2006年03月26日

【きょうろぐ】ペナントレース大予想大会パリーグ編

締め切り過ぎての参加です。
(だって、忙しかったんだもーん!)
どうも申し訳ありません。
WBC総括とか諸々は、もっと後で。
(書けるんだろうか・・・)

ホント、申し訳ないのは
開幕カードの結果を知ってしまってるって事。
もっとも
スコアだけで内容は全く知りません。
(今日は仕事と用事で家に居なかったし。
 帰ってからは、さっきまでカレーを作っていたもので・・・)


今年のパリーグは難しいんですよ。
というのは
昨年のAクラスが、それぞれに大きなマイナスを抱えて
それ以外も昨年、大混戦だった訳で・・・
しかも、WBCの影響も、
昨年優勝のロッテが主力級ごっそり参加、
昨年1位のホークスは指揮官が参加
と、「実際どうなるの?」の判断が
オープン戦で付きにくい状態で・・・
(まぁ、オープン戦は
 ほとんどチェック出来てないんだけど)

なんで、「もう訳分かんない」んですけど
逆にこういう時の方が当るのかも
(ちなみに去年の予想はコレ
 全然、かすってもいませんなぁ・・・)


1位 ソフトバンク

城島の穴は確かに大きいんですけど
でも、冷静に考えると、城島だけなんですよね。
(外人さんが1人抜けたけど、
 そっちはあまり影響ないでしょ)
プレーオフは城島抜きで戦ってたし。
尾花コーチの「穴」もありますけど
純粋に戦力を考えたなら
やっぱりココは少し抜けてるんじゃないか、と。

2位 日本ハム

昨年、なんであんなに低迷してしまったのか
自分的には不可解なんですよぉ。
小笠原の調子が落ちてたってのもあるのかな。
でも
WBCを観ると、調子も戻ってきてる
って感じたのと
新庄が今年は気合いが入ってそうなので・・・
思い切って2位に。

3位 ロッテ

セラフィニの穴って、結構大きいんじゃないか
って思うんです。
それ以外も、小坂など放出しちゃった事で
層が薄くなったんじゃないか、と思うんで。
それでなくても優勝の翌年って
色々と難しい訳で。
でも3位に留めたのは、他が・・・なんで。

4位 西武

豊田、森の穴は、かなり大きいんじゃないか
と思うんです。
中継ぎ・抑えが不安定になると、
戦いも不安定になる訳で。
若い選手が多いので
誰か出てくるかもしれないですけど
「予想」の段階では、ここに。

5位 オリックス

ノリ、清原の加入で
打線的には良いバランスになったと思います。
ただ・・・ピッチャーが。
JPの穴は大きいでしょう。
セラフィニが軸になるでしょうけど
それ以外は・・・
中継ぎ・抑えは整備されましたが
中村監督に仰木さんの綱渡り継投の
あの芸当が出来るのかって思うので。

6位 楽天

岩隈が・・・
一場、有酩、浅井らの若手投手陣は
岩隈という確固たる軸が居てこそ
「楽しみだ」と言える訳で。
一場に「軸」をやれというのはさすがに酷でしょ。
(楽しみなピッチャーですけどね。)
でも、フェルナンデス加入で打線に軸が出来て
攻撃力は去年より良いハズなので
去年のような事はないと思います。


こんな所ですが・・・
昨年の私の予想を観て分かる通り
私の予想なんて当てになりませんので
ここで悪く書かれていても
気にしないで下さい。
(というか、ここで悪く書かれていた方が
 逆に良いと言えるかも・・・)
posted by めたか at 00:30| Comment(2) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

メジャーの八百長に付き合わされる王ジャパンの皆さんはホントご苦労な事です

怒りのエントリ。
本来なら職場からはエントリしないんですが、
あんまりムカついたんで禁を破って。

まず、
そもそもがWBCって、ハンディキャップマッチな訳ですよ。
場所もアメリカ
ボールとか環境もアメリカに合わせていて
日本はそれに適応しないとイケナイ
というハンディがある。
そういうハンディをあげても、
メジャーには対等以上に勝負できるんだ
って事を示すために、王ジャパンは参加している
そう思っています。

でもねぇ・・・
審判までもがグルになってやられたんじゃ
お手上げですわ。
そもそものケチの付き始めは6回。
交代した清水が素晴らしい立ち上がりで
A.ロッドを三振に切った後
審判に何やらクレームを付けられて
リズムを崩され、とたんに乱調。
同点アーチを被弾してしまいます。
いやまぁ、これはまだ、しょうがないとしましょう。

一番酷かったのは、8回。
あの疑惑の判定。
もうね、この判定は、
日本のファンもメディアも、
韓国ばりに大騒ぎすべきですよ。
「海の向こうじゃ、疑惑の判定で大騒ぎだ」
って、メジャーやアメリカの連中に知らせないとイケナイ。
そうやって騒いで
あまりに露骨な事はできないようにしないと。

9回は、9時過ぎて仕事が始まってしまったので
どのように勝ち越しされたのかは
よく分からないですけど
8回、あれ、点が入っていれば
まず勝ちでしたよねー。

しかし・・・
ボールとか色々違うとは思っていたけど
ルールまで違うとはねぇ。
メジャーで「審判は絶対」にしてるのは
この時のためだったんじゃないか?
「足が塁に付いていても体が動けば離塁していると見なす」
なんてルールがあったなんてね。
「海の向こうには野球とはルールさえも異なる
 球技が存在した」
ってでも、言っておきますか。


##続きを読む
posted by めたか at 12:57| Comment(3) | TrackBack(6) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

Gファンブロガーの企画紹介

大阪マラソンの記事も書けてない
(まだ録画したのが観れてない状況・・・)
んですが、
(それでもきょうろぐのスパム削除は
 せっせとやってたりする。
 スパム嫌いなんですよー。)
今年の目標の1つが
「Gファンブロガーの皆さんとも仲良くする」
ですので(笑)
Gファンブロガーの企画は応援しますねー。

全国のG関係者の皆様にご連絡です!!
(ネタ元はおひらさん

要するに
ジャイアンツが公開した
優勝予告」に呼応して
ブロガーでも、こういうのを作ろうじゃないの
って企画ですね。
(ちなみにリンク先は音が出ますよ。
 注意!)


