのは、正直、鼻につきました。
ホークスファンが「不公平だ」と言うのは、
まだ分かるんです。
だけど、基本的に違うリーグのファンである
阪神ファンが余所様のリーグの制度をどうこう言う事に
烏滸がましさってのを感じるんですけども。
それもこれも
「ホークス」にこだわり過ぎたって事かなって。
「リーグ優勝」というのは
「パリーグの代表チームと戦う権利を得た」
って事であって
「ホークスと戦う権利を得た」
って事じゃ、ないんですよね。
2年前の「久々の優勝」で果たし得なかった
日本一の相手、ホークスを倒したい
という「阪神ファンの物語」は分かるんですけど、
別に
野球界は「阪神の物語」に合わせて
進んでる訳じゃないんですよ。

とにかく
今回、阪神が無様な戦いをしてしまったのは
「制度」の問題ではなく
ただただ、「阪神の側の問題だ」
という前提で、話をして頂きたいと思います。

(あ、これは
 プレーオフに文句を言ってる人だけに向けて
 ですよ。
 また、「セリーグもプレーオフしよう」
 という意見は、賛成しますし。)

(でも、特に投手陣が経験不足の若いチームなんで
 短期決戦で歯車が狂うと
 無茶苦茶になっちゃうってのは
 仕方なかったんだなぁって思います。
 私は、シーズン中にそういう事があるんじゃないか
 って予想だったんですが
 日本シリーズで、それが出ちゃったって事なんでしょう。
 ・・・と、フォローはしておこう。)

で、試合の内容の方を書いていきましょう。

###
第4戦について言うなら
阪神が勝つチャンスは、充分にあったと思います。
その悉くを
バントの失敗やらゲッツーやらで潰した。
今回のシリーズの敗因は
ロッテの研究の成果によって
ゲッツーを取られまくったシリーズだった
という事でしょう。

今日、阪神ファンの同僚に聞いたんですが
今シーズン、岡田監督は
殆どバントをさせて来なかったらしいんですよね。
それを
大舞台でいきなりやれって言っても無理だって。
でも
これだけゲッツーを取られちゃうと
バントせざるを得ないふうに追い込まれた・・・
って事みたいですね。
(多分、バントはあまりないって事も
 研究されて分かってたんでしょう・・・)

それでも
一番のポイントになったのは
6回、矢野の打席でしょうね。
ここをゲッツーに切ったのが大きかった。
このシリーズ始めて、阪神に大きな流れが来ていた
って場面だっただけに・・・

もう1つのポイントは
9回、やはり矢野の打席。
矢野って器用なバッターというイメージがあったので
バントも上手いんだろうって思ってたんですが
阪神ファンに言わせると、下手だったそうで。
そこにバントをさせるって事も
打ち上げた事も、・・・ですけど
一番ダメなのは代走の久慈。
あそこで飛び出すかぁ。
いや、確かに今江は良く取ったけど
上がった瞬間に、戻れるようにするのは基本中の基本。
また
飛び出してしまって間に合わない
ってなっていても
1塁には死んでも戻る、みたいに
頭から飛び込まないと、さぁ。
なんで諦めたように、ゆっくり戻ってくるかなぁ。
や、
このプレーに限らず、阪神に
「がむしゃらさ」みたいなのを
最後まで感じなかったのが残念です。
セリーグ終盤、中日との天王山で
審判の判定に怒って「無茶苦茶やったれ」
みたいな気迫を観たかったんですけどねぇ。
投手陣は、意地は見せたって感じですけども・・・

あと
8回のシーツのバントフライは
阪神ファンの批判は多いけど、
それは結果論って私は思います。
あれ、ちゃんと転がせていれば、
すごく大きなプレー
だったんじゃないかって思うんですよね。
ああいう、相手の意表をつくようなプレー
あまりなかったでしょう。
1回の鳥谷のセフティーだって
相手は意表をつかれて決まったんですし。
そういう
「なんとかしよう」って意図を感じるプレーだった訳で
そういう前向きな意味での失敗は
私は、あまり批判しなくても良いんじゃないか
って思います。
(ただ、そういうプレーって
 ちゃんと機を観て臨機応変にやるべきで
 あの高めのくそボールでやる必要はなかったけどね。)

ロッテは
この日は、李スンヨプの独り舞台でした。
この日は結構、ミスとかも出ていたんですけどね。
でも、ピッチャーはこの日も、阪神を抑え込みましたね。
結局、このシリーズも
まともに打たれていない訳で・・・
(プレーオフでもそうでしたね。)
ロッテ投手陣の勝利だった、と言うべきでしょう。


