2007年12月31日

スポーツをする楽しみをひらきたい

このブログは、少しモデルチェンジします。

今まで、このブログは
スポーツを「観る」楽しみを書いてきました。
その事は、今後も続けようと思っています。

今後は、それだけではなく
スポーツを「する」楽しみを届けたい
と思っています。

「スポーツが好きです」
とタイトルに掲げながら
今までは、スポーツを「Watch」するだけだったんですが
今後は「Play」する事も、大切にしていきます。

続きを読む
タグ:スポーツ
posted by めたか at 23:59| Comment(21) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

エクササイズ系運動の効果について

私の高校時代、陸上部では
ストレッチに非常に時間をかけていました。
他の練習は熱心ではなかったんですが
ストレッチだけは熱心にやっていました。
それは
走るのには柔軟性が大事だから
と思っていたからなんですが。
(ストレッチが最も楽だったから・・・
 というヘタレな理由もあったけど)

でも
今、色々な事をやってみて分かったのは
それ以外の「効果」もあったなって事です。
それは

体の状態を自分で分かりながら
運動する事を覚えた

という事なんです。

ん? 良く分からないですか?
説明しましょう。

続きを読む
posted by めたか at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ヨガの本質を分析すると

スポーツを「する」ノウハウ紹介。
一発目は

ヨガ

で行きます。

何でヨガなの?
って思う人も多いかもしれません。
というより
ヨガってスポーツなのか? って思う人も多いかも。
(現に本屋ではスポーツコーナーよりも
 美容のコーナーに置かれているようですし。)
ま、そのような疑問をぶつけられると
答えようは無いんですが
とりあえず堅い事は言わずに・・・ってノリで。

と言うか
今後の「スポーツを「する」ノウハウ紹介」では
ヨガやピラティスような「エクササイズ系」のものを
多く紹介していくかもって思っています。
その理由は、・・・次に書きましょう。
まずは内容を観てもらいましょう。
(具体例を読んでもらった方が
 私の目指す方向が理解されやすい、でしょう。)


最近ちょっと、職場の関係でヨガをやってるんですが
そのおかげで
「ヨガの本質」というのがよーく分かりました。

ヨガというのは、ひと言で言うなら・・続きを読む
posted by めたか at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

予定している内容

健忘録代わりに、今、書こうと思っている内容を
列挙しておきます。
全て書くかどうかは分からないし
1つの項目を何回も書くかもしれません。

・スポーツと経済学
・大人にとってのスポーツ
・「するスポーツ」としての陸上の身近さ
・歩く事から始めよう
・ヨガについて
・ピラティスについて
・サッカー教室
・「プロ野球/球界問題」から考えた事
・「陸上をメジャーにしたい」陸上選手たちへの共感
・とにかく為末大はカッコイイのだ
・「競技人口の増加」は「観戦人口の増加」に繋がるハズ
・イメージトレーニングと「イメージを持ってトレーニングする」事
・走る事は「技術」である
・まずは「足の運び方」から
・「楽に走る方法」が最も大切
・最も重要なトレーニング:流し


いまのところ、こんなところなんですが、
また変わるかもしれません。
基本的には
私が自分の体で色んな事を試してみて
それを元に色んな事を書いていく
というスタイルでいく予定です。
posted by めたか at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ほぼ日新連載とのシンクロ

私が(怪我でヒマになって)ブログを再開し
こういう事を始めたとたん、
ほぼ日でもシンクロした新連載が始まってしまいました。

高阪剛のみんなのカラダ
 TK式体操教室


しかも、なんか考え方も、
私の最近、考えてる事と近い。
(その証拠は、この後に書きます。)
今、私は色々な事を自分の体で試していて
それで掴んだノウハウを、このブログで書いていこう
と思っていますので
このTK式体操も、やり方が公開されれば
試してみよう
(そして、このブログでネタにしよう)
と思います。

で・・続きを読む
タグ:ほぼ日
posted by めたか at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

スポーツで最も大切なのは「力の抜き方」である

ノウハウを色々と書く前に
まず、他ブログの記事紹介から。
(やらないと忘れてしまうから・・・)

「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」

こことの関連で。

私と会った事のある方なら
私がスポーツをする人間には全く見えなかっただろう
と思います。
それが「スポーツをする楽しみを開きたい」
なんぞ抜かしている訳ですから
説得力も糞もない(笑)
(でも、そんな人間だからこそ
 スポーツが苦手な人にも語る言葉がある訳で。)