###
個人的な意見。
私は、結果は求めないって思ってるんですよ。
それより
必死に戦う姿、最後まで諦めない姿勢を観たい!
結果よりも過程で納得させて欲しい。

だから
「何が何でも優勝」って事よりも
そういう事を求めたいって感じで
まとめてくれると嬉しいなぁって思います。
なんか
「巨人ファンって、どんな事をしても
 勝ちゃ良いって思ってる」
みたいな変なイメージを持たれてる
って感じてますので
「そうじゃないんだぞ!
 私たちも、楽しい野球、良い野球を
 観たいんだぞっ!
 その上で、チームに優勝してもらいたい
 だから、内容も問うんだぞ」
って事は、言いたいって思いますので。

「常勝」のチームなんてなくったって良い。
でも
「常勝」を指向し
それを自らへのプレッシャーとして
必死に戦い抜くチームは
あったって良いと思う。

・・・んな感じかな?
どーでしょう?


(これ、誰に告知してんだって話も
 あるかもしれないなぁ。
 うちのブログの読者でGファンって
 何人居るんだろって思うし・・・)

こっちも貼っておこう。
「優勝予告。」製作プロジェクトチーム
いくつかアイデア出してます。


##続きを読む
posted by めたか at 23:37| Comment(9) | TrackBack(5) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

(お願い)きょろぐの管理を手伝って下さる方を募集中

一時的に復帰。
(というか、もうすぐホントに
 ネットに繋がらなくなるんで・・・)

今日から野球ファンになった人のためのブログ
(略称:きょうろぐ)では
運営・管理を手伝って下さる方を募集中です。
というか
私もその「募集中」という事で名乗り出て
手伝う事になったんですが・・・

ヘッドの考えでは
もう少し、中の人を増やして
たとえば、12球団の記事それぞれを書ける人間を
揃えたいって事のようでして・・・
(シーズン中の「きょうろぐ短観」を
 12球団分、やりたいって事ですね。)

今の所、中の人間は
・しけたろうヘッド(ヤクルト)
・青葉和さん(若手選手追っかけ)
・(まめ)たぬきさん(広島)
・wind-beatさん(オリックス)
・スーパーサウスポーあさちゃん。(阪神)
・めたか・守備コーチ(巨人)

という事で
パリーグでは、
ロッテ、ソフトバンク、西武、日ハム、楽天。
セリーグでは
中日、横浜。
のファンが居ません。
なので、特に上記に該当するファンに
協力頂ければ・・・
(上記ファンでないとイケナイって訳じゃ
 ないと思うんですが、
 バランス的に、揃ってると嬉しいかなって。)

あと
「中」と「外」の区別は、あんまし無い感じで
「外」の人も気軽に意見を出して頂ける
そういう感じにしていければって。
なので
きょうろぐの運営を話し合うチャットが
近く行われるようですので
是非とも参加頂ければ、と思います。
(多分、私は参加できないし、
 ここで告知もできないので、
 どうか、きょうろぐをチェックして下さい。)


きょうろぐって
結構、重要な使命(って大げさかな)を
持ってると思うんですよね。
「新たなファンに向けて」
ってだけじゃなく
球団横断的に、野球界全体を盛り上げる
そういう役割、というか。
ですから
沢山の野球ブロガーの皆さんに
気軽に「使って」もらえるブログで良いと思うんですよ。
野球関係で
何か企画をやろう、なんて際に
気軽に「宣伝」に利用してもらったり、とか、
そういうのでも良いと思いますし。
(例えば
 似顔絵大会だとか大喜利甲子園だとか、
 そういうのの告知にも利用して良いと思いますし。
 ま、ちゃんと「初心者に分かり易い」紹介記事を
 書くべきだと思いますけども。)


こんなところでございます。
うちのブログは
巨人ファンよりも、他の球団のファンに
良く見て頂いてるようですので、
結構、告知効果あるかなって。
(でも
 巨人ファンブログを、できるだけ沢山
 「きょうろぐ」に引っ張り込む
 というのが今年の大きな目標なんですけどねー。)
posted by めたか at 01:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

藤田さん・・・

私が一番大好きな監督でした。

なんか
何を書いて良いか、全く分からないので
藤田さんについて
一番良く表してると思う、次のインタビューを。
体温ある指導者

ほぼ日のインタビューです。
ほぼ日のイトイさんは、
藤田さんの事をほとんど神のように崇め奉っていて
だからこそ実現したインタビューですけども。
でも
特に「桑田のノート」の話なんて
こんな事を言える人って
あまり居ないと思います。
なんか
自分の手柄なんかじゃなく
「選手がスゴかったんだよ」
藤田さんはいつも、そんな感じだったと思う。

02年のシーズンが嬉しかったのは
原さんの野球が
あの頃の藤田さんの野球みたいだったから。
「なんだ、原野球って藤田野球じゃん」
でも、そりゃそうで、
原さんって藤田さんの直系の弟子だもん。
(実は、当時はそういう指摘って
 全くと言って良いほどメディアになかった
 んですよね。)
posted by めたか at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

プロ野球占い、やってみた

ネタ元はルパートジョーンズさん



めたか選手の成績



名前打率本塁打打点投打ポジション
めたか.2901354 右左中堅手



解説
2軍暮らしが長く、やっと掴んだチャンスでそこそこの成績を残している。明るい性格でチームを盛り上げていることも高く評価できるだろう。オフシーズンでのTV出演が多くめたかの知名度は高い。


誰ですか、これ(笑)
でも「明るい性格」は良いよねー。
スタンドプレー以外で目立てるようにしないと。


##続きを読む
posted by めたか at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

川島前コミッショナーの野球殿堂入りに疑問を差し挟んでみる

平成18年度の野球殿堂入りが発表になりましたね。
門田・高木・山田の三方や豊田氏については
何の疑問もないんですが・・・

川島氏については
単に「前のコミッショナー」ってだけ、ですよね?
それで
「野球殿堂入り」ってなるんだったら・・・

このままの流れだと
次の代のコミッショナーの時に
「前のコミッショナーだった」って事で
根来泰周「まだ辞めてないのか!」氏についても
野球殿堂入りって事になってしまわないか?