###
このシリーズの流れを決定づけた
ポイントと言えるプレーは
2つ、上げる事ができるかなって思います。
1つ目は、第一戦の初回、金本のゲッツー。
ロッテが阪神打線をよーく研究しているって事
それで阪神の中軸を黙らせる事になる
そういう意味で象徴的なプレーでしたし。
また
このプレーで、自分たちの研究・方針に
間違いはなかったなって自信を持った事でしょう。
一方
阪神の側は、主軸の金本が不振に陥る
きっかけとなってしまいました。

2つ目のプレーは
第一戦、5回裏の西岡のプッシュバント。
このプレーも西岡です。
このプレーは大きかったですねー。
阪神とロッテの守備力の差を感じさせた
という意味もありましたし
この「やられた」って雰囲気が
今江のタイムリー、
その後のサブローのタイムリーを
引き込んだって思います。
(そういう意味では
 阪神ベンチは、ここで何度もマウンドに行くとか
 流れを止めようと一息を入れる必要があったかな。)
サブローのタイムリーは
サブローを生き返らせるって意味でも
大きいプレーでしたよね。

この第一戦で
ロッテ圧勝の流れができてしまった
と思います。


###
まぁ、こんな所かなぁ。
あとは色んな人が色んな事を書いてるし・・・
いくつか紹介してみましょうか。

まず、りささんの文章。
それでもあなた達は私のヒーローなんだ!
私のヒーロー達(昨日書ききれなかった選手たちへ)

どんな結果になろうとも
その選手達を応援し愛し続けるのは
ファンの努め、ですよねー。

ただ、1つ目の記事は1日早かったなって
(コメント欄にも書いたんですが。)
それは、下のさいんさんの記事にも
ある話ですけども・・・


で、次はさいんさんの記事
千葉ロッテマリーンズ 日本一おめでとう!!!

特に、阪神に向けて書いてる所は
ホント、その通りですよ。
>でも、日本シリーズの舞台で
>ふがいない試合をしてしまったのも事実。
>ファンの皆さんは、(下品な野次や罵倒でなく)
>遠慮なく叱咤してあげていいと思います。
>愛情を持って選手や監督を叱咤できるのは、
>ファンの特権なんですよ。
>他球団のファンは、褒めることは出来ても
>叱ることは出来ないんです。
>この悔しさを胸に来年に繋げるため、
>しっかり叱咤して、
>それからリーグ優勝のことはめいっぱい
>褒めてあげればいいのではないかと思います。

ですよねぇ。
だから、上のりささんの記事で
「まだ諦めるな」って言えるのはファンだけ
なんですからって思った訳で・・・
(他の部分も
 マリーンズへのエールなんて
 私には書けないような事ですね。)

最後は、マスコミ批判。
ja081982さんの記事です。
阪神をマスコミがやたらと庇う件について

そうですよね。
でも、阪神ファンにも見られるんですよ
こういう論調って。
だから・・・

良心的な阪神ファンは
酷いファンの言動をどうこうするのは
難しいと思うんですけども
こういうマスコミの言動に対して
批判するのは、出来ますよね。
それはね、やっぱり、やっていくべき
じゃないかなって思うんですよ。
だって
彼らって、阪神ファンに向けて商売してるんですから。
(ただ・・・
 阪神ファンの不幸は
 「良心的なファン」が多数派とは言いきれない
 事かもしれないですよね・・・)


あと
どこで読んだかは覚えてないんですが
阪神ファンが「中日を始め他のセ球団に申し訳ない」
みたいな事を書いてたんですよ。
それは、少し心が晴れましたね。
いや
Gファンの私は、阪神の戦いを批判するつもりは
毛頭ないんですよ。
だって、そういう球団に全く歯が立たなかったのは
どこの球団なんだって事ですから。
でも
他のセ球団を代表してるんだって気持ちを
少しでも持ってくれるのなら・・・
そういうのって、力になるハズですから。
(冒頭に書いた事ですよね。
 ロッテは力にしたと思うんで・・・)
posted by めたか at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事のご紹介ありがとうございます〜。
「ホークスにこだわりすぎ」のくだり、
大きく頷いてしまいました。
そういえばファン側でも関西のローカル放送に
あまたある阪神応援コーナーでも
マリーンズに決まった時、
あからさまにがっかりしていたので
「失礼だなぁ」と思っていたんですよ。
選手の自覚無自覚はわかりませんが、
「ホークスじゃないのかぁ…」
という落胆みたいなものはあったのかもしれませんね。