私は子供の頃、スポーツが苦手でした。
今も実は、得意ではないのですが
一応、多少「走れる」ので
スポーツが出来るような「ふり」はできます。
何だかんだ言って「走る」というのは
多くのスポーツの基本になっていますから。

高校で、陸上部に入って
私の人生は、ある意味「変わった」と思います。
それは
「走る」という事が、人並み以上には出来るように
なったので・・・
(陸上部ってレベルでは全然、遅かったんですけどね。)
高校生までは、ホントに走るのが遅かった。
なので
高校1年の時の友人が陸上部に入ったのに
つられて入っただけだったんですが、
それはスゴく良い事だったなぁと思います。

何より大きかったのは
スポーツをする上での体の使い方を身につける事が出来た
って事です。
その中でも、最も重要だったと
自分で思っているのは

力の抜き方

を体得できたって事なんです。

というのも・・続きを読む
posted by めたか at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

全日本大学駅伝、テレ朝の中継について

これ、あまりに酷かったので
独立に記事を書きますね。
(また、本館・スポーツ館両方に載せます。)

テレ朝の全日本駅伝の中継は
駅伝中継の体をなしてなかったと思います。
私は、出かけの用事があったので
録画していて
結果を知れないようにネットを見ないように
していたんですが
あまりに中継が酷くてレースの状況が分からなくて
「これじゃぁネットで結果を見たって
 同じだわ」
と思って、結局ネットを付けちゃいましたよ。

何がどう、酷かったのかと申しますと。
駅伝のような「長距離走」においては
1つの画面でレースを映す事は不可能で
後続との差などを、多角的に視聴者に提供する必要が
ある訳です。
マラソンのように
「一度遅れてしまったランナーが
 あとで復活してきてレースに参加する」
という事が稀な場合
「後続の様子」ってものを
それほどちゃんと伝える必要は無い事も多いですが
(ないとは限らないですけど)
駅伝のように、区間区間で人が変わり
前と後ろの力関係も刻々と変わるようなレースでは
後ろに下がっていたチームも
差を詰めて争いに復帰する事も多々ある訳です。

なので
単に走ってる画面を映すだけではなく
後ろに走っているランナーと先頭との差はどれくらいか
また、その差は開いているのか縮まってるのか、
それは先頭のランナーが速いからなのか
先頭は普通だけど後続がバテて遅れているからか
そういう事を
ちゃんと伝えていかないとイケナイ訳です。

それが、全然、出来てない。

特に酷かったのは
(評判の悪い)ニュースによる20分の中断後。
中断している間、レース状況にどう変化があったか
再開後は、まず、それを伝えるべきでしょう。
でも
中断中に襷リレーがあったのですが
そこでの、先頭と後続との差を言ったのが
再開後、5分以上経ってから、だったんですよぉ!
その間、下らない定型のアナウンスを延々と続けて
全くレースの状況がどうなったのか分からない。
その後、今走ってるランナーや
その後続のランナーがどうなってるのか
頻繁にCM入って全く分からない。
実は、この時
後続の駒澤のランナーは不調で
差がどんどん開いていたんですが
それが分かったのは、次の中継所で
差が2分近くまで開いているのが分かった時でした。
「これじゃぁ、ネットで区間結果を見てるのと
 変わらないじゃないか」
と思ったので
もう先に区間結果を見てしまいましたよ。
(しかし、CM多かったよなぁ。
 ちょっと中継が入ったと思ったら、すぐCM。
 民放だから仕方ないとは言え・・・
 スマップの曲(CMに入る時の曲)
 嫌いになっちゃったよ・・・)

実は、
何度も後ろの駒澤のランナーを
中継で映してたんですけども
彼がどういう状態なのか、
今、先頭との差はどれくらいになってるのか
ペースはどうなってるのか
全く説明しないままに
「彼は4年生なので、
 この駅伝には期するものがあるでしょう」
みたいな、
「そんな事はわざわざアナウンスで言われなくても
 分かってるよ」
みたいな定型文を繰り返し繰り返し述べるだけ。
彼が速かったのか、遅かったのか
それは、差が開いていた事でやっとわかった
(実は、タイムの説明もなかったので
 ネットでタイム観て分かった
 というのが正直な話です・・・)