と思ったのは、私だけ?

だいたい
この川島氏って、何をやったと言うの?
表彰の説明によると
「米大リーグ日本開幕の実現」って
これ、功績か?
メジャーのマーケティング戦略に
乗っただけの話じゃん!
また「プロアマの雪解けに貢献」って
何をしたのかは分からないですけど
五輪のプロ解禁でアマ側が譲歩してきたのに
付けこんだだけって思うけど。
だって
本当の意味で「プロアマ雪解け」というなら
それらを統一する野球界の組織を作るべき、でしょ。
それを是としない、プロのオーナー達を
抑えこめてない訳で・・・


そもそも・・・

「野球殿堂」って、誰が選んでるの?
というか
「野球殿堂」って、何? どういう組織?
NPBがやってる事?

知らなかったので、調べてみました。

Wikipediaによると、
選考委員は、
プロ野球役員および元役員、アマチュア野球役員、野球関係学識経験者、計14名

で、「財団法人野球体育博物館」
(要するに、東京ドームの中にあるアレ、ですね)
がやっている事だそうで。
そこのHPを見ると、
Q&Aのページがあって、
「野球殿堂」のページもありますが、
そこを見ても、
誰が選考委員なのか、
その委員をどうやって選んでいるか、は
分かりませんでした。

この辺りの「不透明さ」は
さすがに「日本の野球界クオリティ」だよなぁ
と思ってしまった訳で・・・

とりあえず
野球殿堂に関しても、
組織とか選考過程などの透明化というのを
求めていかないと、と思いました。
そうでない、そんな組織が勝手に選んだ
そんな表彰なんて
何の権威もない!

そう言い切ってしまってもかまわないのではないか?
(喜んでる門田さん始め皆さんには悪いけど)
と、めたかは考えます。
(だってねぇ・・・
 選手として凄かった人とか、
 監督・コーチとしてよかった人とかなら
 多少、野球に詳しければ誰でも選べるよ?
 門田さんとか山田さんとかなら、私だって選ぶもん!)


##続きを読む
posted by めたか at 22:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

どさくさ紛れに元木の悪口言われるのはなぁ・・・

小坂のトレードに対して
ロッテファンが嘆き悲しむのは分かるし
その矛先を読売バッシングに向けるのも
嬉しくはないけど、理解できなくはない。
(ただ、今回の件は
 やましくはないですけどね。
 後で説明しますけど)

ただ
その小坂の背番号が2という事で
前に元木が付けていたから
「小坂が穢された!」みたいに
元木をばっちいものみたいに扱われるのは
元木を好きだった人間としては
我慢ならない。

というか・・・

そんな事を言う人って
元木のグランド外でのチャラチャラしたイメージ
だけで判断して
元木がどんな選手だったのか、なんて
知らないんじゃないかって思う。
そんな
一方的なイメージだけでこんなふうに言われるって
しかも引退してしまったから
その評価をもう覆す事もできない訳だから
ここで私が反論しておく。

元木って
もの凄く、玄人好みの選手だったんだぞ!

長嶋監督が「クセ者」って名付けてましたが
確かに、そういう選手だったんですよ。
特に、対戦相手のピッチャーとか監督とかに
嫌がられた選手でしたよ。
(だからセリーグのファンは
 元木の怖さは良く分かってると思う。
 や、分かってない人も居たみたいですがね。)

例えば
絶好調の相手ピッチャーに対し
配球を良く見て完全に山を張って
決め打ちでスタンドに放り込んだり、とか
勝負を決めたり流れを大きく変える事を
良くやっていた選手です。
(それで逆にあっさり凡退も
 結構していたんですけどね。
 それは読みが外れたって事で・・・)
足が遅いので鈍重なイメージがありますが
守備は堅実でどこでも守れるユーティリティー、
実際、あちこちを守らされていました。
二岡が怪我ならショート、仁志がいなけりゃセカンド
サードもファーストも守りました。
(2003年に仁志と激突した時に
 守っていたのはファーストでした。)
外野を守った事さえ、あったんですよ。
守備は、上手くはないけど下手でもないし、
決して手を抜く選手ではない、
手を抜く選手なら仁志との激突もなかったでしょう。
隠し球も得意でしたが
それって冷静な観察力がないと
できないものでしょう。

少なくともそのプレーぶりからは
不真面目な選手ってのは
ないんですけどね。
とても良い選手だった、と思います。


元木を悪く言ってる人たちって
元木のプレーをどれだけ知って言ってるんでしょう?
知らずに言ってるなら、
こう言ってやりたい。

パリーグのファンは良く
「パリーグの野球を見もしないくせに」
みたいな事を言いますけど
自分だって
良く知らない選手を見もしないで
イメージだけで悪口言ってるじゃねーかっ!



まぁ
入団の経緯は褒められたものじゃないし
まだやれる力があるのに
巨人に戦力外通知されたからって
あっさり辞めちゃうって事で
イメージ悪く思ってる人は居るでしょう。
でも
他の球団のファンだって
自分のチームに操を立てる選手なら
可愛がるんじゃないですか?
ここまで元木が悪く言われないとイケナイ
言われはないと
主張しておきます。
(しかも、正面から批判するんじゃなく
 こんな時にどさくさ紛れに
 しかも「既成事実」みたいに言うのは
 非常にたちが悪いと思う。
 自分のチームで長く働いてくれた選手が
 こんな言われ方をしたら
 怒らないですかぁ?
 「怒らない」と言うなら
 じゃぁロッテの選手に対して
 こういう扱いをして差し上げましょうか?)


