2005年10月31日

出雲駅伝の感想と大学駅伝シーズンへの展望

もう随分と経ってしまいましたが
とりあえず、出雲駅伝の感想を。
また、前の記事
「冬スポーツのススメ」と書いたので
予備知識のない人にも分かるように
という意識でも、書いてみようと思います。

えっと、まず
「駅伝の魅力」自体については
昔、ほぼ日で書かせてもらった文章を
1月2日は箱根駅伝の日!
こちらで
「ファン以外に贈る「駅伝の面白さ」について」
と言うのを書いていますので、
興味のある方はご覧下さい。

んで。
まず、大学駅伝ってのが
どんな「仕組み」になってるか、を
説明しておきましょうか。

大学の陸上の世界では
春・夏が「トラックシーズン」となっています。
トラック、つまり競技場で
他の陸上競技の種目と同時に色々な大会が行われます。
大学の世界での大きな大会は
「インカレ」という大会。
まず、各地区のインカレが5月頃、
そして、日本インカレという最大の大会が
本当は9月、でも
最近は7月に行われます。
(それは、世界陸上やオリンピックなどを外して
 という意味ですね。)

そのトラックシーズンが終わると
陸上の他の種目はオフシーズンになるんですが
長距離は、これからロードレースの季節になるんです。
長い距離は、寒い方が適していますからね。
社会人ならマラソンがメインなんですが
さすがに学生からマラソンを走る選手は珍しいので
駅伝がメインになるんです。

男子大学生の駅伝では
3大駅伝と呼ばれる3つの大会があります。
10月の出雲駅伝、11月の全日本、
そして正月の箱根駅伝の3つです。
この中で最大の大会が、箱根駅伝なんですが
実はこの大会、関東の大学のみ参加できるローカルの大会
なんですよねー。
この辺、歪んだ構造ってのがあるんですが・・・
(こういう事なんかも
 広く周知されるべきだと思ってます。
 やっぱり、改革すべき事は
 色々な所にあるんですよね・・・)

出雲駅伝は
最初に行われる駅伝で、
距離も短く区間も少ないので、
最も規模の小さい大会です。
でも、最初の大会なので
今年の駅伝シーズンの流れを展望する
という意味で興味深い戦いでもあるんですね。
でも
「小さい大会だ」という事で
経験の少ない新入生を試したり
「小手調べ」的に捉えられている
可哀想な大会でもあります(笑)

一応、
各駅伝の特徴を簡単に箇条書きにしますね。

○出雲駅伝
6区間(6人で走る)44キロ
1区間 5−10キロ

○全日本
8区間 106.8キロ
1区間 10ー20キロ

○箱根駅伝
10区間 217.9キロ
1区間 20キロ前後

一応、この辺りの事を踏まえた上で
あと、事前に書いていた展望記事も参照頂いて
以下の感想をお読み下さい。


###
結果については、こちらを参照。


事前の私の予想では
「東海大学優勝」だったんですが
結果、その予想は当たりました。
でも、
ちょっと予想と違っていましたね。


レースを振り返ってみましょう。

1区、飛ばした米国IVY選抜と法政が
2区でさっさと後退したので
2区、東海・佐藤を中心としたレースになりました。
向かい風が強かったため
集団でのレースになりましたが
ラストで10秒前後引き離すのはさすが。

ですが
3区、丸山のペースが上がりません。
逆に、駒澤・村上、中央・池永を中心とする集団に
徐々に詰められる始末。
また、その後方から追い上げてきた第一工大の留学生に
駒澤、中央らが付き、トップに追いつく。
これは東海には誤算だったか。
この集団から最初に仕掛けたのは駒澤・村上。
そのまま逃げ切る勢いでしたが
ラストに強い丸山と留学生が追い上げ
ほぼ同時にリレー。
でも、ここは村上の強さが目立ちましたね。

4区、力的に抜けてるのは駒澤・斉藤でしたが
なかなか、引き離す事ができません。
最後、引き離しますが
東海、中央に食い下がられました。
体調不良から復帰したばかりなら、こんなもんか。

5区、小差でリレーした東海、中央が
駒澤にすぐに追いつきますが
駒澤、平野は慌てず様子を見、
2.5キロでスパートして2人を引き離します。
しかし
距離が短かったのか
東海・皆倉をさほど引き離せず
ラストスパートで追いつかれてしまいます。
(ただ、内容では平野を買う)

アンカーでは
最初から向かい風の中ハイペースで飛ばした
東海・伊達に
無理に付こうとした駒澤・佐藤の抵抗は
1キロくらいでした。
逆に、それでペースを乱した佐藤は
中央・日体大に抜かされる結果に。
でも、しょうがなかったでしょう。
伊達は強かったですね。
あと、中央・上野も
ライバルとなる日体大・北村を引き離し
絶好調宣言がウソじゃないって示しました。


###
東海大学を優勝候補筆頭としたのは
3人のスーパーエースが別格の強さを持ってるから。

その3人では、エース伊達は予想通り。
ルーキー佐藤も、まずまずでしたね。
ですが
4年生、丸山はイマイチでした。
その分、他の選手が頑張りましたね。
1区に抜擢された1年生、杉本は満点デビュー。
4位で、ライバル校である
日大とほぼ同着、駒澤、中央、日体大には先着しました。
エース区間の1つをルーキーで乗り切れたのは
随分と楽にしましたね。
また
5区、皆倉のラストスパートも見事でした。
一度離された駒澤にラストのスピードだけで追いついた
そのラストは驚異的でした。
ほぼ同着でスーパーエース伊達に渡した時点で
勝負ありましたね。

