2005年11月05日

全日本大学駅伝、区間エントリー発表

実業団女子駅伝、
SACがあんまりな結果だったんで
ちょっとショックで、記事を書けずにいます。
なんで
先に、明日に迫った男子大学駅伝、
全日本大学駅伝の展望なんかを。

区間エントリーが発表になっています。

まず
駒澤が、両エースの1人・斉藤が外れました。
(左足首の故障、との事で)
また、もう1人の佐藤も万全でないらしく
4区に起用。
ピンチかもしれません。

中央も、3番手・奥田が外れています。
エース格が一人抜けると、
案外、層が薄いって思わされるなぁ。

順天堂は、エントリー時点で
今井、松岡の両エースが外れていますが
区間エントリーで、スピードNo.1の村上まで外れて
ますますピンチでしょう。

というあたりを踏まえて
分析してみましょう。


全日本は、アンカー8区が一番長くて10キロ弱、
次に長いのが1区・15キロ弱
次が4区・14キロ、2区・13キロちょっと。

駅伝の鉄則は先手必勝なんで
普通、1区、2区にエース格を注ぎ込むものなんです。
もちろん、アンカーにエースを残すのも当然ですが。

・・・なんですけど
最近は、1区ではあまり差が開かないって事で
1区にエース格を使わない事も多いんですね。

という事を踏まえて、メンバー票を見比べると。

優勝候補の一角、日体大が
なんと1区にエース・北村を起用してきました。
2年生四天王の1人、大学長距離界のエースの1人です。
他のランナーとは格が違う訳で、
逆に、ここで差を開けたい所。
また
第一工大が、出雲の補欠ランナーの記録会で
ぶっちぎりで優勝した留学生・キメリを起用。
有力校の思惑を引っ掻き回しにきました。
これが、戦線にどういう影響を与えるか?

それ以外では
駒澤は、高原台20キロレースで
亜細亜のエース・木許らを押さえて優勝した
期待の2年・堺が駅伝初登場。
さすがに北村や留学生相手は荷が重いと思われますが
どういうレースを見せるか?
日大は、チーム3番手の土橋ではなく
4番手の福井を起用。
日大の中では安定感のあるランナーですが。
中央の田村も、安定あるランナー。
奥田の使えない中では、順当な起用か。
順天堂が、出雲の1区で失敗した小野を再び起用。
それだけ期待が大きいんでしょうが・・・

それ以外では
亜細亜がエース木許、京産大も井川と
先手必勝でレースを引っ掻き回す狙いか。
木許は、箱根1区で東海・丸山と
激しくトップを争ったランナー
井川も、去年の全日本1区で
駒澤・佐藤を追い上げて2位。
どちらも力のあるランナーです。


んで、2区。
やっぱり、日大のサイモンでしょう、注目は。
それだけに、日大1区・福井の位置は気になる所。
中央の上野も、去年この区間でごぼう抜きしただけに
中央も、1区注目です。
それ以外では
出雲では怪我開けで精彩を欠いた、
順大のスーパールーキー佐藤秀和。
1万のタイムでは日本人トップの実力はいかに?
駒澤は、エースの代役として
出雲3区で好走した村上。
元々、箱根の山登りでスタミナは実証済みの実力派。
駒澤浮沈の鍵を握ります。

一番びっくりしたのは日体大。
なんと、ルーキーの石谷。
並みいるランナーを押しのけて起用されただけに
実力はあるんでしょうが・・・
1区・北村が大きなリードを作れば
勢いに乗って好走するかも、ですが、
サイモンら相手に、どう戦うのか?

亜細亜は、1区に続いてエースを起用。
板倉は亜細亜随一のスピードランナー。
京産大も、準エース村刺。

序盤で楽しみなのは
予選会をぶっちぎった東洋大学のルーキー。
1区は予選会チームトップの大西、
2区は28分ランナー市川。
東洋のルーキーコンビの実力はいかに?


3区は、一番短い(10キロ弱)ので
スピードタイプのランナーが走る事は多いです。
注目は、
駒澤の高井。
高校駅伝の4区で区間記録を作ったスピードランナーも
大学に入ってからは怪我続きで
まともに走れてなかったのですが
最近、1万mで28分台を出して
やっと本領を発揮しそうな様子。
出雲では2区で、東海佐藤には離されたものの
無難にこなしました。
今回はスピードを活かした区間に登場です。
他では
日大の秀島もトラックで好走しています。

4区は
第一工大に、出雲3区で区間賞をさらった留学生
キプコエイチが登場。
1区でも上位に居ると予想されるだけに
ここでも挽回可能な位置に居るでしょうから、
上位の思惑を引っ掻き回すでしょう。
それが
レース展開にどういう影響を与えるか?

4区では
優勝候補の大学が、エース格を起用しています。
駒澤が佐藤。
体調不良って話でしたが、回復具合はどうか?
日大も土橋。最近、トラックでも好走が続いています。
日体大も、箱根2区を走った熊本。
順大は、松瀬。
この当りが好走しないと今回のメンバーでは苦しい。
中央学院も篠藤を起用、と
超前半型のオーダーです。

5区から7区は、駒澤がさすがに層が厚い。
だけど
日体大も、それに継ぐメンバーです。
駒澤は、井手・糟谷と言った実績あるランナーを
5区・7区と言った繋ぎの区間に起用できる布陣。
でも
日大も、岩崎は本来なら準エース級。
6区の鶴留も駅伝で好走が続いています。
駒澤に大きく離されるようなメンバーではないですね。
日大は、
武者、吉岡と言ったベテランと
去年、ルーキーで活躍した阿久津。
駅伝では不安定な部分もあるだけに、どうか?