##続きを読む
posted by めたか at 04:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

清原選手に思う事

清原がオリックスに入団表明しましたね。
なんで、
こっちの記事を先に上げます。
この件は、
前のオフ会で喋った内容なので、
書く内容は決まっていますし。
(ちょっと、仰木さんの死で、
 入団の意味合いが違ってきてる部分も
 少々、ありますけど
 でも「本質」は、そんなに変わってない
 とは思いますので。)


まず、
今年、清原が戦力外になった時に
私はこんな事を書いたんですけども
でも、こういう意見は巨人ファンの中では
相当に浮いていた、という事は
指摘しておきます。
つまりね、同情論は少なかった、と。
私も
今シーズンの清原に関しては、
同情する部分はあまりないなぁ、と思う。
ある意味
今シーズンの巨人は清原と心中したんだと思うし
その「賭け」に負けた訳でしょう。
(他にも原因はいっぱいあったと思うけど
 でも「打線の中心」が全く機能しなかった
 って事も大きな一因でしたよ)
今シーズンの巨人の低迷の戦犯として
清原は責められるべきだし
清原はそれだけの選手なんだ、とも思う。
実際、
成績も悪かったし。
数字も酷いんですけども、それ以上に
実際に試合を見ていた人間としては
清原で打線がプツンと切れてしまった、って事が
ずっとあった訳で
(まぁ、ローズ、そして序盤の小久保も
 打線を切っていた、んですけど。
 今年の小久保は帳尻しただけですよ。)
印象としても「清原でダメだったシーズン」と
感じています。

元々、昨シーズンの清原が
まともにチャンスを貰えなかった、という事で
「清原にチャンスを与えてやって欲しい」
というファンの雰囲気があった訳で。
その通り、今シーズンは十二分にチャンスが与えられて
それでダメだったんですから
「もうダメだよ」というのは
しょうがないでしょう。
加えて
清原が打てない事で、チームの雰囲気自体が
悪くなってしまっていた側面も
無視出来ません。
(そういう意味でも「心中」だったです)
これは、清原自身の「我がまま」って面も
あったのかもしれないですが
同時に、清原という選手の存在感の大きさも
あったんだろうと思います。

だから
巨人が「清原は要らない」となったなら
他でチャンスをくれる球団に行くしかない
んですけども
でも
そういう選手だけに、使いづらいですよね。
だから
清原にラブコールを送る球団って
なかなか、ないですよね。
1球団を除いては・・・

その球団が、オリックス合併球団だった訳で。
清原が自由契約になった時からずっと
ラブコールを送り続けていましたし
(他に取りそうな球団もなかったのに)
随分と下手に出た交渉をしていました。
でも
こういう「使いづらい」選手でもある清原、
オリックスが、純粋に戦力の評価として
ここまで熱烈に歓迎していたか、というと
疑問だと思います。

これは
仰木さんの死の際に出てきた話でも
浮き彫りになっていたと思いますけど
「球場に客を呼びたい」という話がある訳ですよね。
合併で求心力が無くなった
不人気球団・オリックス。
只券を配ってでも球場を埋めようとしてるくらい
集客に苦戦しています。
ここに「国民的な人気のある」清原を呼ぶ事で
なんとか球場に人を集めよう
(というか、もっと正直に言えば
 「マスコミを集めよう」だと思う。
 それで「宣伝効果を高めよう」という狙いですね)
・・・ぶっちゃけて言いましょう
要するに「客寄せパンダ」にされたって事です。

だからこそ
オリックスだけが、これだけ熱心に
清原を誘っていた証左だと思う。
でないなら
「戦力として」評価されるのなら
他でも欲しがる球団があってもオカシクないでしょ
でも
マスコミが「あっちの球団か」と報道される度
その球団が否定する
という動きがいくつかありましたもんね。

つまり
今のNPBでは、清原は
欲しい戦力としては見なされていない
という事なんでしょう。


清原たるもの、随分と見下されたものだなぁ
と思いますね。
だけども
今年の巨人での状態を見ると
それも妥当な評価かもしれない、とも思う。
(今年が特別悪かった訳じゃない、ですからね、
 その前もずっと、フルシーズンでは
 戦えてなかった訳ですしね・・・)

見返すしかないんじゃないですか?
見返そうとしないと、男が廃るでしょ?

でも、
そんな「評価」でも
たとえ「客寄せパンダ」だとしても
三顧の礼で迎えてくれて、チャンスをくれる
そういう場がある。

多くの選手は
「見返す場」すら与えられずに
去っていく事になってしまうのに

清原には、その場が与えられる。
来年がある。

それはとても、幸せな事じゃないでしょうか。


そして。
個人的な思いを言うならば
清原には「もうダメだ」という評価を覆して
もう一花、咲かしてもらいたいと思う。
高校の時から
すごい選手として「伝説」を見てきた人間ですからね。
その「伝説」が
こんな形で幕引きされて欲しくない、と思う。
「そら見ろ!
 清原はやっぱりスゴい選手なんだぞ」
って言いたい、と思う。

そして
きっと、それは私だけじゃないんじゃないか、
と思うんです。
清原の「伝説」を見てきた人なら
あのスゴかった清原をもう一度見たい、
「そら見ろ!」と言いたい
って、心のどこかで思ってる人
いっぱい居るだろうと思うんです。

それだけ多くの人に
「復活」を期待されてる選手だと思う。
そんな選手、あまり居ないですよ。

そういう意味で
清原は、幸せな選手だと、思うんです。


##追記部分はオリックスファンへのお願い
posted by めたか at 01:05| Comment(5) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

嘘だろっ(涙)