最後まで争った駒澤も
最終的には4位でも、収穫の大きかった戦いでしょう。
元々、エース不在は分かっていた事。
エース次第でどうにでもなる出雲は駒澤の布陣では不利。
でも5区まではトップだった訳で
相変わらず堅実な襷リレーはさすがです。
収穫は
斉藤の体調不良でエース区間に回ってきた村上。
ここで、池永、丸山を抑える走りをしたのは
嬉しい誤算だったでしょう。
主力の井出を外して試してみた
初駅伝の平野も、
最後、ラストスパートの差で東海に追いつかれたものの
先にスパートして中央、東海を(一度は)振り切った
及第点以上の走りだったと言えるでしょう。
斉藤、藤山といった主力級はイマイチだったものの
怪我続きだった高井にも目処が立ち
まずまずと言った結果だったのでは。

中央も、5区で力つきたものの
そこまでは駒澤とほぼ同じ走りができました。
最後、上野が居ただけに
5区も食い下がれれば面白かったかも。
ただ
奥田、池永に元気がなかったのは心配かも。
逆に、小林、宮本には自信となる結果でしょう。

日体大は
1区、岩崎が全て。
あとは良く粘って3位に食い込んだものの
「勝負」は出来ませんでしたね。
地力は見せたんですが
どうも、どこかで安定しない走りが出るのは
どういう訳だろう?

日大は
2区、末吉が少し荷が重かったか。
こっちに福井を使っていれば、と思ったけど。
それより
3区、下重が精彩を欠きました。
絶対的なエース・サイモンも振るわず、
「大本命」の評判が泣きました・・・

もっと酷かったのは
順天堂。
1区、ルーキー小野が13位と出遅れると
その後も下位に低迷続け
最終的に10位に終わりました。
優勝候補に挙げる人も多かっただけに
この結果は・・・
唯一の光明が、4区板倉の区間賞。
去年までは駅伝出場のなかった選手だけに
より選手層は厚くなりました。
あとはエースの復帰待ち、ですが
それ以外の主力級も、どうもパッとしません。

そんな不甲斐ない関東勢を押しのけ
上位に食い込んだのが
第一工大と京産大。
京産大は、去年の全日本で活躍した
村刺や井川が居るだけに
それほど驚く事ではありませんでしたけど
第一工大は、さすがに予想しませんでした。
留学生を3区に起用する策が当たったんですが
その後の日本人選手も
二桁順位ながら、なんとか耐え抜いて6位。

面白かったのは
法政。
2、3区に起用したエース格の岡田、原田がボロボロで
9位に沈みましたが
1区、円井が快走。
アンカー田中も良い走りでしたし
エース格2人次第では上位も望めるかも。
亜細亜も
前半は良いレース。
エース木許を就職試験で欠いた中のレースですし
レース後、補欠選手の記録会で
大挙参加し、3位以下の上位を独占しました。
(1位は第一工大の留学生、
 2位は駒澤の主力、井出ですからね。)
ここも、層は恐ろしく厚い。


###
という事で
今後のシーズンの展望なんですが・・・
次の全日本、なんと東海大学が出場できません。
エース3人が強い事は分かっている事ですから、
それ以外の選手が増える駅伝ではどうなるか?
特に、今回良かった杉本、皆倉の
長い距離での適応を観てみたかったし
ちょっと、箱根まで謎のベールに包まれる事に
なってしまいました。

んで。
全日本では、駒澤、中央、日体大の争いでしょう。
中央、日体大とも出雲では駒澤に土を付けてる訳で
その勢いを繋げたい所。
と言っても
内容を見ると、駒澤より上とは言いきれないのが
辛い所。
本来なら優勝を争うハズの順天堂は
エース今井、松岡が、全日本のエントリーも外れました。
さすがに厳しいか。
日大は、下重の調子が気がかりかな。
スピード型の選手が多いだけに
距離が伸びると苦しいのでは?

逆に面白そうなのは
亜細亜。
木許が戻り、選手層も厚く、距離が伸びると強い。
全日本ではどんな戦いを見せるのか。
予選会で一年生が元気だった東洋
記録会で28分台が3人も出た中学はどうか?
第一工大は、3人目の留学生も使うのか?

こんな所ですかね。
posted by めたか at 00:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8783846

この記事へのトラックバック


Excerpt: 東海大学参戦用実験車STUDYCAR 05.06.13 湘南キャンパスデモ走行にて東海大学(とうかいだいがく 英字表記:Tokai University)は、東京都渋谷区に法人本部がある私立大学。法人..
Weblog: 大学受験最新ガイド
Tracked: 2007-08-01 07:46

Easy way to buy hydrocodone online.
Excerpt: Easy way to buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online consultation. Buy hydrocodone online. Hyd..
Weblog: Buy hydrocodone online consultation.
Tracked: 2008-04-07 07:31

Can you buy xanax without a prescription.
Excerpt: Xanax 2mg no prescription. Buy xanax with no prescription.
Weblog: Overnight no prescription xanax.
Tracked: 2008-04-09 12:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。