中央は、4年で初駅伝の加藤が5区。
6区中村は山要員、7区山本もやや落ちるだけに
加藤の走りは重要ですね。

それでアンカーですが、
駒澤の藤山は、さすがにエース区間を走る格では
ないように思う。
ここまでに差を開けておきたい所。
(と言っても、今年の犬山ハーフで優勝のランナー。
 ユニバ出場の選考レースだった立川ハーフに
 有力ランナーが固まったから、ですが。)
日大は下重、中大は池永と順当な所。
でも下重は、最近、凡走が続いています。
この中では日体大・保科の実績が抜けているかな。
でも
最近は駅伝で結果が出せていません。

一方、好調なのが順天堂の板倉。
本来ならエース格の選手ではないんですが
出雲・4区区間賞に続き
金沢ハーフでも優勝。
(ま、順大しか走ってないんですが)
例年、この大会で好走した選手が
駅伝シーズンで活躍しているので
今年の順大は、板倉が中心に頑張るしかないでしょう。

8区・最大の注目は山学のモグス。
予選会20キロで驚異的なタイムでぶっちぎり1位。
日本人選手に2分半以上の差を開けました。
山学の戦力から言って下位で襷を貰うでしょうが
どこまでごぼう抜きするか?


と言った所を踏まえて
大胆に予想をしてみましょう。


###
1区、第一工大・エメリが飛ばし
日体大・北村が追いすがる、という展開でしょう。
他の大学はどうするか?
日体大なので、付くしかないか。
どれくらいのペースで飛ばす事になるか、が注目。
ただ
木許(亜細亜)、井川(京産)、座間(専修)ら
実力派ランナーが居るので
ハイペース過ぎれば前を見ながら追い、
それほどなければ付く、という判断はできそう。
そこに
堺(駒澤)、福井(日大)、
田村(中央)、小野(順大)
と言ったランナーが付くんでしょうが・・・
木許に勝った堺の勢いを買いたいですね。

2区は、サイモン、上野の追い上げが見物。
大きな差がなければ、この両者がここでトップ
という展開でしょう。
順大の佐藤がそこにどこまで食い下がれるか?
駒澤・村上は落ち着いて好位置をキープ
という走りでしょう。
亜細亜、京産大もその当りの位置で推移しそう。
日体大、石谷は、この流れに巻き込まれると厳しい。
生き残れると、
日体大としては大チャンスだし、石谷も自信になる。

3区は、高井(駒澤)がどれだけ追い上げるか?
日大の秀島もスピードあるし
中央の小林も安定しているので
追い抜かれて差を開けられる、という展開はないかな。
この当りが固まって4区に渡りそう。
順大、日体大はここが不安か。
京産大はこの当りから力が落ちてきます。
逆に、中央学院は、この辺も強いので
2区で良い位置を保ってると面白いかも。

4区は、第一工大・キプコエイチの追い上げを
上手く利用できる大学があるか?
日体大当り、または駒澤は出遅れた場合が
該当するかな。
ここでは、佐藤(駒澤)、熊本(日体大)の力が抜けてるので。
ここから、両校の争いになると予想します。
どちらか前に居る側が有利ではないか、と。

5区・6区・7区は
駒澤が井手・平野・糟谷
日体大が、梅枝・鶴留・岩崎
5区は駒澤、6区は日体大が有利か。7区は互角。
そうなると
8区に保科を残している日体大が有利と見ます。

そこに続いていて3位争いを
日大、中央、順天堂でやっているとみます。
戦力的には、この順と予想。
駒澤、日体大には少しずつ離されそう。
ただ
順大6区・長門が実力を発揮すれば
ここで順位を上げる事もあるでしょう。

亜細亜、中学、京産大はこの辺から
ずるずると落ちていきそう。
第一工大は、5区でも留学生を使うので
この辺までトップ争いに絡む可能性もあって
なんで、案外、上位に残ってるかも。
逆に
法政は、前半なんとか粘って
この辺から順位を上げていきたい。
アンカーに田中が居るだけに
シード権内を射程に入れる位置にいきたいですね。

アンカーは、
日体大・保科が駒澤・藤山に勝つと予想します。
藤山も今年、好調との話ですが
出雲の1区を見ると、それほどでもない感じで。
保科も出雲でイマイチではありましたが。
その下では
中央・池永と順大・板倉が順位を上げてきそう。
下重は、最近の出来を見ると
やや不利と予想します。
それより下位では
山梨がモグスの爆走でシード権までなら
順位を上げてきそう。
5位までとそれ以下とでは差がありそうなので
ここまでならモグスなら抜けると予想します。


という事で、最終順位予想。
1位:日体大
2位:駒澤
3位:中央
4位:順天堂
5位:日大
6位:山梨学院
以下、第一工大、法政、亜細亜、中学、東洋
って感じでしょうか。
東洋は、もう少し上位に来るかもしれません。
posted by めたか at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。