ちょっと、何も考えられません。
訃報:仰木彬さん=前オリックス監督

ただ1つ、思うのは
今年、監督を引き受けたのは
文字通り、命がけだったんだなって・・・
(それに対し思う事もないでもないけど
 でも、仰木さんが自分で選んだ事だから
 とやかく言うのは失礼だろうって事も思う)


仰木さんと言うと、忘れられないのが
10.19
その翌年の優勝。
日本シリーズは、私は巨人を応援していたけど
近鉄も好きだったから複雑でしたね。
でも、考えれば幸せなシリーズだった、かな。
その後
オリックスで日本一になった時の相手も、巨人。
この時は、ぐぅの値も出ない程、やられちゃったんですが
(日本一になった瞬間、テレビだったかラジオだったか
 から「ロッキーのテーマ」が流れ出したのは
 どうにかならんか、と思った)
仰木さん相手だから、仕方ないなって思った。
前の、近鉄時代の借りを返されちゃったねって。

とにかく
仰木さんの下では、
選手が伸び伸び、野球をしてるように見えた。
それが、嬉しかった。

なんか、まとまんないっす。
未だに信じられない、信じたくない気持ちです。
posted by めたか at 23:39| Comment(3) | TrackBack(5) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

ファイティーに年賀状を

ブクマでも紹介しましたけど
こちらでも紹介しておきます。

所長の記事で知ったんですが、
こーゆー企画があるそうです。

ファイティーに年賀状を送ろう!

こういう事を続ければ、
ファイティーを忘れない・風化させない事が
できそうですよね。

バフィーには、年賀状を送る先がない
ってのが、悲しいなぁ・・・
posted by めたか at 22:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

WBC日本代表メンバー決定

んで、野球の方の「W杯にあたる大会」

イチロー、井口ら29選手!松井秀は返事を保留

色々と事情があるのは分かりますけど
「これが最強メンバーか」と言われると
疑問を差し挟まざるを得ない、ですよね。

って事で、
ちょっと提案。
自分だったら、誰を代表に選ぶか
ちょっと挙げて見ましょう。
多くの人が挙げるメンバーを見ると
「どこがおかしいか」ってのが浮き彫りになる
んじゃないかなって思うんで・・・

とりあえず
メンバー構成としては、ここと同じで、
投手13人、捕手3人、内野手8人、外野手6人
(松井を含む)として
選んでみましょう。


##続きを読む
posted by めたか at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

シコースキー解雇、なんで?

昨日、疲れていてネットニュース見てなかったので
(知ったのは今日の朝。)
出遅れ反応ですが
ちょっとこれだけは納得いきません。

シコースキーの退団発表 巨人がウエーバーを申請

これだけは納得出来ないです。
だって
シコースキーは今年、最も貢献した選手でしょ。
それを切るってのが信じられないし、納得も出来ない。
下に列挙しますが、
巨人ファンのブログでも概ね、
この施策には納得出来ない、という反応が多いよう。
巨人ファンの心証も良いし
腕を回すパフォーマンスは他球団のファンからも
歓声が上がる程でしたよね。
もちろん
巨人ファンでも、中盤以降に投げるピッチャーで
最も歓声や拍手の多い選手だったでしょ。

戦力構想から漏れたってのも
何考えてるのか分からない。
使い勝手だって良いし、
林を先発に持ってくるって話があるなら
中継ぎ・抑えにフル回転できるピッチャーが
いくら居ても邪魔にならないと思うのに。

まぁ
シコースキーなら他の球団、放っておかないでしょう
行き先については心配していません。
使える中継ぎが欲しい球団は山ほど居るし。
だけど
Gファンとして、この決定をした人間の判断力に
不安を感じてしまいました。


Gファンの反応集(トラックバック送付先)
シコースキーを解雇とは・・・
 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
巨人、一軍外国人選手全員解雇
 (FITNESS DIARY)
シコースキーのウエーバー公示手続きを申請
 (GIANTS LEGENDSブログ)
なんで?
 (ちみちみコラム)
まさか優勝は狙わないとか?
 (頑張れ原ジャイアンツ!選手応援ブログ!)
巨人が、1軍外国人をすべて解雇
 (「たぬ馬」の目指せ!ういにんぐ馬券)
WHY?
 (木佐貫フォークぷれぜんつ)
シコースキーが解雇!?
 (LARGO DRIVE(ラルゴドライブ))
ブライアンに戦力外通告!納得するのは不可能だ!
 (オールマイティにコメンテート)
(他にもまだまだあったんですが
 さすがに疲れてきたので
 ブックマーク及びアンテナ・RSSリーダー登録
 してるの中心にしました。ゴメンナサイ。)


うーん・・・ホントに納得いかないなぁ。
中日の大西を採ったり、とかは良いと思うんだけど。
でも
野口や豊田に固執するより、
シコースキーをちゃんと繋ぎ止めておく方が
大事だったんじゃないかって思うけども。
(FAの失敗例には懲りてるでしょ?)
posted by めたか at 23:48| Comment(3) | TrackBack(4) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

野球関係、雑感(051105版)

色々と思う事を。

ナベツネの発言を取り上げる際には
「裏金問題の責任を取って辞めたハズなのに
 いつのまにか復帰してるけど
 責任はどうなったの?」
みたいな枕詞を一々付ける事にする事を
提案します。
例えば

楽天問題について
「裏金問題の責任を取って辞めたハズなのに
 いつのまにか復帰してるけど
 責任はどうなったの?」巨人の渡辺会長が
こんな事を言ってます・・・

みたいな感じで。
もう、毎回毎回、一回一回、一々付ける。
そうやって
彼の発言のプレゼンスを落とすってのを
やらないと、ダメだと思う。
面倒くさいけど、どうせコピペするだけですし。