いや、
私みたいな駅伝マニアじゃなくても
一般の視聴者が観ていて
そんな定型文みたいな事を大げさに繰り返し聞いて
それで面白いって思うものなのかな?
それで駅伝の面白さって伝わるものなのかな?
それだったら、私も我慢するけど
そうじゃないと思う。
「ふーん」って思うだけでしょ?
それで
「なんか分からんけど苦しそうに走ってるな」
って思うだけ、でしょ?
全然、レースの面白さって事の理解を助ける
そういうものじゃないって思う。

なんかね
何から何までオカシイと思うんですよ。
例えば
中継所での襷リレーでも
変動の激しい(より抜きつ抜かれつをやってる)
中位争いの部分は全く放送せず
先頭の方と、
あとは繰り上げスタートばかり放送してんのよ。
それで
繰り上げスタートに間に合わなかったランナーの
残念そうな様子ばかりおっかけて
安っぽい悲劇を演出しようとして、さ。
そんなね
そこまで「悲劇」って思ってないですよ、彼らは。
もちろん残念だとは思ってるでしょうけど
彼我の力の差を冷静にみれば
そうなる可能性がある事くらい
事前に分かってる訳ですしね。
いや、それを甘受するんじゃなく
「そうならないように頑張ろう」ってするだろうけど
それでダメなら
「ダメだったな」だけの事でしょう。

別に
「バイクレポート」とかで
バイクで追い上げて後続との差を確かめる
みたいな変に凝った事に
お金を使わなくても良いと思うんですよ。
それ、技術も要るし。
と言っても、
それほどレース状況が分かる訳じゃないし。
駅伝ファンに聞いても
「あれがないとダメだ」
なんて言う人、まず居ないと思うよ。
それより
ちゃんとポイントでタイムを取る事
それをちゃんと伝える事
それが基本なんですよ。


大東文化大学がシード圏内に入ってくる
なんて
最後の最後まで全く分からなかったです。
後続をちゃんと伝えてなかった証拠ですよね。
(4区くらいから
 じわじわ順位を上げてきてたんですね。
 それ、全然伝えてなかったよん!)

あんまり酷かったんで、
ちょっと文句を書いてみました。


##続きを読む
posted by めたか at 20:01| Comment(7) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

野球ファンの皆さん、冬スポーツを楽しみませんか?

それで
「日本シリーズも終わって
 これから来シーズンまで退屈だな」
なんて思ってる野球ファンの皆様に
提案が、あります!

今からがシーズンだってスポーツが
色々とあるんですよ!
それを観て、楽しんでいきませんか?

「野球」だけじゃなくて
スポーツ全体を盛り上げた方が、楽しいですし
他にも楽しめるスポーツを持っていた方が
色々と広がりますからね!


野球がシーズン中は、野球で忙しいでしょうけど
シーズンが終わってから、盛り上がってくる
そういうスポーツも、いっぱいあるんですよ。

いくつか、そういう例を挙げていきましょう。

まず、ラグビー。
これからがシーズン本番です。
学生リーグ戦も、社会人リーグも
始まったばかり。
これからどんどん盛り上がっていきます。
ちょっとルールが難しいですけど
ゲーム性も高い、観ていて面白いスポーツですよ。

アメフトは
ラグビーより少し、シーズンが前倒しなんですが。
学生の戦いは、11月の甲子園ボールが最終ですし。
でも
これから一月くらいが一番盛り上がります。
社会人リーグは・・・スミマセン、あまり分からないです。
(だったら勧めるな(苦笑))
だけど
これも、アメリカ人が最も熱狂するスポーツだけあって
なかなか、面白いんですよ。

他に、
私はあんまり詳しくはないんですが
色々なウィンタースポーツがあります。
スキーとか、スケートとか・・・
今年は確か、冬期オリンピックがあるはず。
何か、メインで見る競技を決めて
追いかけていくと、楽しいと思いますよ。


当ブログは陸上もメインの1つなんで
これから、マラソンや駅伝の記事が
増えていく予定です。
もしよろしければ、楽しむ参考にして下さい。
特に駅伝は、これから盛り上がるんですよ。
当ブログでは、男子の学生駅伝と
男女の社会人駅伝を中心に盛り上げていく予定です。
(社会人の地区予選はもうすぐなんですよ。)
posted by めたか at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

スポーツを盛んにするには?