>他のセ球団を代表してるんだって気持ち
終了後の各選手のコメントなどをざっと見たところ
「セの他球団に申し訳ない」
と言っていたのがパ出身の片岡だけだったというのが
興味深いところでした(笑
もちろん、他の選手も言ってるのに
報道にのってないだけかもしれませんが。
長コメ失礼しました^^;
Posted by さいん at 2005年10月28日 11:26
え〜、まだちょっと頭がボ〜っとしています。

>「まだ諦めるな」って言えるのはファンだけ
なんですからって思った訳で・・・

コメントレスでも書いたんですが、冗談でなく「諦めないぞ」って書いたつもりだったんですよ(^^;)
本当に、マジで。。。

でも、そう読めないって言うのは私の文章力のなさなんでしょうがない・・。
あの記事は球児が登板してきた時に、わ〜っと溢れ出た言葉を泣きながら羅列しただけで、「良い記事だ」とか言ってくれる人が多くてちょっと戸惑ってる状態なんです。

あと、記事中に
>いびつな日本シリーズ
と言う言葉を使ってしまったんで、負けたことを日程のせいにする論調に同調してしまったかのように見えたことを反省しています。
記事中、選手には言葉を贈っていますが、コーチ、監督、フロントには一切贈ってません。
これは明らかに球団の失敗です。
球団のミスで、こんな辛い思いをさせられている選手達が哀れで可哀相でならなかったんです。

球団のミスはひいては球界全体を良くしようと言うビジョンの欠如からなるもので、そういう大きい小さいをひっくるめて全ての流れを「いびつ」と言う表現にまとめてしまったのは、いくらなんでもまとめすぎですよね(^^;)

セ・球団に申し訳ない、って言うのは一番に頭に浮かぶことなんで、あまりに当り前すぎて返って言葉にならないです。選手もそうじゃないでしょうか?

何にしても、まだ脳がちゃんと働いてない状態です。(いつも働いてませんが・・)
おかげで包丁で指をふか〜〜く切ってしまって家事もまともに出来やしません(−−;)
ああ、私も長くなっちゃった・・・
Posted by りさふぇるなんです at 2005年10月28日 12:32
コメントありがとうございます。

さいんさん>
さいんさんとは、こっちが書こうと思ってる事を
先に書かれちゃってる事が多いんですよね(笑)

>マリーンズに決まった時、
>あからさまにがっかりしていたので
>「失礼だなぁ」と思っていたんですよ。

ですよねー。
結構、対戦相手への敬意に欠ける部分が
セのファンにはまだまだ見られるかな
って思うので
そういう事は、どんどん指摘していかないと
いけないですよね。

>「セの他球団に申し訳ない」
>と言っていたのがパ出身の片岡だけだったというのが
>興味深いところでした(笑

あー、まぁ、ありそうではありますよね。
でも
もし、逆でロッテがこういう戦いをしちゃったなら
多くの選手から、こういうコメントが
あっただろうなぁって思うんですよね。
そういう部分に、差があったんじゃないかって
思うんですよ。


りささん>
えっと・・・
こちらこそ、ちょっと気遣いが足らないリンクで
申し訳なかったです。
決して、批判的な意味でリンクしようと思ったんじゃないんですよ。
良い記事だったと思いますし。

ただ、
この辺りは、価値観の相違と思うんですが
私としては、あのような母性のある言葉って
「戦いが終わってから」かけた方が良いだろうって
思っちゃうんですよ。
いえ「まだ諦めてない」っておつもりだったと思うんですが
でも、ああいう言葉をかけられちゃうと
力が抜けちゃう部分ってあると思うんです。
それだけの話でして・・・

いびつって言う事ですが、
多分、今回の日本シリーズだけが特別って訳では
なかったと思うんですよ。
野球界には、これまでもたくさんの「いびつな面」は
たくさんあった訳でして。
選手達はこれまでも、
そんな中で戦ってきたんじゃないでしょうか。
一例を挙げると、阪神の夏の「死のロード」も
そんな「いびつな面」の1つでしょうし。
なんで
今回のシリーズに合わせて、そう書いちゃったのが
ちょっとマズかったかもしれないですね。

怪我、大丈夫ですか。
あまり考えずに、ゆっくりお休みください。
Posted by めたか at 2005年10月29日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8650949

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。