表彰選手ですが
セMVP金本は、まぁ妥当だと思います。
個人的には藤川って思いましたけど
金本にも随分、やられたし。
どっちかが取るべきって思ってましたから。
パの杉内は、ちょっと意外かな?
松中かなぁって思っていたので。
新人王は、両方とも、それしかないでしょって結果で。


ストーブリーグネタは
個人的にはあんまし・・・なんですが
巨からみでは、大西の補強はヒットだと思う。
後藤を切っちゃったからね、
そういうタイプの選手、必要でしょう。
ピッチャーの、野口、豊田は
そこまで無理して取りにいかなくても良いのでは?
せっかく尾花コーチが来て
くすぶってる若手投手陣に喝を入れてるんですし。


あとは・・・駅伝ネタを書きます。


あ。忘れてた。
続きは追記部分に・・続きを読む
posted by めたか at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

プレーオフ改革私案(たたき台)

あまりごちゃごちゃ説明せず
単に案だけ提示して放り出します。
面白いなって思った方は
これを元に、色々とこねくり回して練り上げて
まともな良い案に仕立て上げて提案してみて下さい。

まず
プレーオフは何チームでやるか
ってのも問題ではあるんですが
とりあえず、現行の3チームという事にします。


ちょうど
大相撲の「巴戦」みたいに進める方式です。
まず、
1位と2位が対戦し、勝った方が3位と対戦します。
これに勝ったチームが、
残っているチーム(初戦に負けたチーム)と対戦
という繰り返し。
それで、一番最初に、合計の勝利数が3勝
(ここの数は調整可能)したチームが優勝。

引き分けの取り扱い方とか
ハンデの付け方とか
色々なやり方はあると思います。
3チームでやる、間延びしない短期決戦
(で、どの場面でもチャンスは残ってる)
という意味で、スリリングな戦いは出来ると思う。
(色々な場合を想像してみて下さい。)


・・・実際の運用には
ホームの扱いとかハンデの付け方とか
色々な微調整はすべきだと思いますけど、
それもやり易いと思うし・・・
どうですかねぇ。
posted by めたか at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

星野さん見損なった

ご本家にリンクしてもすぐ消えるんで
りきさんトコをリンクして紹介。

仙様世論誘導きたー!

これはイカンやろ。

村上問題については、
色々と言いたい事はあるけども・・・
でも
これは単なる「八つ当たり」であり
村上に責任を押し付ける事によって
村上問題を自分の有利な方に誘導しよう
って考えだと断定します。


はぁ。
星野さんにも色々と欠点はあるけど
とりあえず、球界を「変える」為には
星野さんをコミッショナーに、ってのは
アリだなって思ってたんですけども・・・

今回の村上絡み
加えて、巨人との騒動とかで
かなり、その気持ちは無くなりました、私は。
この人も「旧体制」の人、ですわ。


・・続きを読む
posted by めたか at 22:11| Comment(8) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

日本シリーズの総括(ロッテおめ!)

1日遅れましたが、とりあえず
日本シリーズの総括をしましょう。

まず、精神的な事を書きましょう。
ロッテの方から。
「プレーオフを勝ち上がる」というのは
単に勢いを付けるって事だけではなく
倒してきた相手の「想い」というのも引き受けていく
そういう意味合いもあるのかなって思いました。
つまり
西武、ソフトバンクの分も戦わないとイケナイぞ
みたいな感じで。
(特にホークスに対しては
 「無様な戦いをしては申し訳ない」って思いはあったでしょう。)
これはきっと
ホークスの方が勝ち上がったとしても
そういう想いを背負って戦っただろうなって思うし。
そりゅあ、そんな想いを背負ってる分
阪神より、強いよなって・・・
(これは、去年の西武についても
 なんとなく感じていた事でもあるんですが)

プレーオフ制度について
不公平だ、みたいな事を言う人が多いけど
でも、これって
単にこういう精神的な部分の効果の方が
大きいんじゃないかって気がしています。
だって
「データ分析」という点で言うなら
短期決戦を勝ち抜くのを見られている分
パリーグの方が手の内を見せている訳で、不利でしょう。
(そういう意味合いもある
 って話です。
 それを、どう活かすかってのが、
 そのチームの腕の見せ所って事で。)
そういう意味で
「不公平」というのは、ちょっと違うように感じます。


一方
阪神の側について言うなら
(2年前に負けた)「ホークス」に
こだわりすぎたんじゃないかって思う。
それで
ホークスが負けて出てこないってなった時点で
モチベーションが下がってしまった
みたいな空気を、すごく感じてしまいました。
この辺が、
「ロッテを舐めていた」みたいに取られた
(そう取られても仕方ない戦い方だった
 と思いますよ。
 ロッテファン、怒っていましたし。)
あと、対策も充分でなかった原因じゃないでしょうか。

また
「ホークスじゃなかった」事で
パリーグのプレーオフを批判する輩まで
たくさん現れたのは、正直、鼻につきました。
ホークスファンが「不公平だ」と言うのは、
まだ分かるんです。
だけど、基本的に違うリーグのファンである
阪神ファンが余所様のリーグの制度をどうこう言う事に
烏滸がましさってのを感じるんですけども。
それもこれも
「ホークス」にこだわり過ぎたって事かなって。
「リーグ優勝」というのは
「パリーグの代表チームと戦う権利を得た」
って事であって
「ホークスと戦う権利を得た」
って事じゃ、ないんですよね。
2年前の「久々の優勝」で果たし得なかった
日本一の相手、ホークスを倒したい
という「阪神ファンの物語」は分かるんですけど、
別に
野球界は「阪神の物語」に合わせて
進んでる訳じゃないんですよ。

とにかく
今回、阪神が無様な戦いをしてしまったのは
「制度」の問題ではなく
ただただ、「阪神の側の問題だ」
という前提で、話をして頂きたいと思います。

(あ、これは
 プレーオフに文句を言ってる人だけに向けて
 ですよ。
 また、「セリーグもプレーオフしよう」
 という意見は、賛成しますし。)