ホントは、この週末って
「近鉄バファローズ」が消滅する事が
決まってしまって、ちょうど1年だったんですが
「振り返る記事」については
素晴らしい記事を書いておられる方が
たくさん居ますので
(とりあえずさいんさんのブログ
 なにわっちさんのブログを貼っておきます)
私は、未来に向けての記事を
書こうと思います。

そして
あえて「野球」に限らず
「スポーツ一般」についての話を、したいと思う。


###
スポーツを盛んにするために
重要な事の1つは
「競技人口を増やす」って事でしょう。
特に
「子供の競技人口を増やす」事は
将来的に、素晴らしい選手となってくれる人を
少しでも増やす事になる訳で
だからこそ、どこのスポーツも
「子供」を大事にする、んでしょう。

だけど、ですね。
実は大切なんだけど、案外、見過ごされがちな事が
1つあるって、思うんですよ。

それは
「大人の、アマチュアで競技できる環境が
 どれだけあるか?」
って事なんですよ。

たくさんの子供たちが
「プロ」を目指して、その競技をする事になる。
だけど
全ての「子供」が、将来プロになれる訳じゃ
ないですよね?
ほとんどの人が、プロにはなれずに大人になる。

そういう人たちが
大人になっても、その競技をできる機会が
どれだけあるかって事が

元「子供」たちに
「その競技をやっていて良かったな」
って思わせてくれる事に
繋がるんじゃないかって、思うんです。

そう考えた時に
陸上って、その環境とか機会とかに
あまり恵まれてないかもしれないですね。
割と長距離系は、レースとかありますけど
短距離系は、まぁないですよねぇ。

野球は、まだある方かな。
だけど
大人で野球をやってる人って
まだ「特殊な人」って感じは、ある。
サッカーは、サッカーそのものだと敷居が高い
ので
「フットサル」を普及させようとしてる
んでしょうねー。

野球でもサッカーでも、陸上でもそうですが
大人にとって「色々なレベル」で
競技を楽しめる環境や機会が、欲しいですね。
そういう場所とか、大会とか・・・

また、
そんな「アマチュアの競技」が普及したなら
その競技をやる人に対して
ノウハウを売る、指導する、という「商売」も
成り立つって思うんですよね。
それは
「プロ選手」のセカンドキャリアとしても
成立できるって思う。


野球界の「改革」でも
あと、他のスポーツについても
こういう事も視点に入れて、考えるべきじゃないの?
って思うんですよね・・・
(つまり、
 一般人を単に「競技を観る人」だけにする
 ってのは、しんどいんじゃないかな
 って事なんですけども・・・)
posted by めたか at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ラグビー終わった・・・

私、スポーツなら何でも好きで、
だからラグビーも見る事、結構あるんですが・・・

新会長に森前首相=W杯招致の先導役期待−ラグビー協会

・・・よりによって森氏とは(泣)
ラグビー、終わったよな(ため息)

森前首相と言えば、
首相時代に、とんでもない無能ぶりと暴言ぶり、
空気読めないっぷりを日本中に広めた人なのに、
もう忘れちゃったのかなぁ。
あの御仁を長にしてしまった
日本と言う国の爆笑の屈辱の日々。
しかも、
この人、首相時代にニュージーランドの首脳と会った時に
「日本が(ラグビーで)オールブラックに勝つ日なんて
 100年は来ない」
と言って、その後の早慶戦ラグビー観戦で
ラグビーファンからブーイングされたのに。

この人のラグビー歴ってさぁ・・・
早稲田にラグビーの推薦で入って、
ラグビー部を3日くらいで辞めたって
(ラグビーの推薦も、高校時代の戦歴ではなく、
 親が早稲田ラグビーの後援をしていて
 合宿の世話とかをしていたから、
 だったそうですよ。)
そういうものですよ。

はぁ・・・
終わったな、ラグビー。


少し真面目に書くと・・・>
posted by めたか at 22:41| Comment(4) | TrackBack(1) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

バスケのプロ化について

今日はちょっと毛色の違う記事を載せておきましょう。

プロ化の是非を検討中 日本バスケットボール協会

成功への道のり険しい バスケ新リーグ

私は、そんなにバスケ詳しくないので、
判断は難しいんですけど、どーなんでしょうねー?
とにかく、
今後の動向に注目って事で、ここにあげておきます。
posted by めたか at 06:55| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

どんなファンでもファンはファン

どうも。
マンガウルフ監督に「なんか重さと格闘されてますね」と
コメントされた当ブログですが(笑)
まあ、今時分に、野球問題をしつこく取り上げる事自体が
重い事ですもんねー。
特に、本館からそういう話題のみを切り離しちゃった訳ですし、
しかも、
陸上(マラソン、駅伝)の話題をもう一つのスポーツブログでやる事にすると、
実際のゲーム内容について、こっちはそんなに書く事、ないのよねー。