(でも、特に投手陣が経験不足の若いチームなんで
 短期決戦で歯車が狂うと
 無茶苦茶になっちゃうってのは
 仕方なかったんだなぁって思います。
 私は、シーズン中にそういう事があるんじゃないか
 って予想だったんですが
 日本シリーズで、それが出ちゃったって事なんでしょう。
 ・・・と、フォローはしておこう。)

で、試合の内容の方を書いていきましょう。

##続きを読む
posted by めたか at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

日本シリーズ第3戦

明日のきょうろぐのチャット
阪神ファン、
お通夜のようになってんじゃないかぁ・・・

しかし
「藤川までもがやられてしまうとは・・・」
(しけたろうさんの恐れが現実に)
「あれはアウトだと思うけどなぁ」
(それでなくても勢いに差があるのに
 助長する方向に誤審しなくても)
「なんで藤川の後に桟原やねん」
(同タイプの力の落ちてる投手・・・)
とか
色々と思う所はあるけど。
もうため息しか出て来んわ。

「最終的にはロッテが勝てば良い」
と思ってる巨人ファンの私ですら
こんな感じになってるんだから
阪神ファンの胸中は・・・

明日は・・・杉山ですか。
荷が重いなぁ。
でも、
もう始めから行ける所まで飛ばして
あと、どんどん注ぎ込むしかないね。

打線は・・・
矢野が唯一、当たってるんですよ。
あと
今岡が少し振れてきた感じはあって
あとシーツ、鳥谷は悪くない。
うーん・・・
金本を待つか、思い切って打線を組み替える?
赤星が振れてないので
2番にして、鳥谷を1番にするか
「03年打線」1番今岡にして
5番矢野、6番桧山、7番鳥谷で
割とチャンスの作れている下位打線のチャンスを
今岡に回すって考えで・・・
(あとシーツ4番って考え方も、ありかも)

まぁでも、
小手先だよなぁ。

色々、書く事はありますけど
やめとこう。
(明日で終わっちゃったら
 今日の事も併せて書く事にしましょう。)
今日は、こんな所で・・・
posted by めたか at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズ第二戦

なんか、まじめに感想を書く気がなくなるような
試合でしたね・・・

「試合勘が鈍っていた」以前に
そもそも、決戦という緊張感が感じられない
そういうプレーが阪神側に目立ってた
と思います。
これはもう、実力差うんぬん以前の問題。
だって
今日の試合のポイントとなったのは
先制点を与えた今岡のエラーだったり
(シーツのエラーという話もありますけど)
3回の藤本のバント失敗だったり・・・
あと
今後のシリーズに向けて、少しでも良い材料・流れを
作って終わりたかったところで
江草の3連続暴投とか・・・ねぇ。

「打線の試合勘」って事よりも
守備とか細かなプレーでの緊張感の方で
「緩んでしまったもの」を感じるんですよね。

まぁ、さすがに危機感を感じてるでしょうから
甲子園に戻れば、そういうのはなくなるでしょうけど・・・
だけど
そうこうしている間に
色々なアドバンテージを相手に与えてしまってんのよね。
そういう事、分かってんのかなぁ・・・
って、阪神側の姿勢をみていると思っちゃう。
なんか、色々、甘い、というか、舐めてる、というか。
(や、前回も書いたけど
 下手すると4連敗ですよ、この流れ/内容じゃ。
 そういう危機感、感じないんだよなぁ。)

まず
阪神の攻撃陣が、今後
ロッテから大量点を取るのは
難しいだろうなぁって思います。
ロッテ投手陣、守備陣は、
阪神の攻撃を抑える事に自信を持ってしまってる。
実際に、ロッテのピッチャーも守備も良いですし。
だから
仮に阪神が「自分」を取り戻しても
またプレーオフの「ロースコアの我慢比べ」に戻るだけ
そう思ってるでしょうね。
(そして、それならロッテペース
 と言えるでしょう。
 すでに2勝したロッテの方は
 あと2つ勝てば良いんですし・・・)
プラス
ロッテ投手陣が、阪神の中軸を抑え込むことに
成功していますね。
さすがに、このままでは終わらないでしょうけど
少なくとも「出鼻をくじく」事には成功してしまった。
今後、完全にリズムを取り戻すには
時間がかかる事でしょう。
と言って、他のバッターが当たってる訳でもない。
ですから
阪神の打線が爆発するってのは、難しいなぁって。

ロッテの攻撃の方でも
第一戦の感想
「この回、サブローにタイムリーが出たのも
 今後のシリーズを考えると、非常に大きい。」
と書いた事が、ズバリ当てはまっちゃいましたね。
昨日の試合を「決めた」のは
サブローのホームランでしたから。
実は、地味に西岡は抑えてきているんですが
でも先制のホームを踏んだりしている事で
そんなに「イヤな感じ」は、多分してないでしょう。
つまり
攻撃の側でも、ロッテの方に不安材料が
今のところ、ないって事になっちゃっています。
(というか、解消させてあげちゃったんだよね・・・
 実はロッテの野手陣には故障者が結構出てて
 ベストな布陣ではないんですけども。)

という事で
阪神側にとっては
「自分たちのリズムを取り戻す事」

「相手を攻略していく糸口を作る事」
を、今から1つ1つ、やっていかないといけない
そういう状況にも、追い込まれてる訳です。

これはね、かなーりヤバい状況なんですよね。
「色々なアドバンテージを相手に与えてしまってる」
というのは、こういう意味なんすけど・・・


ロッテが日本シリーズに勝ち進んで来た事で
「今年はロッテで良いかなぁ」
って思っていたのと
(ホークスや西武なら阪神を応援するつもりだった)
関西のテレビのあまりの阪神びいきな電波っぷりに
ロッテ贔屓で見ていたシリーズでしたが・・・
ここまで一方的じゃぁ、面白くもなんともない。