ん? その「重さ」じゃない?
ですよねー!
そうそう、SeesaaBLOGがもう、とんでもなく重いのよ。
だからこれも、朝に書き始めてますもんね。
(いや、gooは記事のURLがスマートじゃなかったんで
 やめたんですが、失敗だったかなぁ・・・)

って、
ボケの方向が逆じゃないかって思うんですが、
前ふりはこの辺にして・・・

さて、今日のテーマは「ファン」
もう、表題が全てを言い尽くしているんですけど・・・

今回の球界問題に関して、
「ファンの責任」とか、「ファンのせい」だとか、
そんな事を言い募る意見も、結構見かけたんですけども・・・

「はぁ? バカじゃないの?」
って、いつも、思っていました。

だってねー・・・
別に誰かに叱られたくてファンやってる人なんて、
殆どいないと思うよ。
だって、
普通は誰もが「楽しみたくて」ファンやってるんだもんね。
そこ、間違えちゃイケナイですよ。
(一部例外は除きますが・・・)

だから、
「こんな人たちは真の野球ファンじゃない」
みたいな言説って、
ずっとずっと、違和感がありました。
そんなん、言いっこナシでしょう。

どんなファンだって、「ファン」は「ファン」だと思う。
そこに、優劣や順列なんて、つけようがない。
そういうものじゃぁ、ないでしょう。

楽しむために、ファンやってるんだから。
そして、
楽しみ方なんて、人それぞれでしょう。
それを、人から色々言われたりしたら、
楽しくなんか、なくなっちゃう・・・

(だから、
 マンガウルフさんの「とにかく楽しいものを」
 ってスタンスは、スゴく共感するんです。
 私にあれだけのテンションとネタを続ける能力がないだけで・・・)

だから、
ファンの我がままって言う人がいたけど、
ファンは我がままなものなんです。
それが当然だし、そして、それで良いと思う。
(もち、「人間としてやっちゃいけない事」をして良いって意味じゃ
 ないですよ。そういう問題じゃないから。)

そして、
それぞれのファンは、それぞれの我がままとして、
「合併なんて」と怒る人もいるし、
合併に理解を示して合併球団ウミウシを応援しようって人もいる。
それだけの話なんだって思います。

あ、それから、
「Jリーグファンの半券運動」
(普段Jリーグを観ているファンに優先的にW杯のチケットを
 購入させて欲しい、という運動)
とかは「アリ」だと思いますよ。
そういう「熱心なファンに付加価値を付けてくれ」という要求はアリで、
運営側が、それに合理的な意義を見出せば受け入れられるでしょう。
「ファンに順列を付けない」ってのは、そういう意味の話じゃぁ、ないです。
(って、分かりますよね?)


参考・本館の昔の記事です。
関心ないファンが多いのは不思議ではない


追記には、関連する「ちょっと難しい事」を書きます。続きを読む
posted by めたか at 06:58| Comment(5) | TrackBack(2) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

好きなスポーツについて書いてみます

せっかくなんで、
なんか書いておきましょう。
好きなスポーツについて、ちょこっと書いてみますか。

まず、陸上ですが、
これは、高校時代に陸上部だった事が大きいです。
と言っても
「走らない陸上部」って自分たちで言ってた程の
へっぽこ陸上部だったんですけどね。
部員でない人間がだべりに来てたり、
そんな子らと一緒にバスケとかやって遊んでいたり、
そんな陸上部でした・・・
まあでも、トレーニング方法とかは、色々調べたりして、
結構「頭でっかち」なクラブだったかも、ですよ。
LSDなんかもやってたし、朝練もやってましたよ。
偉いね、通学に一時間以上かかってたのに・・・

野球は、子供の頃から親しんでいました。
子供ん時は、学校から帰ってくると、
バットとグローブとボールを持って
壁当てしたりキャッチボールしたりして、
人数がある程度集まったら野球ばかりしてました。
本格的にリトルリーグとかクラブとかはやらなかったけど、
そんな訳で、野球は好きですね。
サッカーも、子供の時に流行っていて、
それ以来ですね。
キャプテン翼とか、良く見ていましたし。
あ、
マンガの影響も大きいかもしんない。
面白いマンガがあれば、そのスポーツも興味を持つ、みたいな。
でも、
ラグビーはドラマですけどね。
はい、スクールウォーズですね。

こんなトコでやんすけど、よろしく、しくしく。
posted by めたか at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。