野球界最大のイベントが盛り上がらない
って事もあるし
今年、全く歯が立たなかったチームが
こんな不甲斐なく負けるって
Gファンとしても悔しいし
あと
「敵」に戦う以前に自滅してしまってる
ってのが今年のウチと重なって
観てて辛いんすよねぇ。
(って、おひらさんも、そう書いてますね。)
「4勝2敗でロッテ」と予想した私の立場もあるし。

なので
ここから、あと2勝分は
阪神を応援しよっかなって思っています。
次戦(もう今日だ・・・)
下柳ーJFKでなんとか「0」に抑えるくらいの気持ちで。
そうそう点は取れないでしょうから
「我慢比べ」に持ち込みましょう。

(阪神が失敗したのは、
 今シーズンの予想でも書いたけど
 阪神の投手陣って若いんですよねぇ。
 それだけに悪い流れを切り替えられる
 ベテランって下柳しか居ない。
 それだけにもっと早く下柳を使うべき
 だったと思うんだけど・・・)


・・・じゃぁ追記部分に・・・
posted by めたか at 05:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

プレーオフ初戦の感想を、事前の予想と絡めて・・・

試合が始まる前に
予想記事を上げたかったんですが、
お昼間ちょっと寝てしまって
買い物に行かないといけなかったので
・・・無理でした。

ルパートジョーンズさんトコの予想大会
こういう予想をしていたんですね。
ロッテ、ロッテ、阪神、阪神、ロッテ、ロッテで
4勝2敗でロッテ。
MVPは清水(2勝)

ま、私の予想なんて当たらないんですけども。
(ちなみに今シーズンの予想。
 セリーグパリーグ
 かすりもしてない・・・)
なんで、阪神ファンの皆さんにはご安心頂いて・・・
(ただ、この予想はしけたろうさんともかぶっていて、
 しけたろうさんの事前予想記事
 なるほどぉって思ったんですけども。)

で、
私が事前予想記事で書こうと思っていたのは
次のような事ですね。

両チームの強み、弱みを列挙しましょう。
<ロッテ>
強み
・プレーオフ勝ち抜きの勢い
・短期決戦の戦いに合っていそう
・鉄壁の先発陣(4人ともエース級)
・アウェイに慣れている
・マリンスタジアムの環境(ホームが1試合多い事も)
弱み(不安)
・打線の軸不在(特にサブロー不振は痛いか)
・コバマサ劇場(笑)
(中継ぎ・抑えは阪神よりやや不安か)
<阪神>
強み
・鉄壁の抑え陣
・中軸の勝負強さ、打線のバランスの良さ
・控え/代打陣の層の厚さ
弱み(不安)
・試合感覚が開いている
・マリンスタジアムで始まる
 (ホームが1試合少ない事も)
・井川を始め先発がやや不安定
(ロッテに比べて、の話ですが・・・)

って感じで。
特に、プレーオフの有無で
試合勘とか勢いとかに差がある
なおかつ、ロッテホームで始まる
って所にポイントがあるかな
って事で、
こういう予想になったんですが・・・

で、初戦観て
かなり、そういう部分が当てはまっちゃってるな
って感じなんですが・・・
(いや、事前予想以上で、
 ひょっとするとロッテ4連勝もあるか
 って流れですよ!
 まぁ、今年の阪神は強いんで
 そう簡単にはいかないでしょうけど。)


この日の先発は、清水と井川
清水は、たまに変化球が高めに浮く
危ないボールが散見しましたが
ストレートのキレとコントロールは素晴らしかったです。
一方
井川は、「今シーズンの井川だな」って出来(苦笑)
タマ自体は悪くないように見えたんですが
去年までの力強さが見れませんでした。

打線の方では
ロッテのポイントは2番、今江!
いきなり先制ホームランで勢いに乗り
4安打。勝ち越しの2塁打も放ち
今日のヒーロー。
でも、それ以上にポイントになったのは
5回の西岡のプッシュバンド。
前の回に清水が、変化球が高めに浮いて痛打され
同点にされたばかりだっただけに
ここで流れがぐっとロッテに来ましたね。
あと、
この回、サブローにタイムリーが出たのも
今後のシリーズを考えると、非常に大きい。
プレーオフ第2ステージ、絶不調で
今日もチャンスで凡退していただけに
ここできっかけを掴んだ事は
「これはロッテ4連勝もあるかも」
って思わされましたよ。

一方、阪神の打線では
金本が初回のチャンスにゲッツー。
金本・今岡がノーヒットと
キーマンが完全に封じられました。
シーツは好調みたいですけどねぇ。


結末は、珍しく濃霧でコールドゲーム。
ロッテは実質、清水完投って事で
最高のスタートと言えるでしょう。
抑え投手陣の具合も観てみたかったんですが
それは、プレーオフでチェック済みなんで
オッケーて事かな。
一方、阪神は橋本がボコボコに。
でも、とりあえず大舞台を経験させておこう
って事なら、まぁオーケーかも。
大勢には既に影響はなかったですし・・・


で、
明日以降ですが・・・
今日見る限りでは
ロッテが投打とも、優勢ですね。
中継ぎ・抑え勝負になる以前に
先発の差で先に勝負が決まってしまいそう。
ホークスの強力打線を封じたロッテ投手陣が
自信を持って阪神を抑えていきそう。
一方、ロッテ打線は
サブローがきっかけを掴んで
穴がなくなりましたね。
中継ぎ・抑えまで行けばともかく
先発は、それなりに点を取られそう。
って意味で
ロッテに部があるって感じますね。
もっとも
明日、何かあると流れが変わっちゃいますけど
安定感一番の渡辺俊ですからねぇ。
しかも
先発、下柳じゃなくて安藤なんだ。
寝違えの影響、大きかったんだなぁ。
この辺も、間隔が空いた影響かも。

ま、甲子園に来ると
また流れが変わるんでしょうけど
そこで1つ勝てれば、結局ロッテが押し切るでしょう。
posted by めたか at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。